カンボジアの穏やかな地方都市、カンポット|ノマド向け都市紹介




こんにちは、くみです。
今回はデジタルノマド向け都市の一つとして、私の好きなカンボジアの都市・カンポットを紹介します。

カンボジア、大体の日本人が『アンコールワット』か『治安が不安』か『学校づくり等のボランティア』というイメージじゃないのかな。海外に出ている人だと、最近シアヌークビルがビーチとして人気ということを知っていたり。
カンポットはそのどれとも違う、穏やかなな雰囲気で外国人も住みやすく、クメール人の生活もより彼ら主体で感じることができる、長めの滞在に魅力的な街でした。

この記事では概要をざっくり紹介して、宿泊施設の紹介など細かいところは個別記事に切り出して、それを貼っていきたいです。
現時点では、自分がカンポットについて知っている事をほぼ書き出したので、愛が強すぎてちょっと長くなっちゃいました…!目次を活用して頂ければ!



カンポットの魅力!

穏やかな街なかの雰囲気

見てみてください!これ!
雰囲気いいでしょう〜

カンポット・公園 カンポット・フィッシュマーケット(Fish Market) カンポット・水上レストラン(Kampot Floating Garden)

一枚目の写真はバスで降りてすぐの公園のようになっているところなんですけど、ケップに行くための乗り換えでちょっと降りただけのヤスコさん(@yasucold)もカンポットの雰囲気の良さを感じ取るくらいでした。

避暑地ですし、自然派ツアー・ツーリングなどが人気な街で欧米人の人気はそれなりにあるため、外国人向けのお店が集まったエリアもあるのですが、ローカルのエリアもちゃんとあって、どちらも楽しめるこじんまりとした街です。

ゲストハウスのオーナーなどに聞いても、治安も良くて(結構夜遅くまで西洋人がしっとりと飲んでいたりします)、中心部であれば夜女性が一人で出歩いても別に危険はないそう。体感的にもそんな感じです。

これはローカルの市場。活気があって、モノがたくさんありました!豊か〜

カンポット・ローカル市場

ローカルの遊園地!子どもたちが遊んでいました。

カンポット・遊園地(ナイトマーケット)

ドリアン好きにもおすすめ

さっきの市場の写真にちらっと映っていましたが、カンポットはカンボジアの中で美味しいドリアンの産地として有名です。なのでドリアン好きにもおすすめできる。

これは街中のラウンドアバウトにあるドリアン像です。街の象徴なのだ。(カンボジアってラウンドアバウトの中心に何か像を置くの好きですよね)

カンポット・ドリアン像

自然派の人にもおすすめ

後述しますが、塩田や胡椒畑・鍾乳洞や滝など、自然を周るツアーが色々あります。(私はまだ参加した事がない…)
またレンタルバイクが安いので、借りて近隣の自然を楽しむのも良いらしいです!気持ちよさそうだな〜。

カンポットの街なか説明

それではカンポットの街なかをざっと説明しますね。

カンポットの地図、ざっくり説明

細かいポイントはカンポットのMy Mapsを作ったのでそちらを見ていただきたいのですが、ここではざっくり説明しますね。

カンポットの地図

カンポットは川を挟んで大きく2つに分かれているのですが、商業施設等が色々あるのは東側で、西側はレストランやゲストハウスがポツポツと点在するのみになっています。
こもってヨガとかやりたい人や、街中を避けてリバーサイドでのんびりしたい人は西側のゲストハウスに泊まってレンタルバイクで移動していますね。(西側はバイクがないと多分キツい。動けない。)
小さな町なので、ドリアン像から北側のローカル市場まで歩いて、徒歩で約10分程度です。

Old Market中心に、外国人向けの商業施設が多いエリアです。お土産もこの辺で買えます。

ポケストップはこの地図の範囲で2箇所あるんですが、ジムは無いですね…(ケップにはジムあります)
ポケストップもMy Mapsに載せておきますね。

 カンポット・ポケストップ

カンポットの宿泊施設

カンポットは宿も安く、ドミトリー2.5ドル〜、個室5ドル〜で見ました。
コアゾーンはドミトリー5〜7ドル個室(ダブル)は10〜15ドルといったところかな。
ホントは高い宿も泊まって紹介した方がアフィリエイト的には良いんですけどね〜

