日本での準備、マクタン・セブ空港に着いてから授業が始まるまで役立つTipsをまとめました。留学生活が始まるよ〜|フィリピン・サウスピーク英語留学記

【近況報告】タイ・バンコクからカンボジア・シェムリアップに移動しました。しばらく溜まっているアウトプットに専念します。VALUやCAMPFIREのリターンが遅れているので頑張らなくては…(´Д`;)


こんにちは、くみです。
いよいよフィリピン・セブの語学学校サウスピークでの留学生活が始まりました!

この記事では、日本での準備、マクタン・セブ空港に着いてから学校の寮に到着し、生活の準備をして最初の授業を受けるまでの様子を説明します。
留学を検討する参考にしていただければと思います!

(PHP:フィリピンペソ。2017年5月現在、PHP1≒2.29円です)

この記事は『ブロガー向け・サウスピーク無料留学企画』により語学学校サウスピーク様に約1ヶ月の無料留学を提供いただき、書いています。



日本から持ってきた方が良いもの

これは持ってこよう

私が既に東南アジアの生活にかなり慣れきってしまっているので、これなかなかリストアップするのが難しいのですが…!!(´Д`;)
学習用のウォークマンなど、学校から持ってくるように言われるものは省略しています。

  • のど飴
    大体の東南アジアの国で売っていますし、フィリピンでももちろん売っているのですが、海外生活が初めてという人は何を買っていいか分からないですよね。日本のものと味も違うし。発音レッスンでガンガンのどを酷使するので、のど飴はたくさん持ってきて損をすることはありません。

  • コーヒー
    飲める人は眠気防止に。私の場合、最初のうちは疲れて1日の途中で非常に眠くなってしまってたので、コーヒーはっすでした。
    これも同様にフィリピンでもインスタントコーヒーは売っているので、現地化出来る人(って言ってもメーカーは外資なんでそこまで味変わらないと思うけど)はわざわざ持ってこなくていいです。
    ドリップコーヒーはこちらで買うとむしろ高いので、こだわりがある人は預け手荷物が許す限り持ってきたほうがいいかも。(フィリピンで勤め始めた時、日本からコーヒー通販のブルックスのドリップコーヒーを大量に持ち込んで、周りの人にも配って感謝されたりしたなー。懐かしい…)
    ちなみにお湯はウォーターサーバーでいつでも手に入ります。
  • タオル
    これは5年前の記憶でちょっと恐縮なのですが、あまり品質の良いタオルがこちらでは手に入らなくて、値段も高くて困った記憶があります。今回もハンドタオルくらいの大きさのものしか持ってきていないので、探してみようとは思ってるんだけど…
    ちょっとなくしちゃって今は持っていないんだけど、スイムタオルもミニマリストや旅人系の人にはおすすめです。

  • 文房具
    ペンや付箋など。やはり日本のペンは品質が良いです。私はJETSTREAM3&1 0.7を愛用しています、3色はもちろんシャープペンシルまで1本にまとまっていて便利。(Pくん欲しいものリストから贈ってくれてありがとう〜)
    ノートなんかはそんなに悪くないものが売っているのでこちらで買っても良いかも。
    付箋はどうかなあ。今週末買ってこようと思います。
    ちなみにEOP校の近くであればRobinson Fuenteの中に文房具屋さんがあります。タクシーでもいいのであればAyala mallやSM mallにあるNational Bookstoreがいいかな。

  • ダイヤル式南京錠:
    ちょっとしたものをロックしたり。普段持ち歩くカバンもこれでロックできるものなら街歩きも安心。

シャンプーやボディーソープなどは外資のメーカーの製品が普通にスーパーマーケットなどで売っているので、ご自分の肌と相談して持ってくるといいと思います。

食べ物関係は他にもふりかけを持ってきている人をよく見ますが、フィリピンのお米って日本とかなり食感が違うので、日本の感覚で使うとちょっとがっかりしちゃうのではないかなあ…。 
↑持ってきている人に聞いたところ、ふりかけはかなり助けになっているようです。
インスタント味噌汁とかもいいですね。

