長距離バスでポイペトからの脱出:タイーカンボジア陸路国境越え(3)

ブログ村を再開してみました。
下のバナーをクリックするとカテゴリーランキングに飛び、当ブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



こんにちは、くみです。

今回は治安が悪いと言われる町、カンボジア・ポイペトを脱出です。



ポイペトからの脱出〜どのルートを選ぶか

旅行者を待ち受ける数々のポイペトトラップ

ちょっと調べたところ、自力でポイペトに来た場合にシェムリアップやプノンペンに行く方法は次の通りのようです。

  1. 国境から無料シャトルバスで新バスターミナルへ。新バスターミナルで他の旅行者と乗り合いタクシーに乗る(無料シャトルバスが偽のバスで、遠くに連れて行かれて帰るのに高額な料金を請求されるなどのトラップがあるようです
  2. 国境から大通りを歩いて旧バスターミナルへ。長距離バスに乗る(バスターミナルの値段はぼったくりらしく、バスターミナルに向かう途中にいくつも代理店があるのでそこで申し込んだほうが安いらしい)
  3. 国境で人を集めて流しのタクシーに乗る(タクシーの運転手が強盗や強姦を働いたり、他の乗客とグルになっていたりする場合もあるそう

赤い色はトラップなんですが…なにこれトラップ多すぎでしょ…。

ひとつ言えそうなのは、『女一人ではタクシーには乗らない方がいい』 という事ですね。ググると色々出てきて怖えーよ。

すっかりビビってしまっていた私ですが、直前に調べていて見つけたこのページの情報がとても役に立ちました。↓

地図が付いているのがありがたい! 
元々の地図はWikitravelからみたいですね。”Stay Safe”の項目、タイ側の『Cambodian Consulate』が”AVOID THIS”って書いてあって怖いよ。なんで。

このサイトによると 

  • シェムリアップまで早く行きたいなら:3番のバスターミナルで乗り合いタクシー
  • 各地に安く行きたいなら:2番のバスターミナル

という事のようです。私は後者を選びました。

タイ・AISのSIM+GoogleMapsで現在地を確認して進もう

Google Mapsにも2番のバスターミナルは記載されています。iPhoneを使っている人はGoogle Mapsのアプリでお気に入りに保存しておくと安心です。ありがとうGoogle先生!

Google先生によるとバスターミナルは国境から2kmくらい離れているようです。荷物があるのでちょっと辛いですが、3kmくらいなら徒歩圏内です。昼間だし大通りで人もたくさんいたので、危険なく歩けると判断しました。

現在地を確認するにはネットにつながっていた方が確実ですが(オフラインだと時々GPSが動かないので)、ポイペトではタイの携帯キャリア・AISの電波が届いていました!心配な人はAISのSIMを持って行くと安心です。

他のキャリアはわからないけど、パンガン島でもTrueがつながらないところでAISがばんばんつながっていたのでAISにしておくのが無難ではないかと思います。他のキャリアを試してみた人がいたら教えてください。

AISの短期のデータプランは

  • 1日無制限49バーツ
  • 90分(有効期限24時間)9バーツ
  • 10MB(有効期限24時間)9バーツ

等があります。

初めての土地で、周辺の地図と現在地が掴めるというのは本当に心強いです。自分にTekki属性*1がある事を感謝しました。

▼ポイペトの街並み。何もない… 今までの東南アジアの都市とは明らかに違う印象です。
f:id:arfecia:20141104180042j:plain

ポイペトから脱出するためのバスを探す

ポイペトからプノンペンまでのバスの相場

道すがら、確かにいくつもバスの代理店のようなものが見えます。

プノンペンまでの値段を聞いたら大体10USD、一件だけ9USDのところがありました。

私が調べた時は下記のページで『プノンペンまで6ドル、ホーチミンまで9ドル』と書いてあったのですが、値上がりしたのかな?2010年の情報だし… それともカンボジア人値段と外国人値段だったりするのでしょうか。

ところで私は当初プノンペンに行く予定でしたが、今お友達が日本からホーチミンに来ていると聞き、プノンペンからホーチミンまでは近いので急遽ホーチミンに行くことにしました。無事数次ビザも取れたしね。