と泊まってみて、今のところのベストはMagic Spongeです。(全部ドミトリー、値段は私が泊まった2016年と2017年当時)

[カンポット・宿]今のおすすめ、The Magic Sponge

2017.02.10
カンポット The Magic Sponge

Magic Spongeは個室(ツインやダブル)がメインでドミトリーの数は少ないくらいなので、個室派にもいいかも。個室は20ドルからと、そんなに安くはないですが…

360の個室5ドルも予約したんだけど、夜9時半に行ったら私の予約を見過ごしていて他の客を入れて満室になっていたので泊まれなかった…。その時の宿の人の言い訳が酷かったので、Booking.comの評価は良いですが、私はもう泊まりません。

個別のレビューになるかカンポットの宿全体になるか分かりませんが、宿泊レビューは別に書きますね。
宿の選び方の記事も書こうかなあ。
経済的な余裕ができたら、もう少しグレードが上の個室にも泊まってみますね。

こことか、レビューも良くて、写真の雰囲気も良いし、普通の日本人にもおすすめできそう。ダブル・ツインで40ドル〜。

(20ドル出せばツインの部屋たくさんある街で、40ドル出せばそりゃいいとこだろう、とか思ってしまう自分がいるけど…)

カンポットのご飯

カンポットの名産

カンポットと言えばカンポットペッパー(胡椒)が名産!シーフードの生胡椒炒めはぜひ食べていって欲しいところです!
ケップでも食べられますけど…
生胡椒がイカやエビに合うんですよね〜〜〜

カンポット生胡椒炒め

シーフードレストランはKampot Fish Marketというところが有名ですが、ちょっと高級なので、もう少し庶民向けのところで食べたい人にはKampot Floating Gardenが川の上で雰囲気良くておすすめできます。ビールもこちらの方が安かったはず。
今日(2017年2月8日)、ドリアン像の近くのローカルのレストランに行ったらシーフードの生胡椒炒めがご飯付き3ドルで味も美味しかったので、川の雰囲気が必要ない人にはそちらもいいですね!

前述の通りドリアンも名産なので、お好きな人は旬の時期に市場で是非どうぞ!
カンボジアのドリアンは小ぶりな印象を受けました。(旬じゃないからかもしれないけど)
市場で殻ごと量って1kgいくらで買います。旬じゃない時期で、市場で1kg5ドルで買いました。旬になると2〜3ドルまで安くなるという話なんだけど。

カンポット・ドリアン

カンポットのレストラン

カンポットは外国人が多いので、外国人向けのレストランに行くか、ローカルのご飯やさんに行くかで大分変わります。
色々行ってみましたけど、外国人向けだと一品3ドル〜、ローカルだと1食0.75〜1.5ドル、という感じかな。
外国人向けのものは、こじゃれたレストランやバーが多いので、そういうのが好きな人にも安心。ビーガン向けのベジタリアンレストランもいくつかあるようです。

カンポット・こじゃれた食事

これはFish Marketにて。こじゃれすぎててこわい

My Mapsに記載しましたが、橋を渡った西側にローカルの食堂があって、そこでは野菜と肉のおかず一品+ご飯で0.75ドル(3,000リエル)と安く、おいしかったので、おすすめです。私も明日も行ってみます。
場所はこの辺。>https://goo.gl/maps/eRVWoygQrqp
多分夜はやってないんじゃないかな…どうかな〜

カンポット・ローカルのレストラン

カンポットのカフェ

西洋人に愛される街だけあって、こじゃれたカフェが色々あります。
カフェは電源やコーヒーの値段などをMy Mapsに書くようにしているので、そちらをご覧ください!

私は今のところ、作業用には屋内席に電源が多くて大体確保できるCoffee Todayを使っています。
チェーン系で、カフェ的な面白みはあまりないんですけど。

カンポット・Coffee Today

カンポット・Coffee Today

カンポットのネット状況

カンポットでは、他の東南アジアの都市と同じく、ゲストハウス・レストラン・カフェ・バーにおいて大体Wi-Fiがあります。(地元向けの屋台などにはなさそう)

こちらは私が今いるゲストハウス・The Magic SpongeのSpeed Testです。(サーバはTokyo間)

カフェで測ったら追記しますね。

カンポットではSmartの4Gもつながります。(他のキャリアは確認してなくてごめんなさい)
カンボジアのSIMとモバイルデータの値段についてはこちらの記事をどうぞ。

