サウスピーク(Souspeak)の事前カウンセリング終了!留学カリキュラムと教材決まりました|フィリピン・サウスピーク英語留学記

Skypeで留学事前カウンセリング
ブログ村を再開してみました。
下のバナーをクリックするとカテゴリーランキングに飛び、当ブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


こんにちは、くみです。
フィリピンの語学学校・サウスピーク(Souspeak)さんの留学、事前学習カウンセリングが終了しました。
フィリピン留学でやる内容や、持っていく参考書などが決まりました!
受けたカウンセリングの内容を紹介しますね。

フィリピン・サウスピークのブロガー無料英語留学企画に選ばれて、行くことになりました!

2017.03.16

※ 記事中で紹介している参考書は私用に紹介されたものなので、他の方の最適解とは異なる場合があります。

この記事は『ブロガー向け・サウスピーク無料留学企画』により語学学校サウスピーク様に約1ヶ月の無料留学を提供いただき、書いています。



サウスピークの事前学習カウンセリングとは

サウスピークの特長の一つでもある『事前学習カウンセリング』。
留学前のまだ日本にいる時にSkypeで英語学習についての事前カウンセリングを行う事で、留学中の無駄な時間を省き留学前に自分に合った内容の自習機会を作る、というものです。留学に行ってから学力チェックを行うよりずっと効率的なスタートを切れるそう。

カウンセリングの前に、事前アンケートで自分の英語状況についてフォームで送信しておきます。

  • 直近のTOEIC試験の点数(最近受けてないなら公式問題集の模試で算出)
  • 英会話力、現在の水準(選択式)
  • 英会話経験(複数回答)
  • 学習の目的(仕事や趣味など、何のために英語を学習したいか)
  • LRSWスキルや資格対策など、伸ばしたい部分(複数回答)

フォームの内容はこんな感じでした。
この回答を元に、カウンセリングの前にサウスピークでカリキュラム案を作成。その案を元にSkypeカウンセリングで話して、留学で受ける授業内容を決めるそうです。

私の事前学習カウンセリングの内容

私のカウンセリングは、サウスピークの英語学習カリキュラム作成総責任者であるはるじぇー(@HAL_J)さんこと柴田浩幸さんに担当して頂きました。
ネットではお姿を拝見している(というのかな)のですが、直接お話しするのは初めてなので、ちょっと緊張しました。
いきなり英語で話しかけられて、その応対の中で「自分のことを英語ができるみたいに言ってますが、まだまだですね」とか言われたらどうしよう…!』とか想像していました(笑)。(もちろん実際にはそんな事はなかった)

英語レベルの設定とやりたい事のヒアリング

まず、『TOEIC800点以上』なので、レベルは上級者・Level8 Advancedという設定に。

(上のレベル分けのページ、この記事を書いていて初めて見ましたが、Level 8のところに『TOEIC800点以上の人達でフィリピン留学が有効なのは下記の場合です。(略)英語の発音矯正を集中的に行いたい』ってちゃんとありますね。良かった)

海外での勤務経験(それも英会話業界)・英語でコミュニケーションを日常的に取っているという状況もカリキュラム案に反映されているのかな?

上級者は本人が英語勉強の何をやりたいかのヒアリングから始まるそうです。
私は「一対一のコミュニケーションに困ることはほぼないが、ネイティブスピーカーのグループ会話についていけなかったりするので、ついていくためには耳を鍛えること、そのためにまず自分の発音を直したい。今まで独学でやってきたので、発音が間違っていたりすると思うので」とお伝えしました。

▼結構前から、フィリピン留学を使った発音矯正はしたいなとほんとずっと考えていて、実はサウスピークさんに料金の問合せもした事があって。望んでいれば来るものもあるのだな!感謝…(-人-)

カリキュラムの調整、高度な授業提案…

送られてきたカリキュラム案の説明を受ける

送られてきたカリキュラム案は以下のとおりです。

まず事前学習にあった英会話教材ですが、私は英会話経験が結構あるので省いてもいいんじゃないかと言って頂けました。(書籍が多いと重くなるので、正直ほっとしました(笑))

