友達とお弟子さんに、タロットカードで占ってもらいました



こんにちは、くみです。

ベトナムでひさしぶりにお会いしたお友達が占いができるらしく、友達とそのお弟子さんに仕事関係と人間関係をタロットカードで占って頂きました。
ちょ…そんな身近に占い師がいるなんて…!!



タロットカードとはなんぞや

私もリアル中二病の時に買ったりしました、タロットカード。

なんか『大アルカナ』とか『ケルト十字』とか用語が不必要にかっこいいんですよね。中二病魂がうずきます。 Wikipediaによると、

タロット(Tarot)、あるいはタロットカードは遊戯や占い(タロット占い)などに使用されるカードのこと。78枚1組がもっとも一般的で、その内訳は1から10までの数札、4枚の人物札をスートとした4スート56枚の小アルカナと、寓意画が描かれた22枚の大アルカナである。 タロット – Wikipedia

という事で、トランプカードの由来とも言われているそうです。(確定ではなく、諸説分かれているよう) 大アルカナのカードはJoJo第三部を読んでいる人にはおなじみですよね。

 

物語としては面白かったけど、第二部好きとしてはジョセフが老いて出てきたのはショックでしたね…。波紋で若々しさを保てるんじゃないのかよ。リサリサ先生の若さは一体…
いやジョジョの昔話はどうでもいいんです。今回はタロットについて書くんです。

タロットカードの持つ大まかな意味

友達に簡単なタロット講座を開いてもらう。

f:id:arfecia:20141204140059j:plain

大アルカナ(Major Arcana / Greater Arcana)は22枚。強い意味があるそうです。
小アルカナ(Minor Arcana / Lesser Arcana)は4種類×14枚の56枚。
コイン(ペンタクル)、ワンズ、カップ、ソードがあり、それぞれ『ストックされたもの(物質)、財産』、『技能・仕事』、『心・感情』、『課題』を表すのだとか。

大アルカナも小アルカナも、小さい数字から始まって、10枚でそれぞれストーリーをなすそうです。
また絵柄に描かれたひとつひとつのシンボルに意味があるんだとか。

さて、友達には仕事関係。そのお弟子さんには人間関係を占って頂きました。
(※ 日本語版に個別のカードの解説がなかったので、英語版のWikipediaにそれぞれのカードがリンクしています)

仕事関係を占ってもらった結果

f:id:arfecia:20141204141447j:plain

これは…ケルト十字というやつなのだろうか?

出たカード

  1. 問題の焦点:ワンドの5(逆位置)
  2. 対応策や今後の障害:カップの5(正位置)
  3. 現状認識や願望:ワンドの9(逆位置)
  4. 過去の状況や出来事:コインの8(正位置)
  5. 潜在意識や不安:コインの5(正位置)
  6. 未来の状況や出来事:カップの6(正位置)
  7. 質問者の姿勢:カップの2(逆位置)
  8. 周囲の反応や気持ち:カップのクイーン(逆位置)
  9. 願望や不安:ワンドのクイーン(逆位置)
  10. 最終結果:コインの4(逆位置)

【追加カード】

ちょ…なんか全体的に暗いんですけど!ww みんな俯いてるんだけど!

特徴

  • 大アルカナが一枚もない
  • ソードが一枚もない(追加で引いてやっと出た)

というのは、今回の結果の特徴として目を引くみたいです。
つまり…あまり大きな事も起こらないし…課題に向かって頑張ってる感じもしないということなのだろうか…?

解釈

  1. 問題の焦点:ワンドの5(逆位置)
    5人の若者が争っています。 不安や争い、不一致を象徴するカードのようです。人と対立したり、裏切りにあったりも。
  2. 対応策や今後の障害:カップの5
    (正位置)3つのカップが倒れてこぼれてしまって、悲しそうにしていますね…(´・ω・`) 失望しているようなんですが、後ろを振り返ればまだ2つあるんです。なので考えているより状況は悪くないはずなんだけど、それが見えていなくて落ち込んでいるようです。
  3. 現状認識や願望:ワンドの9
    (逆位置)たくさんの杖に行く手を阻まれているようです。 今後について八方ふさがりのような認識です。
  4. 過去の状況や出来事:コインの8
    (正位置)なんかコインを彫っていますね。もう8つもできている。 地道な努力に対して成果が着実に見えてきたという事を示しているようです。
  5. 潜在意識や不安:コインの5
    (正位置)これは貧乏とか貧困を指すみたいwwwわははすみませんwww
  6. 未来の状況や出来事:カップの6
    (正位置)これは郷愁や子供の頃の無垢さを表すようです。昔がらみで何かあるのかな。何か懐かしく思うこと…なんだろ…うーむ
  7. 質問者の姿勢:カップの2
    (逆位置)カップは感情を司るらしいのですが、安定している2の逆位置なので、何か排他的で不健全な関係だったり、別離だったりを表すよう。
  8. 周囲の反応や気持ち:カップのクイーン
    (逆位置)お局様的なカードのようです。うむむ
  9. 願望や不安:ワンドのクイーン
    (逆位置)気持ちが落ち着かず、感情的に不安定だったりする。
  10. 最終結果:コインの4
    (逆位置)コインを足で踏んでいる。浪費や見込み違い、交渉の失敗を表すそうです><