男性はシェーバーが、日本のものが性能が良いって言っていました。なるほど。

他にも周りの留学生の人達に聞いてみて、付け足すものがあれば追記しますね。

これは持ってこなくて大丈夫

  • 日本米
    寮では学生が使えるキッチンはないので、お米を持ってきても炊けません。部屋で炊いたら同室の人の迷惑になりそう…
  • コンタクトレンズ保存液
    日本みたいに店頭に置いてなくて最初は見つからずにビビるかもしれませんが、薬局などで聞くと奥から出してくれます。(陳列できない法律になっているのかなあ)
    ちなみにレニューの355mlがWatsonsでPHP310(今のレートで約706円)です。
    英語ではContact lenses solutionといいます。
  • 洗濯洗剤
    寮では洗濯を外注できますし、手洗いの場合も小さなサイズの洗剤がコンビニに売っています。
  • 消毒用のアルコールやサニタイザー
    フィリピン人は消毒用アルコールで手をきれいにするのが好きなので、コンビニやスーパーマーケット・ドラッグストア等いろんな所でエチルアルコールやイソプロピルアルコールが売っています。
    参考:消毒用アルコール暮らしのガイド | フィリピンプライマー
    ちなみにこのページに『タガログ語での発音は、「アルコホール」!(笑)』って書いてあるけど、”アルコホル(ælkəh`ɔːl / alkəhɒl)”って英語発音じゃない?アルコールって発音するの日本人しかまだ見た事ないです
  • 延長コード
    寮で一人一本貸してもらえます。フィリピンの電気は不安定なので、過電流や雷サージ保護付きのアダプタはあってもいいかもしれない。

マクタン・セブ空港に着いたら

無料SIMをゲットしよう

別記事に書きましたが、空港に着いたら慌てずにブースで配られている無料SIMをゲットしましょう!(私は迎えを待たせていると思って慌ててしまいました)

あ、あと空港でもWi-Fiが使えます。

プリペイドSIMは、日本ではスタンダードなポストペイドSIM(料金後払い制度のもの)と違って最初SIMだけでは通話や通信はできなくて、お金をロード(≒チャージ、トップアップ)して料金残高やデータ残量を使って通話や通信を行う事になります。
今回周りの人にSIMのことを色々聞かれて、やはり日本にいるとプリペイドSIMの基本的な知識の理解が難しいみたいなので、このへんは改めて丁寧に書いた方がいいんだろうなあ。

もらったSIMにお金をロード(Load)して使おう

SIMにお金を追加することをフィリピンではロードと言います。この辺は言い方が国によって違っていて、タイではトップアップと言います。チャージと言う国もあった。どこだっけ。

もらったSIMはあらかじめいくらかロードされている可能性もありますが、さらに使いたい場合は自分で追加のお金をSIMにロードし、それを使ってデータパックを申し込んだり電話をしたりすることになります。
私のもらったSmart無料SIMは、最初から無料で300MB使えるSIMでした。それ以上使いたい場合はお金をロードすることになります。

ロードできる場所はコンビニや携帯キャリアのショップ、ショッピングモールなどです。ショッピングモールではコンシェルジュやインフォメーションに聞いてみてください。

フィリピンプリペイドSIMで使えるデータプランの例

1ヶ月滞在で使えるデータプラン、Smartはこんな感じです。

  • GigaSurf ​799:P​799/ 30 days ​4.5 GB
  • GigaSurf 499:P499/ 30 days 3.5 GB
  • GigaSurf 299:P299/ 30 days 2 GB
  • GigaSurf 99:P99/ 7 days 1.5 GB
  • SurfMax 999:P999/ 30 days

詳しくはフィリピンSIMの説明ページをどうぞ。

[フィリピン・SIM]プリペイドのデータプランが1週間1.5GBで100ペソ≒約225円(2017年) – Kumi-Log

SurfMaxは高速で使えるデータ量の1日のリミット(800MBとか)があるらしい。ちょっと詐欺ではないかね…?
私はGigaSurf 99を申し込みました。

サウスピークスタッフのお迎えで、空港から寮までは安心

空港についてからも、サウスピークはスタッフが迎えに来てくれるので安心です。(空港からセブシティまでのミニバスがP25で出来たと聞いたのでちょっと気になりますが)
到着が少し遅れて、外に出れたのが伝えていた到着時間から30分以上後になってしまったのですが、それでも待っていてもらえました。

