【宿レビュー】衝撃の穴ぐら・Phuc Khanh Hotel(ベトナム・ホーチミン)

ブログ村を再開してみました。
下のバナーをクリックするとカテゴリーランキングに飛び、当ブログのランキングが上がります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


こんにちは、くみです。今日ホーチミンからプノンペンに向かいます。

ホーチミンではPhuc Khanh Hotelというところに泊まりました。
生まれて初めての穴ぐら…もといカプセル!

f:id:arfecia:20141105144137j:plain


 

f:id:arfecia:20141201194720j:plain

現在Agodaで最安値なのでそこそこ混んでいます。

プック カン ホテル – Agoda.com

▼Booking.comはこちら。

Booking.com: Phuc Khanh Hotel , ホーチミン, ベトナム

まずびっくりしたのは部屋の作り。

f:id:arfecia:20141105144119j:plain

あ…穴ぐら!!

こういうの初めて見たのでびっくりしたのですが、男友達に見せたところ「カプセルホテルはこんな感じだよ」という事だったので、男性には見慣れているのかなあ。(日本のカプセルホテルはほぼ男性専用です)

個々のブースの中にちゃんと明かりと電源があり、充電もできます。

f:id:arfecia:20141105144212j:plain

ホテルの情報

基本情報 

  • ホテル名
    Phuc Khanh Hotel 
  • 国・都市
    ベトナム・ホーチミン
  • 場所・立地
    9 Yersin, District 1 – Ben Thanh Market/Ho Chi Minh City/Vietnam
    ▼このあたり。

    ホーチミン1区。ベンタイン市場やブイビエンまで徒歩10分くらいかな?
    周りはベトナム人の店が多く、夜はいくつかの飲食屋台をのぞいて、ひとけがなくなり静まり返ります。飲食店はあるので治安的には大丈夫だとは思うけど…
    デタムやブイビエンあたりの騒々しさに辟易した人(私だ)にはいいかも。
    夜は目の前に麺屋さんと炒め飯の鶏のせ屋台、シントー・ヌックミア屋台が出るのと、すぐ近くに貝やさんや鍋屋さんがあります。またホーチミン名物といえば!の山羊のおっぱい焼肉屋さん通りの近くで歩いていけるので、同じ部屋の人と知り合ってご飯を食べに行く事になったらおっぱい焼き肉おすすめ。
  • 今回の宿泊タイプ
    カプセルルーム
  • 料金
    4.24USD(約500円)

客室内設備

  • ロッカー・セーフティボックス:×(なし)
    カプセルルームの利用客が使える鍵のかかるエリアは全くありません。各自貴重品は身に付ける、持ち歩く、バックパックに鍵をかけるなどの対策が必要。
    個人的にはバックパックは簡単に切り裂けるので、寝る時はともかく、本当に大事なものを入れて外出する気にはならないです…
  • ファン・エアコン:○ファン・エアコンあり
    共通スペースの他、各カプセル内にもファンがあるので、暑がりの人にも大丈夫なんじゃないかなあ。
    私は暑さ耐性がある方なので、大抵大丈夫なんですが。
  • インターネット:○
    最初は不安定だったんですけど、最近は問題なく使えるなあ。改善されたのかしら
  • バスルーム:△
    石鹸とかが個室の流用で小さい容器に入ったものが並べられているだけなので、地味に使いにくい…
    またバスルーム内にゴミ箱がないので、使ったティッシュを手で持って外に運んで捨てなければならず、それがちょっとイヤでしたね :( (ゴミ箱を設置した方がいいと提案したのですが、臭いがするからと却下されました)生理の女性とか入るたびにいちいち自分でゴミ袋を用意しなければならないのでちょっと大変。
    またあまり掃除が行き届いていない印象なので、もうちょっときれいにしてほしいな。
  • ホットシャワー:○
    ちょっと温度は低めですが、問題はなかったです。高温のまま使い続けていると時々自動的にブレーカーが落ちるので注意。(バスルームを出たすぐそこにブレーカーがあるので自分で入れ直せます)
  • タオル:○
    タオルを貸してくれるのはありがたい。
  • 冷蔵庫:×
    共用の冷蔵庫などもありません。フロントで飲料を売っているので、一時的にならそこに入れさせてもらえるかも。

施設設備

  • 洗濯できるか:○
    屋上に干せるようになっているので、スタッフの人に断って使わせてもらいましょう :) 屋根があるので突然のスコールも安心。
  • 共有スペース:△
    ロビーでテレビを見たり食事をしたりは出来ます。カプセルルーム内にもソファがあるんだけど、寝ている人がいたりすると会話をするのはちょっとはばかられる。
  • エレベーター:○
    カプセルルームはグラウンドフロア(日本で言う1階)なんだけど、屋上に行く時5階まではエレベーターで登れます。
  • スタッフ:やさしい
    お母さんっぽい人が、ベトナム語しか喋れないのですが、ベンタイン市場まで歩きで送ってくれたりと優しかったです( ´∀`)
    Agodaコメントなどにもあるとおり、アットホームな印象。
    ただいいレストラン等は知らなかったので、スタッフが変わっているのかも…

私の感想

良かったところ

  • ホーチミンにしては安い。立地もツーリストエリア中心部ではないけど、寝に帰るだけなら悪くはないと思う。
  • よくある2段ベッドドミトリーと比べると、カーテンで隠せる分プライバシーが保たれます。
  • スタッフの人もフレンドリー。
  • 食べるものも周りに多いです(これはホーチミンのツーリストエリア全体そうかもしれないけど)

良くなかったところ

  • 水回りがもうちょっと改善があるといいなあ、掃除とか、石鹸とか…ゴミ箱も小さいし、バスルームの中に欲しい。
  • 上段に登る時、はしご代わりの突起が金属で、裸足で登ると痛いです…
  • カプセルルームの中に、他の客室用の水のボイラーがあって、それが時々うるさい。あとボイラーが時々故障して水浸しになっていたので、下段だとひやひやします。

総括

寝に帰るだけなら十分だと思うけど、トイレに行った後紙を捨てるのがちょっと大変だったり、ボイラーがうるさかったり故障して水が漏れたりと、快適とは言いがたいところもあります。 

首都だと値段が高くなっちゃうのは仕方ないけど、ノマド目的で留まるにはちょっと辛いかなあ。もう1.5USD足してニャチャンでミニホテルのシングルに泊まったほうが色々と快適かも。

 




 

クラウドファンディング中です

支援いただいた方にはジョージア(旧グルジア)から何か送ります!(`・ω・´)