[フィリピン・海]オスロブでジンベイザメと泳ぎ、滝を見に行く|2014年1月フィリピン・ビサヤ地方めぐり(3)

オスロブ・ジンベイザメ


こんにちは、くみです。2014年のビサヤ地方めぐりの続きです。2日め。
この日は朝オスロブでジンベイザメツアーをしてから近所の滝を見に行き、それから船でドゥマゲッティに渡りました。



1. ジンベイザメツアーへの行き方

スミロン島から徒歩でリロアン港へ移動

スミロン島リゾートからジンベイザメツアーを主催しているアーロンビーチリゾートへはかなり近く、歩いていける距離でした。500mくらいかな…?雨がひどかったので、リゾートの人にトライシクルを呼んでもらいました。

▼場所はこのへん。

セブからの行き方

セブからはオスロブ行きのバスでOKです。オスロブの中でも南の方みたい。
オスロブへの行き方はこちらをどうぞ。

[フィリピン・島]島がまるごとリゾートのスミロン島を楽しみ、オスロブ宿泊で貞操の危機|2014年1月ビサヤ地方めぐり(2)

2014.02.04

2. アクティビティ:ジンベイザメとシュノーケリング、滝

ジンベイザメとシュノーケリング!

まずはジンベイザメとシュノーケリングです。

やはり水中カメラを持っていないので(500PHP出せばレンタルも出来るらしいです)、同行のフランス人に写真をもらいました。ありがとうありがとう。

f:id:arfecia:20140115080003j:plain オスロブ・ジンベイザメ f:id:arfecia:20140115080936j:plain f:id:arfecia:20140115080033j:plain

一応野生動物なので触ってはいけないと厳重に注意されていたのですが、ふと気が付くと背後に迫ったりしていてかなりビビリました…。係の人が触らせようとしてくるのも困る。ダブルバインドはよくないよー。

掃除機のように餌の小魚?を吸います。でっかいのでついでに吸われそうな気持ちになる。

ジンベイザメツアーは30分で終了します。スミロン島の前に行ってもいいのかもね。
「これがジンベイザメか…」という気持ちにはなったけど、一回経験すれば十分というか、1,000PHP出してもう一度やりたいという気持ちにはならないかな。

何故か近くの滝へ…

その後なぜかフランス人・チェコ人と3人で近くの滝を見学に行く事に。

f:id:arfecia:20140115093722j:plain

結構急な下り坂をちょっと歩きます。

最初はあまり乗り気ではなかったのですが、これがどうしてなかなか良かったです。
水の色がとてもきれい。なぜなんだろう。

f:id:arfecia:20140115094046j:plain f:id:arfecia:20140115030326j:plain f:id:arfecia:20140115095210j:plain f:id:arfecia:20140115095356j:plain

▼虹が見えたよ!

f:id:arfecia:20140115100505j:plain

▼戻ったところでココナッツを売っていた。ひとつ25PHP、やすい

f:id:arfecia:20140115102437j:plain

▼飲み終わったら果肉を食べるために割ってくれる。スプーンはココナッツを削って作るエコ(?)仕様。びっくりした!

f:id:arfecia:20140115102614j:plain 

▼Gold Eagle?初めて見る銘柄のビール… フィリピンのビールなの?この時ちょっと禁酒をしており飲まなかったのが残念です。

f:id:arfecia:20140311165234j:plain 


3. オスロブから次の目的地・ドゥマゲッティへ移動

オスロブからリロアン港へローカルバスで移動

オスロブからドゥマゲッティに渡るためのリロアン港へはローカルバスで移動。確か13PHPとかそんなくらいだったと思います。トライシクルの客引きがしつこかったけど、バスがすぐ来たので助かりました。

ローカルフェリーでリロアン港からシブラン港へ移動

リロアン港〜シブラン港は一時間くらいだったかな、確か62PHPだったと思います。

▼港の待合室。

f:id:arfecia:20140115115711j:plain

▼ごはんを食べるところもあります。おかず一つとご飯で45PHPでした。

f:id:arfecia:20140115111117j:plain

▼乗船のため並ぶ人たち。

f:id:arfecia:20140115115722j:plain

シブラン港からドゥマゲッティへジプニーで移動 

シブラン港〜ドゥマゲッティはジプニー移動。ここでもトライシクルが声をかけてきますが、町中に出るジプニーが港に停まっているので好きな方を選べばいいと思います(もちろん安いのはジプニー。13PHP。)

なぜか同行していたチェコ人に気がついたら払ってもらっていた…ありがとうございました…(ちなみにドゥマゲッティ中心地内のトライシクル移動は大体1回P9〜10です)

▼この緑のジプニーで行きました。

f:id:arfecia:20140115122657j:plain

4. コスト

この日の主なコストをまとめます。

  • オスロブ・ジンベイザメツアー:1,000PHP
  • 滝の入場料:20PHP(トライシクル往復125PHP)
  • オスロブ〜ドゥマゲッティ:バス13PHP、船62PHP、ジプニー13PHP

5. 次回

翌日はドゥマゲッティのホステル主催のアポ島ツアーに参加です 🙂

毎日はやってないようなので、日程に余裕のない人は事前にホステルに確認しておくのがいいと思います〜!(ホステルについては次回書きますね)

ではでは。




次の記事:

[フィリピン・島]フィリピン屈指の透明度を誇る海・アポ島でシュノーケル、ドゥマゲテ(ドゥマゲッティ)散策|2014年1月フィリピン・ビサヤ地方めぐり(4)

2014.02.06

Kumi-Logの更新情報をメールなどで受け取れます!こちらをどうぞ。
オスロブ・ジンベイザメ