[近況報告] ビエンチャンに帰ってきました、歯が痛む

Sponsored Link

こんにちは、くみです。
最近ブログの毎日更新を心がけてて、今日も頑張って書こうと思ったのですが、
今日の午前3時頃に急に歯が痛み始めて目が覚めました。


痛みって疲れるんですね。
ビエンチャンではあと数日しかいられないのでレビューのために毎日宿を変えようと思っているんですが、
今日は両替のためにタラート・サオに行くのと宿替えで精一杯で、
ブログ記事を新しく書くのがちょっとつらい状態です。
新しい宿に着いてからずっと横になってしまいました。

痛む歯は、昨年日本に一時帰国した時に那覇の歯医者でしっかり治したはずのところなんですが
日本を出たくらいから違和感があって、あまり治ってなかったっぽくて(物を噛むと痛んだりとか)
でもいつも痛いってわけじゃないし、と放置していたらついに来てしまった。

歯医者さんって腕の差があるからほんと選ぶのが難しいですよね…。
ビエンチャンやノーンカーイで歯医者に行く勇気がないので、
チェンマイまでなんとか引き伸ばしてみようと思っています。
チェンマイならExpat(移住者)も多いから、きっと腕が良くて英語が喋れる歯医者がいるはず。

こういう時に良い医者がいないか訊くと必ず『日本語を喋れる医者』をまず紹介されるのですが、
日本語話さなくていいので、腕のいい医者が知りたいです。
(今のところGoogle Mapsから候補を探しています。FacebookのExpat Groupで訊くのもいいのかも)

今はビエンチャンなんですけど、もうすぐノーンカーイに移って、ウドンタニからチェンマイに飛ぶ予定です。
北タイでは、2014年からずっと気になってたパーイに行ってみようと思っています。あと余裕があればチェンラーイ。観光にあまり興味が無いので白い寺は行くかどうかわかりませんけど。

手持ちのパラセタモールを全部飲んじゃいそうなので、明日はビエンチャンの薬局で歯痛に効く薬を買いに行きます。
(東南アジアはどこでもパラセタモール売ってますね。タイだとセブンイレブンで気軽に買えます。今ググったらパラセタモール(アセトアミノフェン)は効き目が柔らかく炎症にはあまり向かないので歯痛には向かないらしいけど… イブプロフェン全部使い切っちゃったんだよなあ)
今日は、テレビでウズベキスタンのことをやるらしいので本当はずっと寝かせちゃっていたウズベキスタンのことを書こうと思っていたんだけど… 明日痛みが収まっていたら書けるかな。
自分に甘いので、この近況報告も一応更新にカウントしておこう。
今日夕ご飯を食べるかも悩むところだけど、出来たらおいしいものを食べて、ゆっくり休みます。
薬草サウナにすごく行きたかったんだけど、歯痛の時は体を温めるのはやめた方がいいね。アルコールもですね。


 

投げ銭設定してます、Kumi-Logの記事が役に立ちましたらぜひお願いします♪ または
▲宛先は info★kumi-log.com でお願いします!
(★をアットマークに)