私はAir Asiaの変更のせいで日曜到着予定が土曜到着になったのですが、それでも対応していただけました。ただレギュラーサービスではないようなので、もし日曜以外に着く事になったら問い合わせをしてみてください。


フィリピンペソの入手・両替やATMなど

日本では絶対に両替してこないでください!
DO NOT exchange your Japanese Yen to Philippines Pesos in Japan! Never!!

大事なことなので英語でも言いました。
日本で両替をするとレートがかなり悪いんです。お金が余っている人は別にしてきてもいいと思いますけど…
初日はお迎えに来てもらえるし、あとは寮に泊まるだけで別にフィリピンペソを使う予定はないので持ってなくても大丈夫です。もし心配ならセブ・マクタン空港で少し両替できます。

ちなみにEOP校では近くのRobinson CyberGateの中の両替を勧められます。
私が行った時はそこのレートは10,000円が4,360ペソで、もっと高いところがあるんじゃないかと思ってちょっと回ってみましたが、近所の路面店が4,380ペソ(ちょっと高い)、Ayala Mallのコンシェルジュ近くの両替が4,330ペソ(悪くてショック)、同じくAyala MallのRustan’s Supermarket近くの両替が4,380ペソ(ちょっと高い)という感じでした。
路面店は治安の心配もあると思うし、用事がなければAyalaまで行く必要はない(交通費かかるし)のでやはり留学生にとってはCyberGateがベストチョイスなのだと納得しました。

ATMを使いたいという人、新生銀行など対応している銀行やクレジットカードを使ってATMでも現金は入手できますが、銀行の口座から引き落とす時はフィリピンは確かなかなか手数料が高かったのでご注意ください。確か一回で最大PHP10,000しか降ろせないのに手数料がPHP200かかるとかそんな感じじゃなかったっけ。これは東南アジアの国々の中でも手数料が高い方です。
また、カードが飲み込まれるような事故にはご注意ください。私はマニラで一回フィリピンの銀行のカードが飲み込まれました。フィリピンのカードだからすぐ再発行できて良かったけど、日本のクレジットカードとかだと痛いよね。

サウスピークEOP校の周りの商業施設

私が今回入る校舎はEnglish Only Policy(以下EOP)校といって、英語しか喋っちゃダメなルールの校舎です。(サウスピークの自社媒体では『日本語禁止校』と表記されています。)
英語初心者だと日常生活が困難になるので、TOEIC600点以上であれば入れるという決まりになっています。(サウスピークには他にもオリジナル校とプレミアム校があり、そちらでは日本語を喋ることが出来ます。)

EOP校の近くのレストランやお店などはこちらの記事にまとめましたので、ごらんください。

その中からいくつか紹介しますね。

  • セブンイレブン
    みんな大好きセブンイレブン。ここでビールを買っても寮にはアルコール類は一切持ち込めないのが辛いところです。国ごとのセブンイレブンの違いを楽しんでみると楽しいです。プリペイドSIMのロードカードなども売ってもらえますが、SIMは在庫を切らすことが多いみたいで、あるかどうかは結構運ですね。
  • Robinson CyberGate & Robinson Fuente(デパート)
    Robinsonというデパートがあります。札幌やバンコクにあるのと同じ系列なのかな?
    CyberGateの方には色んなレストランが入っているのと、その名の通り2階には細々とデジモノを売っているお店などがあります。名前を変えるタイミングを完全に逃したんだろうなと思われる、あのフィリピンのデジモノチェーン店『CD−R KING』も入っています。住んでた時Bluetoothスピーカーとか買ったなあ〜。
    Fuenteの方は文房具店があるのと、地下に大きめのスーパーマーケットがあってトイレットペーパーなどの必需品はそこで買えます。(トイレットペーパーは自分で用意する決まりになっています)
    両替はどちらにもあります。私が行った時は同じレートだった。
  • NUAT THAI(マッサージ)
    みんな大好き、というか私が大好きNUAT THAI!!
    ええと、チェーン系のマッサージ店です。多分フランチャイズだと思うんだけど。
    EOP校の近くには3店舗あります。(場所は上記のMy Mapsでご確認ください)
    大きく分けてタイマッサージかスウェーディッシュマッサージ(オイルマッサージ)で、タイマッサージは1時間大体PHP200(約458円)、スウェーディッシュマッサージはP300(約687円)。チップの相場はPHP200のコースならPHP20(約46円)、感激具合によって積んであげてください。
    フィリピンに住んでいた時は毎週のように行っていました。今回来てからも2回行ったのですが、どちらもなかなか満足できて良かったです。上手だよな…

