はてなブックマーク数を表示するためのHTMLコードをスニペット化しておくと捗るよ

ブログ村を再開してみました。
下のバナーをクリックするとカテゴリーランキングに飛び、当ブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



こんにちは、くみです。
はてなブックマーク数を表示するためのHTMLコードをスニペット化したら貼り付けるのが捗るようになったので共有します。
これがあると自分のブログ内のリンクに、こんなふうに↓

はてなブックマーク数をペーストできます!!



はてなブックマーク数をつけるためのスニペット

私はDashというスニペットアプリを使っています。多分10%くらいしか機能のうち使ってないと思うけど。

 

<a href="http://b.hatena.ne.jp/entry/@clipboard"><img src="http://b.hatena.ne.jp/entry/image/@clipboard" alt="hatena bookmark" border="0" /></a>

URLをコピーしたままこのスニペットをペーストすることで、@clipboardのところにURLがはまるようにするといい感じです。

辞書に単語登録とかして手動で設定してもいいんですが、2箇所あるのでURLをいちいちペーストするのも面倒だと思うんですよね。なのでスニペットとして扱うと幸せになれるのかなーって。

これを使うとこんな感じではてなブックマーク数を表示できます。

<a href="http://jp.kumi-log.com/tech/bitcoin/trade-in-india-chennai/" target="_blank">http://jp.kumi-log.com/tech/bitcoin/trade-in-india-chennai/</a><a href="http://b.hatena.ne.jp/entry/jp.kumi-log.com/tech/bitcoin/trade-in-india-chennai/"><img src="http://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://jp.kumi-log.com/tech/bitcoin/trade-in-india-chennai/" alt="hatena bookmark" border="0" /></a>

URLをコピーしてからショートカット(;htbで登録してます)を打つと↑こんな感じで出てきます。Previewで見るとしっかりはてなブックマーク数になっている。

見たまま編集使ってると1回HTML編集に移らなきゃいけないけどね。
特殊キー押しながらペーストとかで、見たまま編集のまま裏側にHTML貼るとか出来るようになったらいいなあ…。


スニペットとは?

一応スニペットの定義も貼っておきますね。
覚えたてのスニペットという言葉を使ってみたかっただけだろうという指摘にはノーコメントです( ´∀`)

いつか使ってるアプリも含めて解説記事も書きたいですが、まあ現状でもぐぐったらたくさん出てくるので…

スニペット(英語: snippet)とは、「断片」という意味である。情報処理の分野ではよく使う短いプログラムコードを統合開発環境から呼び出す機能の事である。 また、呼び出される短いコードの事をスニペットと呼ぶ場合もある。

スニペット – Wikipedia

 

スニペットとは、一般的には「切れ端」「断片」という意味の英語である。IT用語としては、プログラミング言語の中で簡単に切り貼りして再利用できる部分のこと、または、検索エンジンによる検索結果の一部として表示される、Webページの要約文のことである。

プログラムを作成する際には、しばしば、頻繁に利用する同じ記述の繰り返しや、微妙な変更を加えるだけで使うことができそうなパターンに遭遇する。そのようなパターンをスニペットとして登録しておくと、一塊のコードを呼び出して貼り付けることで簡単に記述できるようになる。

スニペットとは – IT用語辞典 Weblio辞書

 検索エンジンに出る要約文もスニペットっていうんだ。それは知らなかった。

はてなブックマーク数が出るとやっぱり記事に説得力も出るので嬉しいですよね。
ぜひ試してみてください〜




はてなブログカスタマイズ 関連記事

ブログ村を再開してみました。
下のバナーをクリックするとカテゴリーランキングに飛び、当ブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