[ビエンチャン・宿] 個別カーテンが嬉しい小洒落ホステル、Sailomyen Cafe & Hostel

Sailomyenホステル ベッド
Sponsored Link

こんにちは、くみです。
ビエンチャンで泊まったゲストハウス、Sailomyen Cafe & Hostelのレポートです。

ビエンチャンでは初めて体験するレベルのこじゃれたホステルでした!😃 進化してるのかな〜、ビエンチャン。

Sailomyen Cafe & Hostelの特徴

とにかく垢抜けた雰囲気

今までビエンチャンで泊まったゲストハウスとは一線を画する垢抜けた雰囲気。西洋人が好きそうです。
施設もかなりハイクオリティで、清潔で快適に過ごせると思います。

Agoda・Booking.comで、ビエンチャンでは数少ない評価9.x台なのもうなずける。

ドミトリーのベッドはカーテン付き

最近多いですよね、カーテン付きのドミトリー。プライバシーも守れるし、寝やすいし、エアコンの寒さにも少し効き目があるのでカーテン付きのドミは好きです。
上のベッドにもついてるので、上になっても安心。

Sailomyenホステル ベッド

プライバシーが守れて眠りやすいカーテン付きドミトリー

メコン川エリアからはちょっと遠いかも?

中心部北東に位置するので、薬草サウナのあるエリアからはちょっと遠いかなー。15〜20分くらいと歩けない距離ではないですが。
この時はタイビザを取るためになるべくタイ大使館領事部に近いゲストハウスにしたかったので、問題なかったんですけど。

ラオス・ビエンチャンでタイビザを取得する手順 [2018年5月更新]

2018.05.03

パトゥーサイ、タラートサオ、タートダムからは近いので、そのへんを見たい時はいいと思う。
ナンプ広場も10分程度とそんなに遠くないです。

今回の宿泊プラン

今回は、Agodaのギフトカードを持っていたのもあってAgodaで『6ベッドドミトリー(女性専用) 朝食付き:1泊926円』を2泊予約しました。(ホテルの外には10USD・80,000Kipって書いてありました。Agodaの方がちょっと安いね)
朝食は全員に無料でついてきます。
デポジットは50,000Kip必要です。

8ベッドか6ベッドかの違いはありますが、Sailomyen Cafe & Hostelはドミトリーのみだけみたいですね。そういうところ増えてきてる気がする、ホテルっぽい客室を改装してドミトリーにしたりとか。

客室について

部屋の様子

6ベッドの部屋はちょっと狭めで、他の人がバックパックをベッド周りに置くとちょっと歩きにくかったな。
エアコンが効いてて寒かったですが、カーテンがあるのであまり問題ありませんでした。
部屋には明かり取りの窓がありましたが、開けられる感じではなかったな。

ベッド周りは読書灯・電源と必要なものは揃っています。嬉しいタオル付き。(タオルは3日毎に変えてくれるそうです)

※ 写真はクリックで拡大します

セキュリティ(ロッカー・セーフティボックス)

ロッカーはあったんですけど、私のバックパックが入るか微妙なサイズだったのと(長細かった)、鍵がゲストハウス提供のものだったので私はあまり使いませんでした。
他の人もバックパックは床においたりしていました。

ゲストハウス内の施設

ゲストハウスは土足禁止で、階段を登る手前で靴を脱ぎます。ビエンチャンは土足禁止のゲストハウスが多い気がする。ラオスの伝統なのか。

Sailomyen Hostel 靴箱

エレベーターはないけど、3階までだから(2回しか階段を登らない)そんなに辛くないかな。

水回り(シャワー・トイレなど)

水回りは洗面所・シャワー・トイレと分かれていて十分な数がありました。
これが全部一緒になってて一部屋に一つ、とかだと朝混んだりして辛いんだよね。

※ 写真はクリックで拡大します

そういえば短期滞在だったので洗濯については確認しなかったな💧 多分ランドリーサービスがあると思うんですけど。
ベッド周りにはちょっと小物は干せなさそう。カーテンのところを利用すればあるいは…?うーん。

共用スペース

3階に陽の当たるテラスがあるのと、1階がカフェになっています。

Sailomyen 陽の当たるテラス Sailomyen Hostel カフェ部分

カフェの営業時間が終わってもスペースは使えるんですけど、わりと閑散としていて、宿泊ゲストがみんなで夜ワイワイ、っていう雰囲気ではなかった。少し高めのゲストハウスだから、ちょっと上品なバックパッカー(?)が使うのかもしれない。

カフェではコーヒーが有料で頼めます。ホットのLong Black 小14,000Kip、大20,000Kip。
カフェめしメニューも小洒落ているな。

Sailomyen Hostel カフェのメニュー

カフェのお客さんが来ない裏手側に無料のお水が置いてあります。
宿泊客が使えそうなキッチンや冷蔵庫とかは見当たらなかったなー。カフェがあるから頼んだら保管してくれるかな。

Sailomyen Hostel 無料のお水

ゲストハウス内のインターネット

計測した限りでは、DL6.87Mbps/UL2.18Mbpsとすごく速いわけではないけど悪いわけでもありません。
1階のカフェはもちろん、客室内でも普通に使えました。

Sailomyen Hostel インターネットテスト

ゲストハウス内で作業はできる?