[カンボジア:SIM]プリペイドSIM購入・データプラン・コマンド(Smart・Cellcard・Metfone)30日・2GBで3USD!|2016年12月更新

2016.04.11

カンポットのマッサージ

カンポットはブラインドマッサージ(盲人のマッサージ)が意外とありますね。指圧っぽかった。
相場は1時間5ドルです。安い。特にチップも求められませんでした。

カンポット・ブラインドマッサージ

ブラインドマッサージじゃない、スパっぽいマッサージもあったので、行ってみます。Golden Hands Massage & Spaというところが気になっています。

カンポットの両替・銀行・ATM

両替は見たんですけど…円からドルとかに替えられるのかな…?
私カンボジアではいつもATMから直接ドルをおろしてしまうのです。(VISAのクレジットカードや、Plusなどに対応している銀行のカードでドル出金できます)

カンポットにはCanadia BankやACLEDA Bankの支店がありますし、ATMもあるので、中心部にいる限りドル出金には困りません。
銀行の場所はカンポットのMy Mapsに記載したので、参考にどうぞ。

その他、市中の見どころ

私も、ばりばり作業するぞ〜!っていうのにいい街だな〜と思って、あまり観光してないのですが…
私が行ったのはこんな感じかな。

ドリアン像は、別に目がけていかなくても、街中でウロウロしてたらイヤでも見ると思う。別に見たからどうというのもないですけど(笑)。
ローカルの暮らしが見たい人は、遊園地とナイトマーケット、ローカル市場は面白いと思います!私はそういうの好きなので、私はおすすめ〜。遊園地とナイトマーケットは夜のみなので注意。
公園や川沿いの道は天気の良い日にフラフラ歩くと幸福感が高まってほんと良いです〜💕 『はあ…カンポット…。好き…』ってなります。

私がまだ行っていない見どころとしては、

とかかなあ。
Ecranというところで映画の上映を行っているそうなので、それも見に行ってみたいです。The Killing Fieldsが上映されているらしい。

カンポット内の交通事情

カンポットには公共交通機関はありません。
移動は歩くか、声をかけてくるトゥクトゥクやバイクに乗るか、バイクか自転車をレンタルするかになります。

バイクのレンタルの相場は1日4ドル、どこも同じ値段みたいです。長期だとディスカウント交渉できるのかな?
ケップにツーリングとか楽しそうですよね〜。はああ、私も乗れるようになりたい。

カンポット・バイクレンタルの看板

自転車のレンタルはオールドマーケットの旅行代理店で見かけました。1日1ドルだそうです。

自転車のレンタル

流しに乗るとしたら、トゥクトゥクは2ドル〜、バイクは1ドル〜で交渉という感じですね。もしかしたらリエル単位で値切ったらもっと安いのかもしれないけど、まあ外国人観光客としては、これくらいで。
上の地図内くらいだったら最低料金で行けそうだけどどうかなあ。
西側の、川の上流のリゾートエリアに行くのはもうちょっと高そう。 

カンポットの生活予算

生活予算記事は実績から改めて書こうと思っているんですが、ここでは概算を。
生活予算記事を書いたら、ここからリンクします。

私の生活スタイルだとこんな感じ。

  • 宿:ドミトリー1日6ドル
  • 食事:1日平均6ドル(結構贅沢している…)
  • ビール:1日1ドル(0.5×2杯)
  • カフェ代:1.5ドル

1日の予算:計14.5ドル
14.5×30=435ドル、これにマッサージ4回(5ドル×4回=20ドル)行くとすると、
1ヶ月:455ドル

バイクを借りる人は1日4ドル、宿をグレードアップする人は適宜足してみてください。
もうちょっと贅沢するとこんな感じかな。

  • 宿:ダブルの個室1日10ドル
  • 食事:1日10ドル(全部外国人向けのレストランで)
  • ビール:1日1.5ドル
  • カフェ代:1日1.5ドル

1日の予算:23ドル

  • マッサージ:1ヶ月20ドル
  • バイク:1ヶ月に4日乗って16ドル

1ヶ月合計:23×30+20+16=726ドル

ドミ3ドルのとことか、食事オールローカルで朝ごはん食べないとか、ビール飲まないとかだったら、(ドミ3+食事2)×30で150ドルとかまで圧縮できるのかな…私はコスパ重視のQOL追求派なので、そこまではやりませんけど!

