【宿レビュー】3ドルの安宿・Vibol Happy House(カンボジア・プノンペン)




こんにちは、くみです。
プノンペンで泊まった宿のレビューです。
今回泊まったのは、オールド・マーケット・ナイトマーケット近くのVibol Happy Houseです。特筆すべきはドミトリー3USDの安さ、おそらくネット上では一番安い。にも関わらず、なぜか空いていたのですが…。
f:id:arfecia:20141209044327j:plain


Expedia.comで3ドルで予約しました。宿にDorm 3USDと書いてあったので、直接行って現金払いでもその値段で泊まれます。。

Agodaだと4ドル。ビボル ハッピー ハウス – Agoda.com

日本のExpediaでは税抜300円、税込360円程度ですね。→ Expedia.co.jp  Vibol Happy House

ホテルの情報

基本情報 

  • ホテル名
    Vibol Happy House
  • 国・都市
    カンボジア・プノンペン
  • 場所・立地
    11Eo street5(Angkor), リバーフロント, プノンペン, カンボジア
    ▼このあたり。西側です。

    ジャイアント・アイビス・バス・ターミナルやナイトマーケットのそばで川からも近いので、場所はいいのではないかと思うんですが…
    周りにあまり美味しい食べ物やさんはありませんでした。徒歩1分の距離にKIWI MARTというWi-Fiつき24時間ミニマートがあるので、買い物には困りません。 f:id:arfecia:20141209051117j:plain
  • 今回の宿泊タイプ
    ドミトリー(二段ベッド)
  • 料金
    3.00USD(約360円)

客室内設備

  • ロッカー・セーフティボックス:×(なし)
    自分で管理しなければいけません。プノンペン持ち歩くのも怖いのでちょっとつらい。
  • ファン・エアコン:△ファンあり・エアコンなし
    ファンがあったので私は大丈夫でしたが、暑さに弱い人には辛いかも。
  • インターネット:○
    時々切れますが、そんなに問題無いです。
  • バスルーム:△
    結構使いにくい感じでした。普通の日本人なら厳しいかな…
  • ホットシャワー:×(なし)
    久しぶりの水シャワーです!まあこの値段では期待できまい。
  • タオル:×
    タオルの貸出もありません。
  • 冷蔵庫:△
    宿用の冷蔵庫があったのですが、開けてみたらとても汚くて、何かを入れる気にはなりませんでした。冷蔵庫にかぎらず、この宿は全般的に掃除がされておらずきれいではないです。流しに食器が溜まっていて(私がいる間ずっとだった)虫がわいていたりとか(;´Д`)

施設設備

  • 洗濯できるか:△
    干すスペースはないので、ロープなどで工夫してベッドに干すしか無いですね。
    バスルームも洗面所とシャワーだけで他の蛇口がないので、洗いにくそう。
  • 共有スペース:△
    ロビーでかろうじて座れるエリアがある。しかしテーブルなども汚い。また通りに面しているので、ラップトップを使っている時もし急にバイクが乗り込んできて、ラップトップを奪って逃げたら…なんて想像してしまいました(>_<) 宿の人はいるにはいるんですけど。
  • エレベーター:×
    階段のみですが、全二階なので問題はない。
  • スタッフ:やさしい
    スタッフの感じはいいです。オーナーは聞けば色々教えてくれます。シアヌークビルまでのバスチケットも6ドルと安かった(おそらく底値は5ドルではないかと思うんだけど、ネット上では9ドルで買った人もいたので6ドルは多分良心的ではないか)

私の感想

良かったところ

  • とにかく安い。節約したい方に。
  • スタッフやオーナーが信用できる感じ。

良くなかったところ

  • 全体的に汚かった。もう少し掃除をした方がいいのでは…
  • 立地はいいのだけど、治安の悪さも感じたので次回は他のエリアを試してみたい。
  • 1階と2階にそれぞれ部屋があるのですが、1階の部屋は換気が悪いせいか変な臭いがこもっていました。
  • Female Dormで予約したのに、最後の日男性と相部屋になった。

総括

まあ、とにかく節約のためですよね。あとスタッフも感じがいいので、清潔感のあたりに耐えられるのであれば。
だけど治安がちょっと不安なのですよね。プノンペン全体がそうなのか、今回の宿の周りがそうなのか分からないのですが…。ナイトマーケットも近いし、観光地どまんなかなので普通の常識で考えたら治安は悪くないはずなんですけど。

 




 

AUTHORこの記事をかいた人

2014年1月から、仕事しながら海外各都市を移動して暮らしています。世界一周でも海外移住でもなく、ある都市に数週間住む移動ぐらし(ノマド)スタイルが好きです。予算は月5万円以下、拠点はありません。1977年生まれ、海外生活4年め、放浪3年め。 ネットがリアルをつなぐ力とBeing Publicの力を信じています。

OTHERその他の記事(Googleの広告も含みます)