バンコクでミャンマービザ取得。当日・翌日・それ以降で料金が変わります(2016年5月)

ミャンマービザ


ブログ村を再開してみました。
下のバナーをクリックするとカテゴリーランキングに飛び、当ブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 



こんにちは、くみです。
ミャンマーに行くために、バンコクでミャンマービザを取得してきました。

バンコクのミャンマー大使館は街なかにあるので行きやすいし、意外とすんなり取れました。

2016年12月にミャンマービザが値上げされたらしいです!バンコクでは約2倍(1600バーツ)だそう。この記事に掲載されている料金は2016年5月時点のものです。


ミャンマービザ基礎知識

値段は取得する国によって変わるようなので、後ほど私が行った在バンコク・ミャンマー大使館の情報を書きますね。

ミャンマービザの種類

ミャンマーのビザには色々な種類がありますが、外国人が観光で行くなら普通は観光ビザになるでしょう。

  • 観光ビザ
  • 商務ビザ
  • ソーシャルビザ
  • 宗教ビザ
  • 報道・メディアビザ
  • 教育ビザ
  • ワークショップ、セミナー、会議、研究ビザ
  • 国際機関関係者ビザ
  • 外交/公用ビザ
  • 乗務員ビザ
  • 就労ビザ
  • 通過ビザ

以前あった瞑想ビザは2016年から『宗教ビザ』という名前になったらしい。
ソーシャルビザというのは元ミャンマー人で他の国に帰化した人や、ミャンマー人の配偶者・家族になるようです。 

取得にはe-Visaという選択肢も

e-Visaが出現したようです。最近なのかな?

観光ビザは50USD。大使館で発行するよりちょっと高めだけど、時間のない人には良さそう。パスポートも場所取らないですしね〜、ビザはまるまる1ページ使うから…

バンコクでのミャンマービザ取得情報

在バンコク・ミャンマー大使館の場所

最寄り駅はBTSスラサック駅ですが、 BTSチョンノンシー駅やMRTシーロム駅からも歩けなくはない距離だと思う。スラサック駅から徒歩6分、チョンノンシー駅からは徒歩12分、シーロム駅からは徒歩25分です。

バンコクでミャンマービザ取得時に必要なもの

在日本ミャンマー大使館のサイトらしきもの(ドメインが.netなのだがこれは公式なのだろうか…?)
http://www.myanmar-embassy-tokyo.net/visa2016/tourist.htm 

によると、観光ビザの取得に必要な物は

  • パスポート原本(入国時に6か月以上有効期限があること) 
  • 観光ビザ用申請用紙(すべて記入済みのもの)
  • カラー写真1枚(3.5 cm X 4.5 cm/背景-白の無地、最近のもの)
  • 申請者のパスポートコピー(写真のあるページ) 
  • 往復航空券の予約票のコピー
  • 宿泊ホテルもしくは手配先旅行代理店名と住所
  • ミャンマーでの観光予定日程を観光ビザ申請用紙に記入
  • 団体ツアーは手配先旅行代理店からの日程表(全行程)及び代理店が責任を負う旨を明記したものを提出
  • ビザ申請料 3,000円を下記大使館口座へお振込みくださいますようお願い致します。

という事でしたが…

バンコクの大使館では、

  • パスポート(入国時に6か月以上有効期限があること) 
  • パスポートのページのコピー
  • カラー写真2枚
  • ビザ申請料

が必要でした。

申請用紙は現地にあるのでそこで書きます。筆記用具は貸してくれるか分からないので、忘れずに。
パスポートのコピーはその場で3バーツで作ってくれますし、写真も100バーツだったかな?その場で撮ってくれます。(私は同じ写真が2枚なくて、似た感じのを2枚出したら通ってしまいました…いいのかな)

往復航空券のコピーは、私は全く聞かれませんでしたが、心配なら用意していった方がいいかも。
また滞在先はミャンマーに限らずどこの国でもビザを取る時書いている気がするのですが、これは適当なホテルをとればOKです。ホテル名だけでいいと言われて、住所まで書く必要があることは今までなかったけど、まあ念のため住所もメモ。

在バンコクミャンマー大使館でのミャンマー観光ビザの値段

  • 当日発行:1490THB(約4,600円)
  • 翌日発行:1350THB(約4,200円)
  • 3日め以降:800THB(約2,470円)

です。

写真ボケててすまない…(´・ω・`)

  ミャンマービザ料金表

2015年の情報と比べると即日と3日め以降は若干値下げされていて、翌日は値上げされている。謎。


バンコクでのミャンマービザ取得の様子

これがバンコクのミャンマー大使館の入口です。わりと質素な印象。
パスポートコピーや写真は中でやってくれます。 

P 20160516 154630

ビザ申請用紙。父親の名前が必要だったり、宗教が必要だったりというのが今までになかったので驚きました。父親の名前は、もう他界している人でも書くのかな…?関係ないのかな。

ミャンマービザ申請用紙

余談ですけど、こういう申請用紙は大抵英語だし、入国の際の手続きや入国審査の看板も全部英語と他の言語の併記なので、未だに英語を学ぶ必要はないとか英語のネイティブ国にこびるなとかって言われることあるけど、英語が国際的に共通語化している現状をあまり見てないのかなあ…という気持ちになる。日本から出なければそれでいいんだけど。

ビザの出来上がりは、『当日』『翌日』『3日め以降』で選べます。(値段が変わります。値段の欄で説明しますね)
私は特に急いでなかったし、また来やすい場所でもあったので3日め以降にしました。 

無事にビザゲット。
顔写真入りだった!びっくり。
入国する際に、こういうものがいるかもしれないよ、というリストも同時にもらいました。(帰りの航空券とか、入国時に提示は求められなかったけど、あれも多分運かな) 

ミャンマービザ

バンコクのミャンマー大使館近くで時間をつぶす時は…

ビザの申請は9時から受け付けているんですけど受け取りは15時半〜16時半なので、即日受取りでもどこかで時間を潰すことになります。この辺オシャンティーなカフェがいくつかあるので、のんびり過ごしててもいいかも。

この『Feel So Good Cafe』、アメリカーノ40THBとローカル価格で良かったです😃

近くの『(Not Just)Another Cup』も行ったことあるけど、グリーンスムージーが200THB++と結構な良いお値段…(^m^)

お昼はその辺に屋台が出てるだろうから何とでもなるのでは…というローカル思考の私ですが…
確か、『Feel So Good Cafe』や『(Not Just)Another Cup』と同じ並びに外国人向けっぽいオシャンティーなレストランがあったはずなので、そこでもいいかも。

KUMIレストラン!(‘д’)

KUMIレストラン 

バンコクでのミャンマービザ取得に、宿泊はシーロムエリアがおすすめ

日本から来る人は日本で取ってくるのもいいけど、バンコクで取るのも(日程に余裕があれば)安いし簡単なのでおすすめです😃

シーロムエリアから近いので、シーロムに泊まればミャンマービザ取得は楽ですよ。

チョンノンシー駅の並びにも、雰囲気の良さげな新しいゲストハウスがあったな。ドミトリー300THB程度でした。




関連記事

ビザ取得記事

ミャンマーに関する記事

ミャンマービザ