【追加カード】

  • ワンドの7(逆位置) 戦っている人。疲労や困難、あきらめを表すようだ。
  • ソードの1(正位置) 勇ましい感じ、始まりの1です。課題に向かって積極的になっていくという暗示。

ちょっと解釈を全て覚えていないのですが…

  • 裏切られたりしている
  • 希望が見えていない
  • 貧乏
  • お局様
  • 気持ちが不安定

こんな感じのワードが心に残りました(´・ω・`)
うーむ…全体的に疲労感漂うカードばかりですね…。

謎なのがカップの6で、これは全体的な流れとあまり関係ないように見えます。
昔がらみで何かあるのだろうか?

次は人間関係をお弟子さんに占ってもらいました。始めたばかりだけど筋がいいらしい。

人間関係の結果

出たカード

  1. 過去:ソードの4(逆位置)
  2. 現在:コインの1(正位置)
  3. 未来:ソードのナイト(正位置)
  4. 願望:サン(正位置)
  5. 環境:カップの1(正位置)
  6. アドバイス:ハーミット(正位置)
  7. 結論:カップの6(逆位置)
f:id:arfecia:20141209221026j:plain

おお。仕事関係と違って、心なしか晴れやかなカードが多い気がします。
またカップの6が出た…!なんやねん…!

友達は同じカードが何回も出ることはそんなに珍しくないと言っていましたが、普通に考えたら同じカードが2回出るのは、出る場所を考えなければ7/78×7/78=49/6,084(約1/120)ですよね…?

出たカードの解釈

  1. 過去:ソードの4
    (逆位置) 休んでいるのですが、頭上に剣があって落ち着かなさそう。気が休まっていない感じのようです。
  2. 現在:コインの1
    (正位置) 1というのは始まりなのだそうです。これから人間関係が始まっていく、悪くないカードなのだそう。
  3. 未来:ソードのナイト
    (正位置) 果敢に攻めていく感じですね。自信を持って色々と勝ち取っていくイメージ。
  4. 願望:サン
    (正位置) これは赤ん坊が象徴する通り、無邪気さを表すのだそうです。願望にあるから、人間関係では無邪気でいたいという願望を表しているのかも、と。 確かにそうですね、私人間関係では無邪気でいたいです。裏表を作るとか、めんどくさいし、本質的じゃないと思うので…。本質だけで付き合えるなら無邪気でいられると思うんだけど、人間関係は相手次第のところもあるのが難しいですね…
  5. 環境:カップの1(正位置)
    カップは感情を表すので、人間関係についての占いでカップの1が出るというのはとても良いことなのだそうです。よかったー。 今の環境はとても良くなってきているのだそう。カップから溢れ落ちる水や周りの水滴は人の情を表しているのだそうで、周りの人の情にも恵まれているようです。
  6. アドバイス:ハーミット(正位置)
    大アルカナ。ジョセフですね!(やかましいわ) 手に持つランタンはインスピレーションを表しているのだそう。 悪い人がだますかもしれないので、思慮深く気をつけるようにという忠告のようです。 問題は人に話して大勢で解決するのではなく、隠者(ハーミット)のように一人で考えて解決したほうが良いらしい。うーん私向きのカード…(´・ω・`)
  7. 結論:カップの6(逆位置)
    また出たこのカード! 昔は良かったと解釈されたのですが、東京時代はともかくそれより前の昔、悪い思い出はいくつも出てくるのだけど、良い思い出はほとんどないんですよね…。なのでぴんとこなかったのですが、「もしかしたら他人の環境(家庭とか)を羨んだり、こういう状況があったらって願ったりして過去にとらわれたりということではないか」という解釈を提示されて、それはしっくりきました。今でも、親と子が仲いい人のツイートとか見るたびにちょっと羨ましくて、気持ちが少し重くなるので…。

最後のはやはりよくわからないですが、全体的によい感じのようです。
新しく人間関係にも色々と恵まれて、さあがんばるぞーという感じでしょうか。

一つハーミットだけ忠告として出ているので、完全に無邪気に生きるのではなく物事に対峙するための思慮深さも保ちつつ人間関係を構築していけたら、という感じなのかなー。

タロットカード面白いですね〜。気持ちが不安定だとちょっと落着きます。対人だと人生相談やカウンセリング、コンサルティングの面が大きいんだろうな。

Kumi-Logの更新情報をメールなどで受け取れます!こちらをどうぞ。