WordPressの過去記事からアフィリエイトリンクを一括検索して書き換えよう、Booking.com等の張り替えにどーぞ

ブログ村を再開してみました。
下のバナーをクリックするとカテゴリーランキングに飛び、当ブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



こんにちは、くみです。
今回はブロガーさん向けの内容になります。

アフィリエイトは広告なので当然出稿元の都合で終了したりします。
先日も、Booking.comのA8アフィリエイトが終了し、違うプログラムが始まりました。

これ、ほうっておくと紹介したかったページではなく違うサイトに飛んでしまいます。
アフィリエイト報酬が発生しないだけならまだいいのですが、違うサイトに飛ばされてしまうのは読者の方にとって迷惑なので、早く全部貼り替えなればいけません。

大きなサイトさんほど、どのページに貼ってあったかなどの洗い出しが大変なのではないでしょうか。
今回私が使った、検索置換プラグインと正規表現で洗い出す(+置換する)方法を共有します。



アフィリエイトリンク検索・置換のやり方

  1. 正規表現で検索・置換をできるプラグインを入れる
  2. 正規表現で検索をかける
  3. 出てきた結果に基づいてリンクを差し替える

の3ステップです。
(もっと良い方法があればぜひ教えてください〜)

(1) 正規表現で検索・置換できるプラグインを入れる

私は『Search Regex』を使っています。

過去記事を正規表現を使って検索できるお役立ちプラグインです。はてなブログから移行したあと大変役に立ちました…
Search Regexの使い方についてはこのあたりをどうぞ。

この記事では、Search Regexの使い方については特に言及しませんので、上記のような使い方が書いてあるページをよく読んで把握してくださいね!(`・ω・´)

WordPressなら、プラグインを使わなくても、全体データをエクスポートしてテキストベースで検索・置換できるのかな??(よく知らない)
私は全体を一括でいじるのちょっと怖いんですけど。

(2) 正規表現で検索をかける

正規表現を使うにはちょっとコツがあって、

  • 最初と最後を|で囲む
  • ?には\(バックスラッシュ、半角)でエスケープをかける

など…
正規表現を知っている方は問題ないと思うのですが、知らない方のために私が使った検索語を載せておきます。
他のものを調べたい時はドメイン部分を差し替えたら引っかかってくると思います。

もっと細やかな検索をしたい方は適宜ご自分のアフィリエイトリンクを一からいじってみてください。
?をエスケープするのを忘れずに…(本来は.もエスケープ必要なんじゃないかな?と思ったけど、任意の一文字だから結局変わらないのかも…私技術系ではないのでその辺の作法がよく分からないですが)

Booking.comのA8アフィリエイトリンク検索

|http://px.a8.net/svt/ejp\?a8mat=(.*)booking.com(.*)|

AgodaのA8アフィリエイトリンク検索

ついでにAgodaも…(A8アフィリエイトが7/29に終了してたの気づいていませんでした…)

|http://px.a8.net/svt/ejp\?a8mat=(.*)agoda.com(.*)|

今のところValueCommerceで差し替えが必要なことが発生していないのですが、将来もし発生したらその事例もここに追加しますね。

(3) 出てきた結果に基づいてリンクを差し替える

前項で、該当する部分があるとこういう結果が返ってきます。(何も返ってこない人は正規表現の書き方が間違っているかも)

search-regex-result

※ どの辺がASPの機密かわからなくて適当にモザイク入れましたが、ソースコード見たら分かることだから特に機密ではないのかも

これを書き換えていくのですが…

一括置換もできそうだけど

今回、Booking.comはA8内で旧プログラムが終了し、新プログラムが始まりました。

同じA8内だし、これは一括置換でいけそうな法則があるのではないか…?と自分のアフィリエイトリンクを調べてみたところ、Booking.comの旧プログラムと新プログラムだと、以下の太字の部分が異なっている事が分かりました。

<a href="http://px.a8.net/svt/ejp?(プログラム独自の部分、ASID含む)&a8ejpredirect=(プログラム独自の部分)%2Fredirect.php%3Furl%3D(ホテルURL)" target="_blank">(リンクテキスト)</a> <img src="http://www(プログラム独自の部分).a8.net/0.gif?a8mat=(プログラム独自の部分)" alt="" width="1" height="1" border="0" />

だから理論的には、リンク部分は一括置換もかけられそうです。(後ろのgifが参照しているサーバの数字だけが、リンク先によって違うので調べないといけなさそう)

これが私のBooking.com商品リンクです、参考に…(新プログラムでBooking.comのトップに貼ってあります)

ちなみに%2F・%252Fは/のエスケープ、%3A・%253Aは:のエスケープみたいです。

gifの置換がうまくいかないと何の弊害があるのか分かりませんが、ASPとの契約上、ASPが生成したリンクを改変せずに使う事が必須になっていると思います。
なので、一括置換は一旦正しいリンク先に飛ばすための応急処置としてはいいかもしれないけれど、やはりそれで終わりではなくてASPが吐き出す正規のタグを一つ一つ確認していかないといけなさそう。

また、Search Regexによる置換は取り消しができないので、少なくとも今私が書いていることを理解するのが難しい人は、一括置換は止めておいてひとつひとつ貼り直したほうがいいと思います。

Search Regexはどんなふうに置換がされるのかを調べる機能もあるので(Replaceボタンがそうです。Saveしないと実行されません)、Replace & Saveする前に確認をおすすめします。

一つ一つ差し替えていく

こっちが堅実な方法ですね、めんどいけど…

さっきの検索結果に編集へのリンクがあるので、これを開いて一つ一つ直していけます。

search-regex-result2

うううめんどいよう…

 

というわけで、過去記事からアフィリエイトリンクを探して書き換えるためのTipsでした。
役に立ったら、何か私のとこから買ってください、よろしくおねがいしまーす(笑)




ブログ村を再開してみました。
下のバナーをクリックするとカテゴリーランキングに飛び、当ブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