パークベンで一泊|ラオス〜タイ スローボートの旅2|2014年4月ラオス

Sponsored Link

こんにちは、くみです。スローボートの続き。
スローボートは途中でパークベンという小さな町(村?)に停まります。夜通し走るわけじゃないよ。
最後に船でとった動画も載せたので、雰囲気を知りたい方は見てみてください。

ラオスからタイへ、メコン川を2日かけて戻ります|ラオス〜タイ スローボートの旅1|2014年4月ラオス

2014.04.14

フエサイから国境を越えてタイ・チェンコーンで1泊、チェンマイへ|ラオス〜タイ スローボートの旅3

2014.04.16

パークベンの町の様子

▼パークベンのメインストリート。

パークベン メインストリート

ご覧のとおりのどかなところです。

着いた時はもう夕方で、荷物も重いしとても探索する気にならず、朝は朝で出航が早かったので何も見れないのが心残りでした。
宿も意外と良かったし、日程が許すならもう一泊したかった…。
本当に何もなさそうですが、メコン川が見れるだけで気持ちがゆったりする気がします。ビールを飲みながら読書なんて良かっただろうな。残念…

パークベンで泊まった宿

ここの宿に泊まりました。
メインストリート手前の(船が着いたところから左の方の)坂を登ったところにありました。
定価は80,000Kipらしいです。

パークベン、宿の外観

▼部屋の中。無駄にツイン!一人でも安いけど、ふたり旅であったなら激安だったのに…

パークベンの宿

▼この値段でホットシャワー付き!クオリティ高い

ホットシャワーつき!

▼宿のご主人と奥さんっぽい。見た時はびびりましたが、こういうのもいいねえ…

宿のオーナーご夫婦の新婚写真

▼最後のビアラオ。美味しかった。

最後のビアラオ

翌日朝の出港の様子

翌日の出航は確か8時だったかな?(自信がないので、行った時は地元の人に確認してみてください…)
席は早い者勝ちなので1時間位早めに行きました。

▼お寺があるのかな?時間があったら登ってみたかったのだけど。

 謎の階段 

▼旅行者向けにサンドイッチが売っています。宿でも作ってくれるんだけどちょっと高めだった。でも出来が店によってまちまちだし、まあいいかな〜

サンドイッチ売り場 

▼次々と乗船する旅人たち。席は完全早い者勝ちだし、チケットは船の中で買えるしで、「ここで買わないと乗れないこともある」と言っていたルアンパバーンの旅行代理店を信じなくてよかった!事実じゃないことを言われるの困るね。

パークベンの乗船風景 

▼サンドイッチその1。これはメインストリートで買った10,000Kipのもの。

10000Kipのサンドイッチ  

▼サンドイッチその2、宿にお願いしたもの。確か18,000Kipくらいだったような…。上のに比べると野菜多めな気もする。

18000Kipのサンドイッチ

▼他にお水とバナナも買いました。長旅のお弁当というのはどうしてこうも人の心をウキウキさせるのか。

お弁当、お水とバナナ

▼ひたすらゆったりと川を進みます。(スピードは結構速いんだけどね)

ゆったりと川を進む 川!

▼隣の欧米人(フランスかな?)との脚の長さの差…まあ男性ですけど…
狭そうでした。こんな時に短足は便利!v(‘∇’)v イェイ

足の長さの違い 川の様子 川の様子 川の様子

▼日が沈みかける川は美しいね。そろそろ下船です。もっと乗っていたかったなあ。

夕暮れ時の川  

少しですが動画も撮りました。スローボートの雰囲気伝わるかな?

▼船内を映した動画。

▼水面をひたすら映した動画。

さて、次はフエサイ(ファイサーイ)に着いてからチェンコーンまで移動します。
次回:スローボート3・フエサイ〜チェンコーン


関連記事

ラオスの記事

このカテゴリーにあります>Category: 東南アジア:ラオス - Kumi-Log

2014年のラオス旅行はこちらのタグから見れます:Tag: [2014.04 ラオス旅行] – Kumi-Log

宿・ホテル・ゲストハウスの関連記事

各地の宿泊関係の記事、実際に泊まってみた感想などはこちらにあります。

宿泊知識関係はこんな記事があるよ。

投げ銭設定してます、Kumi-Logの記事が役に立ちましたらぜひお願いします♪ または
▲宛先は info★kumi-log.com でお願いします!
(★をアットマークに)