4〜5月はチェンマイがおすすめな理由3つ




こんにちは、くみです。

もう3月に入りましたね。早いですね〜。去年は3月の終わりからラオスに移動して、その後チェンマイに滞在したんですよね。


今年1年の移動ぐらしを振り返って – @kum_i log

私は4〜5月のチェンマイが個人的におすすめです。その理由をあげますね。



 1. 雨が少なく過ごしやすい気候

4〜5月はタイ全土で『暑気』という年で一番暑い時期になります。雨が少ないのは嬉しいのですが、バンコクなんかだと暑すぎるかも。
チェンマイは北部なのでそこまで暑くもないですし(※ 体感には個人差があります)、雨ももちろん少ないです。

去年行った瞑想修行のウェブサイト(http://www.fivethousandyears.org/preparation/ にも、

  • Bring an umbrella, it rains a lot in June until September.
    (6月から9月の間は雨がたくさん降るので傘を持ってきてください)
  • a white scarf or shawl, it is very cold in October until February.
    (10月から2月まではとても寒いので、白いスカーフかショールを持ってきてください)

とあったので、やはり3月から5月にかけてがベストシーズンということなのではないだろうか。(瞑想修行のお寺は山の上にあるので寒くなるようです)

2. タイの正月・ソンクラーン(水かけ祭り)が盛り上がる

タイの奇祭・水かけ祭りソンクラーン!タイのお正月になります。ソンクラーンは4月13日から15日のようです。

去年ちょうどチェンマイ滞在中に出くわしたのですが、この時は普段物静かなチェンマイの街が大変なことになります。
人々がバケツを搭載したトラックで街中を走り回り、そこらへんで水鉄砲による銃撃戦、地元の人だろうが旅人だろうが子供だろうがトゥクトゥクに乗っていようがカメラを持っていようがおかまいなしです。防水装備必死!!絶対電子機器を防水なしで持ち歩いてはいけません。頭からバケツの水を被せられることだってあります。

▼巨大水鉄砲を構えて超いい笑顔
20140412_IMG_7239

▼このような対決がそこらで繰り広げられる
20140413_IMG_7317

▼狂乱具合が伝わるだろうか…

逆に言うと、そういう騒々しいお祭りが好きではない人はこの時期避けたほうがいいんですけど…(笑)
このお祭りを目指して色々な旅行者がタイに来るので、楽しいは楽しいです。
バンコクだと人が多すぎて大変そうなので、チェンマイくらいで楽しむのが私はおすすめです。

3. 5月はライチのシーズン!安くて瑞々しくて美味しい!!

4月下旬から5月にかけてライチのシーズンみたいです。
この時期、野良ライチというのか、町のライチの木から熟れ過ぎたライチが落下していたりして大変です。もったいない…w
スーパーなどでも大変安く、甘くてとても美味しいです。記録がちょっと探せないんだけど、数百グラムの大きなかたまりで数十バーツだったような…食べても食べても減らず一人暮らしなので困った覚えすらあります。

ライチはソンクラーン時期だとちょっと早すぎるかも。
マンゴーの旬も4〜5月らしいので、ぜひカオニャオ・マムアンも楽しんでください( ´∀`)

Untitled

 

長期滞在が出来る人はぜひぜひ4〜5月、チェンマイを候補に入れてみてください♪
短期だけの人も、普通のチェンマイはもちろんおすすめですし、ソンクラーンもある意味おすすめです。

秋のロイクラトンも気になるんですよね。今年は秋に行きたいな。

チェンマイ関連記事はこちら


タイ・チェンマイの生活費と物価(2014年) – @kum_i log


タイ・チェンマイで瞑想修行をしてきました – @kum_i log


5/25・26、チェンマイで野趣あふれるバンガローに宿泊 – @kum_i log


チェンマイでアパートの部屋を借りてみました – @kum_i log


アメージング・チェンマイ(1) – @kum_i log


アメージング・チェンマイ(2) – @kum_i log




 

AUTHORこの記事をかいた人

2014年1月から、仕事しながら海外各都市を移動して暮らしています。世界一周でも海外移住でもなく、ある都市に数週間住む移動ぐらし(ノマド)スタイルが好きです。予算は月5万円以下、拠点はありません。1977年生まれ、海外生活4年め、放浪3年め。 ネットがリアルをつなぐ力とBeing Publicの力を信じています。

OTHERその他の記事(Googleの広告も含みます)