タイのイオンATMは手数料が無料…ではなかった




こんにちは、くみです。

そろそろ手持ちの日本銀行券が切れてきましたので、今日タイでは初めてATMで海外出金をしました。

事前に調べた情報では、イオンATMを使えば手数料150THBがかからないという事だったのでアソークのTerminal21まで行ってきたのですが…

【事前情報】

 

結果から言うと、手数料150THBかかりました><

 f:id:arfecia:20140310175342j:plain

2013年の情報ではかからなかったとなっているので、最近変わったのかもしれないですね…

とりあえず報告でした。

ちなみに出金限度額は20,000THBでした。
フィリピンは10,000PHPだったので、フィリピンと比べるとだいぶ大きいなあ。

新生銀行を使って20,000THBで67,548JPY引き出されていました。そのまま計算するとレートは2,960になりますね。『タイバーツ満員御礼両替所』では今日のレートは3,142となっていたのでやっぱりかなり違うなあ…

 

私は海外出金に新生銀行とスルガANA銀行のデビットカードを使っています。

手数料はそれぞれ

・新生銀行:手数料 4%(参考:海外サービス – 新生総合口座パワーフレックス | 新生銀行

・スルガANA銀行:210円(税込み)の手数料と海外取引事務手数料3.0%(参考:SURUGA Visaデビットカード|商品・サービス|スルガ銀行ANA支店

なので、出金金額を20,000THBとすると

・新生銀行:手数料800THB

・スルガANA:手数料600THB+210円

となり、スルガANAの方がちょっとお得かも。(未検証ですけど)

 

 

スルガ銀行ANA支店の口座開設はこちらから。ANAマイルを貯めている人におすすめです。




スルガ銀行ANA支店

AUTHORこの記事をかいた人

2014年1月から、仕事しながら海外各都市を移動して暮らしています。世界一周でも海外移住でもなく、ある都市に数週間住む移動ぐらし(ノマド)スタイルが好きです。予算は月5万円以下、拠点はありません。1977年生まれ、海外生活4年め、放浪3年め。 ネットがリアルをつなぐ力とBeing Publicの力を信じています。

OTHERその他の記事(Googleの広告も含みます)