バンコクの街角で破れた服とバッグの修繕をしてもらいました




こんにちは、くみです。

チャトチャックウィークエンドマーケットで買った、軽くて着心地の良い薄手のタイパンツが破けてしまいました。

Untitled


シアヌークビルで買ったお気に入りの布バッグも、担ぐところが破けて中身が見えています。まあ安かったからね。
Untitled

私がシアヌークビルで買った機能的なバッグを自慢します – @kum_i log

バンコクではあちこちの路上で、ミシンを操っている修繕屋さんを見かけます。
せっかくなのでお直しを頼んでみました。

 

私はシーロムで頼んだのですが、シーロムだけでも何人か道で見かけますし、他の地域でも見るのでよほど都会のところ(サイアムとかアソークとか…?)でない限り、見かけないということはないんじゃないかな〜と思いますが、どうだろう…

タイパンツ、あっという間に直してもらいました。

Untitled 

バッグは一度完全に切ってから縫い合わせていました。縫い目はまっすぐじゃなくて割と適当だったけど、まあ元々バッグ自体適当だし、私も適当なので問題ありません。

Untitled

お会計は、タイパンツが20THB(約75円)、バッグが30THB(約110円)でした。

マラッカで靴の修繕を頼んだ時はRM1(約33円)でやってもらえたので、それを考えると『ちょっと高い…シーロム価格か…?』と一瞬思ったのですが、よく考えたら日本で外注したら1,000円くらいするんじゃないですか…?

フィリピンでも、もうちょっとしたような気がする。
100円程度で直してもらえるってすごいことかも。




みなさんもタイでもし服が破れたりバッグが破れたりしたら、道端でミシンを操っている人に頼んでみてください〜 🙂

AUTHORこの記事をかいた人

2014年1月から、仕事しながら海外各都市を移動して暮らしています。世界一周でも海外移住でもなく、ある都市に数週間住む移動ぐらし(ノマド)スタイルが好きです。予算は月5万円以下、拠点はありません。1977年生まれ、海外生活4年め、放浪3年め。 ネットがリアルをつなぐ力とBeing Publicの力を信じています。

OTHERその他の記事(Googleの広告も含みます)