発音矯正は希望通り。
教材が4つあって(下で紹介しています)、1ヶ月だと1・2番目はサラッと流して、3を終えて4番目に入るくらいじゃないか、とおっしゃっていました。
独学派の私ですが、発音矯正系の書籍はまだやっていなかったので、自分では1・2番目をやり込むだけでもかなり時間がかかるんじゃないかな…?とは思っているんですけど。

上級者向け:ティーチャーレッスンの提案

問題は3コマ目です。
提示された2つの選択肢からどちらかを選ぶのですが、
TOEIC SW試験対策レッスンはビジネス表現などが割合決まった型なので、私の目的(ネイティブスピーカーとのグループ会話)であればティーチャーレッスンのほうがいいんじゃないかということでした。

このティーチャーレッスンというのは何かというと…
『自分の考えを講師を生徒に見立てて、講義する』。つまり、自分で授業を『用意して』、フィリピン人講師相手に英語で講義するというものです。自分が選んだトピックで5分間プレゼンを行い、講師から英語でいくつか質問を受けて答える、という内容らしい。

自分でトピックを用意する、講師の興味を引きつける、質疑応答するなど、かなり能動的に授業を行う(授業を『受ける』じゃなくて『行う』ですね!)事になります。
ストレスが無いのはTOEIC SW試験対策の方だけど、上級者としては後者がおすすめだそうです。そりゃそうだよね…

今のところ、自分ではこのティーチャーレッスンに挑戦しようと思っています。TOEIC SWは書籍も増えるし試験を受ける予定もしばらくないしね。しかし、うーん、できるかなー…><

案としてはTEDなどが良いそう。
ただ、フィリピン人講師を相手に行うので、20代前半の若い子が興味をもつ事をトピックに選ばないと、授業が白ける傾向があるそうです。私の苦手分野やないか!スポーツやファッションの事なんて話せないよ!!
これはコミュ力の授業なのではないだろうか…?

私だったら、海外旅行に関する話題とかいいのかなあ。
フィリピン人は経済やビザ的にまだまだ海外旅行のハードルが高いとは言え、私の知り合いで若いフィリピン人の子もちらほら他のASEANの国に旅行に行ったりしてるし(ASEAN同士はビザいらないから)、関心はなくはないと思う。先進国の人だとそういう話題の時に相手の境遇を無視した残酷な事を話しがちだけど、私はフィリピーノの知り合いは多いから実情も知っているし、そのへんをうまく調整できる力はあると思う。

日本国内にいる間に発音矯正の教材に手を出すのもいいんだけど、このティーチャーレッスンの準備をしっかりやっておいたほうが良さそうだなあ、という印象です。

心配事の相談

この機会に、留学内容で不安なことや疑問点を聞いてもらえます。

私は『放浪生活をしているので書籍を複数持って移動できず、留学が終わったら物理書籍は捨てることになってしまう。電子化しても良いか?』という事を質問しました。回答としては、やはり紙書籍のほうが書き込めて学習効率がかなり変わってくる。特に発音教材はガンガン書き込まれる、という事でした。まあそりゃそうよね(´・ω・`)

持っていく時はまだLCCに預け手荷物枠を追加すれば済む、つまりお金で解決できる事なんですけど、出る時がなー>< フィリピンで書籍をPDF化できるところ、どこかあるかなあ。
書き込んだ参考書を捨てるのはもったいないけど…。移動ぐらしで持ち歩くのは2冊程度が限度な気がする…

▼ScanSnapでも買って持っていく…?ちなみにiX100は約400gらしい。

余談

サウスピークさんの生徒でも大部分はTOEIC600点以下で、TOEIC800点以上の上級者というのは1割くらいなのだそう。サウスピークさんはストイックというか、しっかり勉強をやる学校というイメージだったので上級者がもっと多いと思っていたけど、上級者は来たとしても留学期間が短いらしい。そりゃそうだな。
なので、これから英語を勉強するという方も、大丈夫なので臆せず留学したらいいと思います。


留学の前に用意する参考書やアイテム・私の場合

それでは私向けに指定された学習教材や参考書をご紹介しますね。

まずは授業に使う学習教材。
私は発音矯正が希望なので、発音教材が多いです。

▼この2冊ははるじぇーさんの『20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ』でも見ていて、いつかやらないとって思っていたものなので、今回着手できるのはよかった。Kindle版なくて海外で買えないからなー

▼フォニックスもう一冊。この機会に身に着けたいな。

▼ここまでは4週間で行けるかどうか、進行が早ければ着手できるくらい、という感じみたいです。

次に文法の本、これは話していて文法に迷った時に辞書的に参照する本なのだそうです。
『(文法が正確じゃなくても)何となく伝えられる』レベルの会話は今までの海外生活で十分やってきているだろうから、という事で。

▼勉強になる文法の本っていうと今までForestしか知らなかったけど、評価を見ていてもこれは良さそう。辞書的に使うなら電子化してもいいかなあ…?どうかなあ…?