あとレストランが色々ありますね。基本的に寮では毎日ご飯が3食出るので外食をする必要はあまりないのですが、気分転換したい時などはいいですよね。せっかくフィリピンに来たんだからみんなフィリピン料理も食べてみたいだろうし。
5年前と違って外資系チェーンではないカフェも増えているようです。

EOP校からは結構遠いですけど、マンダウエ市には温浴施設もあります、5年前来た時には男性しか入れなかったんですけど…女性が入れるところ出来てないかなあ…。

部屋は2人部屋(本来は3人部屋)でした

私の部屋は3人部屋で、今のところ2人で使っています。エレベーターなしの5階なので、いい運動になる…。男性の方が多くて男女比が4:1くらいらしく、男性はもうちょっと人数の多い部屋もあるみたい。
部屋の中には2段ベッドと机、椅子、クローゼット、エアコン、それとトイレ&バスルームがあります。さすがの温水シャワーや…。ベッドはふかふかしていて寝心地がよく、目隠しのカーテンもあるので他人のことが気にならずに眠れます(私はどんな環境でもある程度眠れるのであまりあてにならないけど…)

授業が始まる前にオリエンテーションを受ける

月曜日の朝ごはんのあと、授業が始まるまでの間にオリエンテーションがあります。
セブの治安や気をつけることなどの分かりやすいビデオレクチャーもあるので、海外が初めての人も安心です。

この項は後でオリエンテーションの書類を見直して追記するかもしれない(´Д`;)
あっ、みんなの前で英語で自己紹介することになります。
オリエンテーションの前(録音された)・オリエンテーション中・ランチタイムと3回自己紹介タイムがありました。1分間程度である程度話すことを決めておくと良いかも。

さて、いよいよ次回から授業のことについて書きます!
こてんぱんに打ちのめされましたょ。。。(´Д`;)




関連記事

2017年フィリピン・サウスピーク英語留学

 

英語学習の記事

Category: 英語

英語学習について

英語を日本国内・独学1年でTOEIC500点台から800点超まで上げた私がやった学習内容|私の英語習得の歩み(3)

2016.01.02

自分の英語学習の状況はスキル4象限+ベース2で分析できる

2012.07.10

なぜ学習する言語が英語なのか

2014.09.15

オンライン英会話(Skype英会話)

無料体験のあるオンライン英会話まとめ

2017.04.03

英語学習サービス・アプリその他

オンライン上の英語の記事(アーティクル)をKindleで読む

2015.01.07

英語:自分のレベルに合った洋書を、Lexile指数を元にAmazonで選んでKindleで読もう

2015.01.03

私の英語力の歴史・記録

語学は上達する。だから大丈夫

2015.06.25

生まれたきっかけからモチベーションを育てる|私の英語習得の歩み(2)

2015.01.14

私の英語使えなかった歴史|私の英語習得の歩み(1)

2015.01.13

TOEIC、900点いかなかった、、、><

2014.03.20

タイ・バンコクでTOEICを受けてきたよ(2014年)

2014.03.19

インタビュー

国際社会で活躍する人間になるために!留学支援・海外情報アドバイザーの荒木さんにお話を伺ってきました(後編)

2016.03.19

『挫折感のある人』こそ海外へ。留学支援・海外情報アドバイザーの荒木さんにお話を伺ってきました(前編)

2016.03.13

Kumi-Logの更新情報をメールなどで受け取れます!こちらをどうぞ。