ホーチミンまでのバスは無いというところが多く、1件23USD(ポイペト−プノンペン10USD、プノンペン−ホーチミン13USD)、1件17USD(プノンペンまでいくらか訊くの忘れた…)というところがありました。

後者はちゃんとブースがあるのですが働いている女の子がまだ若く善人そうに見えたので、安いこともあって何となくここにしようと心に決める。犬もいたし。犬をかわいがる人に悪人は少ない(多分)。

事前情報ではバスターミナルの方が高いとは聞いていたのですが、一応と思いバスターミナルまで行って確かめました。

▼バスターミナル。
f:id:arfecia:20141104180107j:plain

▼確かに窓口にはプノンペンまでバスで1人15USD、タクシーだと1人25USDと書いてあります。高い。さっきのページには実際は6USDだと書いてありますが…こう書いてあったら外国人だったら15USD払わざるをえないよねえ。
f:id:arfecia:20141104180128j:plain

選択した代理店まで戻る

先ほどホーチミンまで17USDと言われた代理店まで戻ります。割とバスターミナルから近いので助かりました。

国境からバスターミナルに向かって左側にあります。

▼確かこのへん。Olympicなんとかだったような…

▼代理店を裏側から見たところ。

f:id:arfecia:20141104180145j:plain

もしかしたら17USDでもまだ高いのかもしれませんが、プノンペンからホーチミンまで一般的に10USDくらいと聞いているし、初めての土地でこの値段ならまあいいかな…

前に書いたとおり色々なバッドシナリオを想定しましたが、結果追加料金もなく無事にホーチミンに着くことが出来ました。

ポイペトからプノンペン経由でホーチミンへ

Wi-Fiのあるカフェ?で快適に時間をつぶす

ホーチミン行きバスの出発は夜の7時と言われ、その時間まで待つ事に。ポイペトでこの時間になってやっぱりバスに乗れませんでしたとなるとちょっと辛いなと思ったのですが、お姉さんを信じる事にしました。この時3時くらいだったので、バス出発まで約4時間。

この頃にはもうAISの残高を使いきっていてネットに繋がらなくなっていたので、落ち着いてネットが使えないかと周囲を見回す。

ポイペトの町は殺風景で、とてもネットの使えるカフェがあるような雰囲気には見えなかったのですが、意外にもすぐとなりに良さそうな場所がありました。
f:id:arfecia:20141104180209j:plain

ガソリンスタンドの敷地内です。

入ってみたらカフェというよりもコンビニのような小売店に休憩スペースが着いたものでしたが、電源もあるしWi-Fiも使えたし十二分です。

▼なぜかタイより安いLEOビール。0.63USDって20バーツくらいじゃないですか…なんなのどこから仕入れてるの?カンボジアで作ってるの?酒税の関係?
f:id:arfecia:20141104180234j:plain

▼カンボジアのビールのほうがLEOビールより高かったですが、それでも1ドルとかでした。
f:id:arfecia:20141104180251j:plain

長距離バスに乗るのでトイレが近くなると困るので、ビールは諦めましたが…!

 

朝方プノンペンに到着

夜7時に無事にバスに乗れ、朝6時頃にプノンペンに到着です。
お姉さんは7時にホーチミンに着くと言っていましたが、そんなわけなかったよね…

今回バスには全く欧米人旅行者がおらず、というか東南アジア人ばかりでした。カンボジア人かベトナム人か分からなかったけど…地元の人が利用するバスなのかな…
アナウンスが英語じゃなくて多分クメール語だったので、バスの乗換えの時とか休憩の時とか何を言われているか分からず少し困りました。

▼プノンペンの代理店の隣のお店。やはりビールが安い。1,800リエルって今の相場で0.44USD、15バーツくらいです。何なのこの国…ビールで国民を甘やかす方針なのか(失礼)すごく試してみたかったんですが、ここからホーチミンまでまだバスなので我慢。
f:id:arfecia:20141104180321j:plain