そして、リスニング用のウォークマン。スマートフォンでやるのとは学習効率が全然違ってくるのだそう。『ノイズキャンセル』『クイックリプレイ』『AB区間再生』機能がおすすめとの事。
私にとって安価なものではないのでもちろん迷うのですが、『私だったら買います』というはるじぇーさんの言葉。買っちゃうか…?まあ軽いものだしね…?重量的には書籍より問題はない。

ノイズキャンセリング対応イヤフォン、お友達のまたよしれいさんも必須のものとして勧めていたけど、私は轟音のいびきの中でもすやすや眠れるほど音には耐性があるので、今まで必要と思ったことなかったんだよな〜(´・ω・`)

ちなみに、私はいらないんじゃないかと言われた事前学習用の英会話教材はこちらです。
大学受験や資格勉強はやってきてるけど英会話経験があまりない、という人にはおすすめっぽい。

『英会話練習』にはオンライン英会話もおすすめだよ!(これは私の意見)

無料体験のあるオンライン英会話まとめ

2017.04.03

▲みんながこのページから無料体験を申し込んでくれると私も幸せになる!(アフィリエイトの婉曲表現)

 

今回紹介したものは私向けの案なので、もちろんそれぞれの英語力の状況や課題に応じて内容は変わります。こういうカリキュラム案をもらって、こういうカウンセリングを受けたよーという参考にして頂ければ。
(一口に『英語の勉強』と言っても、その人の状況に応じてやった方がいい事が変わると私はかなり思ってます。
参考記事:今年こそ英語!な方へ、1年でTOEIC500点台から805点まで日本国内で上げた私がやった英語学習 – Kumi-Log /自分の英語学習の状況はスキル4象限+ベース2で分析できる – Kumi-Log #だいぶ前に書いた記事なので、読みにくくてごめんなさい

さて、書籍を買って、ティーチャーレッスンの題材探して、留学準備しようかな(`・ω・´)
留学が終わったあとの電子化、現地のフィリピン人のお友達に相談してみようかな… 出来なくても預かってもらえるかも…?ダメだったらサウスピークに寄付とかかなー。うーん。




関連記事

2017年フィリピン・サウスピーク英語留学

 

英語学習の記事

Category: 英語

英語学習について

英語を日本国内・独学1年でTOEIC500点台から800点超まで上げた私がやった学習内容

2016.01.02

自分の英語学習の状況はスキル4象限+ベース2で分析できる

2012.07.10

なぜ学習する言語が英語なのか

2014.09.15

オンライン英会話(Skype英会話)

無料体験のあるオンライン英会話まとめ

2017.04.03

英語学習サービス・アプリその他

オンライン上の英語の記事(アーティクル)をKindleで読む

2015.01.07

英語:自分のレベルに合った洋書を、Lexile指数を元にAmazonで選んでKindleで読もう

2015.01.03

私の英語力の歴史・記録

語学は上達する。だから大丈夫

2015.06.25

生まれたきっかけからモチベーションを育てる|私の英語習得の歩み(2)

2015.01.14

私の英語使えなかった歴史|私の英語習得の歩み(1)

2015.01.13

TOEIC、900点いかなかった、、、><

2014.03.20

タイ・バンコクでTOEICを受けてきたよ(2014年)

2014.03.19

インタビュー

国際社会で活躍する人間になるために!留学支援・海外情報アドバイザーの荒木さんにお話を伺ってきました(後編)

2016.03.19

『挫折感のある人』こそ海外へ。留学支援・海外情報アドバイザーの荒木さんにお話を伺ってきました(前編)

2016.03.13

Skypeで留学事前カウンセリング