久しぶりに名刺を自作しています




こんにちは、くみです。

この間のDigital Nomad Meetingでも感じたのですが、やはり個人名刺はあった方がいいなあと思い、今週人に会う予定がいくつかある事もあって自分で名刺を作ることにしました。ちょうどIllustratorの月額プラン契約してるし。

今こんなかんじ。

Screen Shot 2015-02-03 at 11.16.15 Screen Shot 2015-02-03 at 3.27.53


デザインの変遷

▼最初こんな感じ。ブログのURL入れただけだと何についてのブログかわからないなと思ったので、内容を入れてみた。(英語版全然書けていませんが…)
Screen Shot 2015-02-03 at 2.26.27

▼Likeを付けてみた。
Screen Shot 2015-02-03 at 2.57.15

▼横に長い文字列ばかりで判別しづらいので、LIKEを丸めてみた。
Screen Shot 2015-02-03 at 3.13.47

▼というわけで、下の説明にもフォントの雰囲気に合わせた吹き出しを付けてみた。合わせてイラストの位置など調節。
Screen Shot 2015-02-03 at 3.27.53

私の考える個人名刺の要素

通常の会社名刺の要素

普通の名刺って、要素はこんな感じですよね。

  • 会社・組織ロゴ
  • 個人名(漢字・ふりがな・英語)
  • 役職・部署
  • 会社・組織住所
  • 電話番号
  • WebサイトURL

私は今組織に属してないのでその辺りの情報いらないし、個人で動くのにあたって、住所と電話番号ってそんなにいらないと思うんですよ。
それよりオンラインの連絡先につながる方が大事かなと。Facebookとかでつながっていれば、電話番号なんて分からなくてもいくらでも捕まえられるし、通話もできるので。

自分に不必要な要素を消す

というわけでこんな感じで要素が消える。

  • 会社・組織ロゴ
  • 個人名(漢字・ふりがな・英語)
  • 役職・部署
  • 会社・組織住所
  • 電話番号
  • WebサイトURL

オンライン情報の要素を足す

代わりにオンラインでつかまえるための情報を付加します。

  • Facebook
  • Linkedin

私のオンライン要素の名刺掲載についての考え

Twitterは私の場合個人のぼやきが多いので名刺に載せる情報にはふさわしくないなと思い削っています。
Skypeは電話番号のようなものなのでSkypeNameを撒く必要はなく、必要があったらFacebookのメッセージなりで伝えればいいかなと。

Facebookは海外では特に個人とつながるインフラの役目を果たしていますし、Linkedinは仕事の観点では必要かなと思い。あまりアップデートしていないですけど…

その他の要素の工夫

イラスト(自作)

アイキャッチとしてイラストを付加しました。文字情報ばかりだとつまらないもんね。
もしかしたら仕事につながるかもしれないし、自分ができることは載せておこう。

ブログの説明

ブログのURLだけあっても何が書いてあるかわからないから、よほどその人に興味がない限りわざわざ見たりしないかなと思って内容をちら見せしました。

Interest、Like

これ昔作った名刺のアイディアなんですけど、個人のアクセス情報だけじゃなくて自分の興味や関心を書いておけばその場のネタにもなるし覚えてもらいやすいかなと思って。同じような興味を持っていたら仲良くなりやすいですし。

▼昔の名刺。
110109_名刺用

私はとにかく『Interestでつながる』というのを大事に思っているみたいです。やっていることとか興味のあることでつながるって大事なことだと思う。

日本人の中高年の人に多いんですけど、こちらを「若い女性」という属性だけで見てこられたりするの、正直嫌なんですよね…。(20代や30代から見たらもう若くないんですが、それは置いておいてw)
そういう人とは、たとえ相手が面白い人であったとしても、あまり良い関係にならなかったりします…。

だからオンラインの自己紹介(Twitterのbioとか)はあまり性別に関係のないことを書くようにしています。

職能

この間から悩んでいる『私は何者で何になりたいんだろう』というところなんですけど。
よく名乗ったもの勝ちといいますけど、私なかなかそういうの出来なくて…
もうちょっと書きたいんだけど何がいいかなあ。ビジネス用の資料作成する人って英語でなんて言うんだろう…。PowerPoint-erとか…?w

その他

LINEスタンプの審査が終わって発売開始になったら宣伝を裏に書きたいと思ってます。早く通るといいなあ〜
ベトナムはアプリ内のストアから買うしかないみたいなんだけど、QRコードでストアに飛ばすこととか出来るんだろうか。

最終的な私の名刺の要素

というわけで、こんな感じになりました。

Screen Shot 2015-02-03 at 3.27.53
  • イラスト(アイキャッチ)
  • 個人名(英語)
  • 職能
  • Facebookアドレス
  • Linkedinアドレス
  • ブログURL
  • ブログの内容
  • 興味関心

バンコクで印刷…?

近くにもショップがあったんだけど300枚からという話でそんなにいらないので、ネットで見つけたこのショップに行ってみようと思っています。ここも200枚からだけど。

格安名刺制作サービス | タイ、バンコクのタナーブット・フォトブック  

オンライン入稿できるみたいなんで、やってみようかなー。

 




直接お会いする方にはよかったらお渡ししますねー(^◇^)

AUTHORこの記事をかいた人

2014年1月から、仕事しながら海外各都市を移動して暮らしています。世界一周でも海外移住でもなく、ある都市に数週間住む移動ぐらし(ノマド)スタイルが好きです。予算は月5万円以下、拠点はありません。1977年生まれ、海外生活4年め、放浪3年め。 ネットがリアルをつなぐ力とBeing Publicの力を信じています。

OTHERその他の記事(Googleの広告も含みます)