▼I LOVE PHNOM PENH。こういう風に思える日が私にも来るだろうかf:id:arfecia:20141104180341j:plain

カンボジアのSIMカードを入手

ネットに繋ぎたいので、カンボジアのSIMカードを探す。また戻ってくるしね。
早朝にも関わらず店を開けて売ってもらいました(すみません…)。Cellcardというキャリアでした。SIMカードは一枚1USD、トップアップを1USD分購入。
購入時パスポートの提示を求められ、購入申込用紙に親指の拇印も求められました。こんなに厳格なの初めて。

ちょっとだけつないでキャリアのページを見たら、データプランで1日 250MB 0.5USDというのがあったので申し込む。国境まで間違いなく250MBは使わないと思うので、たった0.5USDなら申し込んでおくほうが安心ですよね。(普段はいくらなのだろう?)

次来た時は3.5GBで5USD(1ヶ月有効)のプランにしよう。

私のAndroidは設定をインストールする事で自動設定されましたが、接続情報は以下のとおりです。(CellcardのWebページより)

– Name: Cellcard
– APN: cellcard
– User Name: (No need)
– Password: (No need to)
– MCC: 456
– MNC:01
– Authentication Typre choose PAP
– APN typre: (default)

Mobile Internet – Cellcard

プノンペンからバスを乗り換えホーチミンへ

バスを乗り換えホーチミンに向かいましたが、とても快適でした。途中で昼食を取るために寄った休憩所(国境近く)のトイレがとてもきれいで(しかも無料で)びっくりした…。あんなにきれいなら我慢せずにビールを飲んでおけばよかった。

▼朝ごはん代わりに購入した牛乳とクラッカー、2000リエルと500リエル。USDだと0.5と0.125くらい。牛乳はうっかりSweetened(加糖)を買ってしまいましたが、美味しかったのでまあいいか。

f:id:arfecia:20141104180423j:plain

▼どの国でも犬はかわいいね〜
f:id:arfecia:20141104180437j:plain

カンボジアの国境でバスの中に荷物を置いて歩いて出国。(バスの人がパスポートを集めて出国手続きをまとめてしてくれました)

ベトナム側では荷物を全て持ってイミグレーションへ。ここでもバスの人が既に入国手続をしてくれているので、パスポートを受け取ってちゃんと今日の日付でスタンプが押されているか確かめます。楽だ…陸路ってこんなに楽でいいんでしょうか…

ちなみにパスポートを渡す時に他の人がパスポートにお金を挟んだりしてたのを見たんですが、あれは何だったのだろう…カンボジア人はベトナム行くとき特にビザいらないですよね?だからビザ代でもないし…
私は何もしないでパスポートだけ渡したのですが、苦笑いされたような…気のせいかな…?

 

午後2時くらいに無事にホーチミンに到着しました。
到着したところからブイビエンまで2kmくらいあり、バイクタクシーで2USDと言われたのですがUSドルが5ドル札しかなく、お釣りを返してもらえる気がしなかったので歩いてブイビエンまで行きました。どんどん不必要な部分がたくましくなっていく気がします。

次回は今回の国境越えについてポイントをまとめますね。




関連記事

次回 タイ:アランヤプラテートーカンボジア:ポイペト 陸路国境越え まとめ(2014年11月)

タイーカンボジア陸路国境越え(アランヤプラテート〜ポイペト編)

タイ:アランヤプラテートーカンボジア:ポイペト 陸路国境越え まとめ(2014年11月)

2014.11.08

長距離バスでポイペトからの脱出:タイーカンボジア陸路国境越え(3)

2014.11.07

カンボジアビザ取得、トラップが待ち受けるアランヤプラテートーポイペト:タイーカンボジア陸路国境越え(2)

2014.11.06

タイ国鉄でバンコクからアランヤプラテートまで:タイーカンボジア陸路国境越え(1)

2014.11.05

前回まで

カンボジア国境越え

その他の陸路長距離・国境越え

*1:Tekkiとは『コンピューターオタク』みたいなニュアンスで使われている俗語みたいです。フィリピンで言われました

ブログ村を再開してみました。
下のバナーをクリックするとカテゴリーランキングに飛び、当ブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