カンポットのツアー

私としてはノマド的に少し長めに滞在するのがおすすめのカンポットですが、旅行者としても楽しめる色々なツアーがあります。といっても私はツアーに参加してないんだけど…何か参加したら情報追加します。自分が行ってみたら、ツアーの部分だけ切り出して別記事にするかも。長いし。

ツアー申し込みは各ゲストハウスや中心部の外国人エリア、ツーリストインフォメーションでできます。
旅行代理店によって微妙に値段が違うので、申込みの際はツアー内容に何が含まれるのか比較したほうが良さそう。

Countryside Tour(カントリーサイドを廻るツアー)

カンボジアの名産としてカンポットのものが有名な、塩と胡椒、それにプラスして田舎を回るツアーです。フランス人好きな人多そう。
サンセット込みのところが17ドル、サンセット無しで昼間(13時)解散のところが12ドルになっていました。

  • 塩田
  • 胡椒畑
  • Phnom Chhngork Cave(洞窟)
  • Fishing Village(漁村)

Bokor National Park Tour(ボコール国立公園ツアー)

ボコール丘は、フランス統治時代に別荘地として使われていたところみたいですね。写真を見る限りは廃墟っぽいので、廃墟マニアの人は好きなんじゃないかなあ。値段は11〜15というところみたい。

  • ボコール丘ドライブ
  • Black PalaceとPagoda訪問
  • 古い教会やカジノ、ホテル、王族の住居を訪問(写真を見る限りもう使われていないものっぽい)

Sunset & Firefly River Cruise(夕日・ホタル見物クルーズ)

船で夕日とホタルを見に行くツアー。どこも5ドル。
飲み物(ビール含む)が1本付くみたいです。
これは手頃だから行ってみようかなあ。

Fishing Tour(魚釣りツアー)

Captain Chim’s レストランでやっているのを見ました。ボートを出すらしいです。一人8ドル。

魚釣りツアー

Rabbit Islands(ラビットアイランド)

ラビットアイランドという離島に行くツアー。12ドル〜。
ケップから船が出るようなので、ケップに行く人はケップで申込んだほうがいいかも。このツアーだと日帰りか、停まるなら帰りの船はインクルードだけどケップからは自力で帰るようにとインフォメーションセンターの人が言っていました…

カンポットの場所と行き方

カンポットの場所

カンポットの場所はカンボジアの南、ベトナムの国境の近くです。

カンポットの行き方

プノンペンシアヌークビルからバスかミニバスが出ています。どちらからも大体3〜4時間かな?
2017年プノンペンから6ドル、2016年シアヌークビルから6ドルでした。
お隣のケップとは2〜3ドルで行き来できます。

シェムリアップから行けるのかな…?シェムリアップからシアヌークビルまでバスで10時間くらいなんですけど、もしカンポット行きがあるなら、それくらいはかかりそう。

カンポット近隣の街紹介

ケップ(Kep)

カニの美味しい、小さな村です。
カンポットよりももっと田舎なんですが、さすがフランス統治時代の別荘地、こじゃれたレストランとか色々あります。

カンボジア・ケップ最大の魅力(?)、クラブマーケット(Crab Market)でカニを楽しむ

2015.11.05

シアヌークビル(Sihanoukville)

カンボジアの誇るビーチリゾート、小さな街ですが最近開発が進んでいます。
パーティピープル、賑やかなビーチ、きれいな離島、いくつものカジノにマイクロバスで乗り付ける中華系の富裕層。大きなKTV(東南アジアのカラオケ店舗型風俗)。

私も現地にお知り合いが多いので、カンボジアを通る時は大体寄ります。
あまりメジャーではないですが、ネットのない島コタキエフがお気に入り。ロンサレム島も日帰りだけど良かったです。

電気も水道もWi-Fiもない?! 海が光る島・カンボジアのコタキエフ(Koh Ta Kiev)に行ってきました

2016.05.04

安らげる静かな南の島、ロンサレム島|カンボジア・シアヌークビル

2016.04.10

シアヌークビルかなり行っているので、知っている事も多いんですけど、いまいち記事化できていない…ぐぬぬ…

『ビル』を省いて『シアヌーク』と呼ぶ人が多いですが、シアヌーク(Sihanouk)は元々前国王の名前で、前国王にちなんでの名前なので略さないほうが正しいと言えば正しい。(クイーンシリキット公園をシリキットと呼ぶ感じかなあ)