するとすれば1階のカフェですね〜。ネットも悪くないし、電源も限られているけどあります。
日中はカフェのお客さんも居るから飲み物を頼んだほうが良さそう。

カフェは17時で閉まりますが、そのあとも宿泊客はカフェエリアを使えます。私は日中出かけることが多かったので、夜使ってました。

朝食はこんな感じ

朝ごはんはパンとシリアルの2種類のメニューから選べます。飲み物は水だけで、コーヒーや紅茶はついてきません。(有料でオーダーは出来ます)
提供時間は8:00〜11:00とちょっと遅め。

Sailomyen Hostel 朝食メニュー

私はセットAを。パンにソーセージ・卵・バナナ、正直すごい豪華というわけではないけど、卵が朝から食べられるのは嬉しい。

Sailomyen Hostel 朝食

ゲストハウスからのメッセージ…?

チェックアウトする時に気がついたんですけど。

 

  • 1階:It’s all start with dream(全ては夢から始まる)
  • 2階:A dream determines your reality(夢はあなたの現実を決める)
  • 3階:Keep on dreaming(夢を見続けよう)

小洒落てるな…!!

Sailomyen Cafe & Hostelの周辺環境

Sailomyen Hostel 外観

場所・行き方

特徴にも書いたとおり、中心部の北東に位置しています。
タラートサオからなら歩いてすぐだから、陸路・バスでセントラルバスターミナルに着いたあとの初日の宿にもおすすめですね。

空路で空港から来る方は、エアポートシャトルの停留所8番『Moonlight Champa前』か9番『Chaleunxay Hotel前』が近くて便利だと思います。

ラオス・ビエンチャンに空港循環バス(エアポートシャトル)が出来ていました!

2018.05.02

ビエンチャン・Watthay空港についてからの情報はこちらの記事をどうぞ〜

[ラオス] ビエンチャンWattay(ワットタイ)国際空港着で必要な、両替・ATM・プリペイドSIM入手・市内への行き方紹介

2017.06.15

周りのお店

すぐ前にベジタリアンベトナム料理のお店があります。妙に明るい雰囲気でびっくりした…しかしご飯は美味しかったです。

中心部ほど外国人向けのお店はないから、そういうのはナンプ市場を通り抜けてSetthathilath通りまで行かないといけないかもなあ。
私は入ってないけど、近くにローカルっぽいカオピアック(ラオスうどん)屋さんや食堂もあったし、タラートサオまで行けばサンドイッチとかも売ってるから食事に困る感じではないです。

価格・空室確認・予約はこちら

最新の価格や予約などはこちらからどうぞ〜。

チェックインは14:00〜、チェックアウトは〜12:00ですけど、ドミトリーなのでベッドの用意ができていたら早い時間でも案内してくれます。私は荷物を預けるつもりで午前中に寄ったけど、ベッドに案内してもらえました。これがドミトリーの良いところの一つでもある。

カーテンもあるし、場所さえOKなら快適なゲストハウスです!ビエンチャンでは他にもホテルポータルの評価9台で良さげなゲストハウスを見つけたので、今回ビエンチャンにいるうちに確かめたいと思います〜😃
ゲストハウス・ホステル名Sailomyen Cafe & Hostel
国・都市ビエンチャン(ラオス)
所在地Saylom Rd, Vientiane
今回の私の宿泊タイプと価格6ベッドドミトリー(女性専用) 朝食付き:1泊926円
共有スペース○:くつろげる
無料の水などがあるか
エレベーターがあるか
水回り◎:洗面所・シャワー・トイレ別、数も充分
洗濯環境?未確認
セキュリティボックス・ロッカーロッカーがあるが、バックパックは入らない
タオルの有無○ 無料で貸出、3日毎に洗濯
チェックイン/アウト
ホテル公式サイト・FBページ
予約ポータルサイト

※ 最新価格や施設詳細は予約ポータルサイトでご確認ください。


関連記事

投げ銭設定してます、Kumi-Logの記事が役に立ちましたらぜひお願いします♪ または
▲宛先は info★kumi-log.com でお願いします!
(★をアットマークに)
Sailomyenホステル ベッド