Airbnbホストミートアップで、年間2万ドル以上を稼ぐスーパーホストの話を聞いてきました




こんにちは、くみです。

先日バンコクでAirbnb ホストミートアップがあり、私はホストしてないんですが興味があって出席してきました。

Airbnb_Vertical_Lock_Up_PMS

タイ語?
はい…タイ語です
プレゼンは英語かなって思ってたら半分以上タイ語でした(;´Д`) まあ案内がタイ語ですし当然ですよねえ…!(pдq)

Untitled

その中で年間20,000ドル以上の売上を出し、スーパーホストとしてAirbnbに認定されている西洋の人が(国名分からなかった)、自分のテクニックをシェアしてくれました。英語でよかった…

Untitled

 

# あ、ちなみにスーパーホストって私が呼んでるわけではなくて、Airbnbでそういう括りがあるのです。



▼ちなみに今後行われるAirbnb Meetupはこちら。

▼こちらからAirbnbに登録すると、3,036円分のクーポンがもらえます。ドル基準なので端数感すごい。


Get ¥ 3,036 off your first adventure!  

Airbnbスーパーホストがやっていること

さて、ここから ミートアップで聞いたことを書きますね。
Airbnbで年間20,000ドル以上(2014年度)を稼ぐKellyさんは、ホストとして以下の事をしているそうです。

  • I respond within 10mins (when awake)
    起きている時は10分以内に返信する
  • Answer all their questions
    ユーザからの質問にはすべて答える
  • Be detailed oriented
    細部にこだわる
  • PDF House Manual
    PDFのハウスマニュアルを用意する
  • Try to be there to Welcome each guest
    ゲストを歓迎するためそこにいるようにする
  • Ultra clean place
    超綺麗にしておく
  • Ask for the review
    レビューを書いてくれるよう頼む
Untitled

言われたら当たり前と思う事が多いですが、リストアップしておくのはいいですね。オークションで物を売る時と似ているかもしれない。
『ゲストを歓迎するためそこにいるようにする』、自分はそこにいず部屋だけ貸す人も多いと聞いていますが、やはり家主がいた方が安心だし何かとスムーズですよね。

Airbnbスーパーホストが用意しているハウスマニュアル

Kellyさんの話の中で特徴的だったのが、PDFで用意してゲストに予め渡しておくというハウスマニュアル。 これを見れば色々な事が聞かなくても分かるようになっています。かなり手の込んだ作りです。

Untitled

項目だけ列挙すると、

  • 部屋の設備などの説明(The house, Large Room, Small Room, Scooter / Bike Rental)
  • 家までの道順(Getting to my home)
  • 近所のお店などの説明(My Neighborhood & Nearby Attractions)
    Foursquareのリスト機能を使ってマッピングしてありました。
  • ハウスマニュアル(House manual)
    Wi-FiのSSIDやパスワード、鍵の開け方、冷蔵庫と飲み物など細々としたルールが書いてありました。
  • 共通の質問(Common Questions)
    部屋は綺麗ですか?洗濯物は頼めますか?ヘアドライヤーはありますか?等。
  • 公共交通機関(Public Transportion)
    BTSやMRT等、バンコク市内の公共交通機関について書いてあります。親切。
  • ツーリストホットライン(Tourist hotlines)
    ツーリストポリスや航空会社等、困った時に想定される連絡先の一覧があります。親切。
  • 他の人のコメント(What others are saying)
    泊まった人たちのコメントと、「泊まったあと5スターを付けてほしい、もし何か気になる事があったら直接言ってくれれば直すために最善を尽くします」というお願いが書いてあります。
    お願いはちょっと卑怯な気もするけど(笑)、サイトを介して言われるよりは直接やり取りがあった方がお互い気持ちが良いかもなので、こういう資料の中でそういう働きかけをするのはありなのかも。

▼ハウスマニュアル内の公共交通機関の図
Untitled
 

ゲストの方も、泊まる前にこういうの読んでたらわくわくしてくるかなー。

Airbnbスーパーホストがしている宿泊後のフォロー

 さらに、宿泊してくれた人にはお礼のメール?を出していて(ちょっと聞き取れなかったのでもしかしたら他の手段かも)、ギフトとして自分のオンラインショップ(時計を売っているみたい)のディスカウントクーポンと、

Untitled

自分の物件をお気に入りに保存してほしい旨のお願いが書いてありました。

これがKellyさんによるとちょっと重要で、お気に入りに保存されている数がAirbnb内のサーチランキングの順位に関わってくるのだとか。

AirbnbスーパーホストKellyさんの物件

Kellyさんはベッドが3つある一軒家を借りていて、大家さんにもAirbnbで貸し出す旨の了承を得ているそうです。

Airbnbで見てみたところ調度品の揃ったとてもセンスの良い素晴らしい部屋で、私は普段1泊1,000円以下のバジェットトラベラーなので予算越えですが、普通の日本人なら4,000円出してこういう部屋に泊まるのもありだなと思いました。
個人的にはテレビでネットの映画サービスが見れるのがいいなあ…


バンコクの凄い部屋、大きい家、素晴らしいロケーション

Airbnbホストミートアップの様子

Airbnbホストミートアップはバンコクのコワーキングスペース・The Hiveのルーフトップバーで行われました。


the Hive Bangkok – วัฒนา – วัฒนา, กรุงเทพมหานคร

Untitled

▼飲み物はもちろん、ランチミートアップなので軽食(サンドイッチ)が配られました(^ω^)
Untitled

The Hiveもかなり居心地の良さそうなコワーキングスペースです。オフィススペースも完備されています。バンコクはすごいなあ。

Airbnbホストミートアップ、私の感想

ミートアップ後、Kellyさんとやりとりをして実際のハウスマニュアルを送ってもらったり、クローズドのAirbnbのホストチャットルームに招いてもらったりしました(そういうのがあるんですね〜)。

 ▼これは公式のかな。ミートアップで紹介してました

話を聞いていると何だか面白そうで、やってみたいなという気持ちがむくむく…

Airbnbといえば日本では旅館業法との兼ね合いもあり、まだ法律的に問題があるのではないかという指摘もありますが、海外では合法化の動きもあり、実際に合法とする国も出てきましたね。

個人がスモールビジネスをいくつも持つ事はこれからの時代の流れに沿っていると思うので、なんとか法と折り合いが付くといいですね。

外国人を顧客とする商売は、東南アジアのように物価が安い国では現地の人にとって良い副業になるので格差解消の一端にもなるだろうし、良い形になるといいなあ。

 

日本でもホストミートアップやっているみたいなので、ホストじゃなくても興味があったら遊びに行ってみると楽しいかもしれません☆




 

他のミートアップの記事

AUTHORこの記事をかいた人

2014年1月から、仕事しながら海外各都市を移動して暮らしています。世界一周でも海外移住でもなく、ある都市に数週間住む移動ぐらし(ノマド)スタイルが好きです。予算は月5万円以下、拠点はありません。1977年生まれ、海外生活4年め、放浪3年め。 ネットがリアルをつなぐ力とBeing Publicの力を信じています。

OTHERその他の記事(Googleの広告も含みます)