カンポットを訪れるのに良いシーズン

気候的には、雨が多くなるのは5月〜10月。
最高気温は1年を通して30〜32度、最低気温は12〜2月がやや低く21〜22度、4〜5月は25度、その間は23〜24度と、年間を通してそんなに差もなく過ごしやすい温度です。
さすがフランス統治時代に避暑地として選ばれた土地だけの事はあります。

私は今回を含めて、4月と2月に訪れています。(4月のクメール正月にはぎりぎりかからない時期でした)
一般的には、4月のクメール正月と10月のクメールお盆の前は犯罪が増えるそうなので(お正月やお盆に備えて稼ごうとする犯罪者が増える。フィリピンでもクリスマスの前に犯罪が増えるそうです)、カンボジアを訪れるのにおすすめはできないようなのですが、カンポットはどうかなあ。犯罪が増える姿をちょっと想像できないけど。
プノンペン等からの帰省者が増えて交通が混む、という事はあるかもしれないですね。




街の中にドリアン像があるほど、カンボジアの中では有名なカンポットのドリアンですが、旬が5月から始まるそうなので、ドリアン好きの人には5月は良さそうです。

カンポットの穏やかな感じがほんとに好きです〜😃
日本で勤めているとなかなか来る機会がないかもしれないですけど、長期で東南アジアにいる機会があったら、是非訪れてみてください!

関連記事

デジタルノマド向け都市

カンボジアの穏やかな地方都市、カンポット|ノマド向け都市紹介

2017.02.08

バジェットトラベル・月5万円で暮らせる都市(東南アジア編)

2015.09.12

2014年版、もう一度行きたい(住みたい)ところ・来年行きたいところ

2014.12.31

素晴らしく住み心地の良い都市、チェンマイの魅力(Amazing Chiang Mai!)

2014.05.16

カンボジアの記事

カンポット

[カンポット・宿]今のおすすめ、The Magic Sponge

2017.02.10

カンボジアの穏やかな地方都市、カンポット|ノマド向け都市紹介

2017.02.08

ケップ

カンボジア・ケップで泊まった、ほどよく野性味のあるバンガロー(4人泊まれて約1,800円)

2015.11.27

カンボジア・ケップ最大の魅力(?)、クラブマーケット(Crab Market)でカニを楽しむ

2015.11.05

1年で2番めに行ってはいけない日に、カンボジアの素朴な浜辺の町ケップに行ってしまった

2015.11.05

シアヌークビル

バンコクの有名男性誌、紳士の日記『G-DIARY』に寄稿しました!

2016.05.17

カンボジアの離島・コタキエフ(Koh Ta Kiev)の宿泊施設

2016.05.07

電気も水道もWi-Fiもない?! 海が光る島・カンボジアのコタキエフ(Koh Ta Kiev)に行ってきました

2016.05.04

安らげる静かな南の島、ロンサレム島|カンボジア・シアヌークビル

2016.04.10

カンボジア・シアヌークビルのトゥクトゥク・バイクタクシーの相場

2016.04.09

カンボジア・シアヌークビルで3アイランドツアー!海の綺麗な離島を楽しんできました!

2016.04.08

カンボジア・シアヌークビルの生活費と物価(2014年)

2015.01.08

カンボジア・ココンからタイ・ハートレックへ国境越え(シアヌークビルからバンコクまで移動)

2014.12.21

カンボジア基本情報

[カンボジア:SIM]プリペイドSIM購入・データプラン・コマンド(Smart・Cellcard・Metfone)30日・2GBで3USD!|2016年12月更新

2016.04.11

[カンボジア]旅行にも役立つ!がんばって覚えるぞクメール語

2014.12.14

AUTHORこの記事をかいた人

2014年1月から、仕事しながら海外各都市を移動して暮らしています。世界一周でも海外移住でもなく、ある都市に数週間住む移動ぐらし(ノマド)スタイルが好きです。予算は月5万円以下、拠点はありません。1977年生まれ、海外生活4年め、放浪3年め。 ネットがリアルをつなぐ力とBeing Publicの力を信じています。

OTHERその他の記事(Googleの広告も含みます)