カンポットはカンボジアの穏やかな地方都市。その魅力を紹介します



こんにちは、くみです。
今回はデジタルノマド向け都市の一つとして、私の好きなカンボジアの地方都市・カンポットを紹介します。

カンボジア、大体の日本人が『アンコールワット』か『治安が不安』か『学校づくり等のボランティア』というイメージじゃないのかな。海外に出ている人だと、最近シアヌークビルがビーチとして人気ということを知っていたり。
カンポットはそのどれとも違う、穏やかなな雰囲気で外国人も住みやすく、クメール人の生活もより彼ら主体で感じることができる、長めの滞在に魅力的な街でした。

この記事では概要をざっくり紹介し、宿泊施設の紹介など細かいところは個別記事に切り出していきたいです。
カンポットへの行き方についてはこちらの記事をどうぞ:[カンボジア]カンポットの場所と行き方・周辺の都市紹介 – Kumi-Log

現時点では、自分がカンポットについて知っている事をほぼ書き出したので、愛が強すぎてちょっと長くなっちゃいました…!目次を活用して頂ければ!


カンポットの魅力!

穏やかな街なかの雰囲気

見てみてください!これ!
雰囲気いいでしょう〜

一枚目の写真はバスで降りてすぐの公園のようになっているところなんですけど、ケップに行くための乗り換えでちょっと降りただけのヤスコさん(@yasucold)もカンポットの雰囲気の良さを感じ取るくらいでした。

避暑地ですし自然派ツアー・ツーリングなどで欧米人に人気のため、外国人向けのお店が集まったエリアも結構あるのですが、ローカルのエリアもちゃんとあって。観光地感とローカル感どちらも楽しめる、こじんまりとした街です。

治安も良くて(結構夜遅くまで西洋人がしっとりと飲んでいたりします)、中心部であれば夜女性が一人で出歩いても別に危険はないそう。体感的にもそんな感じです。

これはローカルの市場。活気があって、モノがたくさんありました!豊か〜

カンポット・ローカル市場

ローカルの遊園地!子どもたちが遊んでいました。

カンポット・遊園地(ナイトマーケット)

街中についてはこちらの記事で地図付きで説明しています!

ドリアン好きにもおすすめ

さっきの市場の写真にちらっと映っていましたが、カンポットはカンボジアの中で美味しいドリアンの産地として有名です。なのでドリアン好きにもおすすめできる。

これは街中のラウンドアバウトにあるドリアン像です。街の象徴なのだ。(カンボジアってラウンドアバウトの中心に何か像を置くの好きですよね)

カンポット・ドリアン像

自然派の人にもおすすめ

自然豊かで、そういう場所を楽しむツアーが人気です。
またレンタルバイクが安いので、借りて近隣の自然を楽しむのも良いみたいです!気持ちよさそうだな〜。

カンポットの観光やツアー

カンポットには、旅行者としても楽しめる色々な観光ツアーがあります。
塩田や胡椒畑・鍾乳洞や滝など、自然を活かしたものが多いので、自然派におすすめ。フランス統治時代の別荘などを回るツアーもあるので、廃墟が好きな人にも良さそうです。

こんな観光ツアーがあります。

  • Countryside Tour(カントリーサイドを廻るツアー)
  • Bokor National Park Tour(ボコール国立公園ツアー)
  • Sunset & Firefly River Cruise(夕日・ホタル見物クルーズ)
  • Fishing Tour(魚釣りツアー)
  • Rabbit Islands(ラビットアイランド)

▼詳しくはこちらの記事で!

カンポットに来たら絶対試して欲しい名物!

カンポットの名物1.生胡椒炒め

カンポットといえばカンポットペッパー(胡椒)が名産!
シーフードの生胡椒炒めはぜひ食べていって欲しいところです!
ケップでも食べられますけど…
生胡椒がイカやエビに合うんですよね〜〜〜

カンポット・Phnom Kheav 生胡椒炒め

▼生胡椒炒めが食べられるカンポットのレストランの具体的な紹介はこちら。

[カンボジア:食]カンポットのレストラン・ご飯やさん

2017.04.02

もちろん、お土産に乾燥胡椒を買ってもいいと思います!
ただ生胡椒料理はプノンペンやシェムリアップなど他の都市ではなかなか食べられないから、試してほしいな〜。

カンポットの名物2.ドリアン

前述の通りドリアンも名物なので、お好きな人は旬の時期に市場で是非どうぞ!
カンボジアのドリアンは小ぶりな印象を受けました。(旬じゃないからかもしれないけど)
市場で殻ごと量って1kgいくらで買います。旬じゃない時期で、市場で1kg5ドルで買いました。旬になると2〜3ドルまで安くなるという話なんだけど。

カンポット・ドリアン

カンポットのネット状況

カンポットでは、他の東南アジアの都市と同じく、ゲストハウス・レストラン・カフェ・バーにおいて大体Wi-Fiがあります。(地元向けの屋台などにはなさそう)

こちらは私が今いるゲストハウス・The Magic SpongeのSpeed Testです。(サーバはTokyo間)

カフェで測ったら追記しますね。

カンポットではSmartの4Gもつながります。(他のキャリアは確認してなくてごめんなさい)
カンボジアのSIMとモバイルデータの値段についてはこちらの記事をどうぞ。

[カンボジア:SIM]プリペイドSIM購入・データプラン・コマンド(Smart・Cellcard・Metfone)30日・2GBで3USD!|2016年12月更新

2016.04.11

カンポット内の交通事情

カンポットには公共交通機関はありません。
移動は歩くか、声をかけてくるトゥクトゥクやバイクに乗るか、バイクか自転車をレンタルするかになります。

バイクのレンタルの相場は1日4ドル、どこも同じ値段みたいです。長期だとディスカウント交渉できるのかな?
ケップにツーリングとか楽しそうですよね〜。はああ、私も乗れるようになりたい。

カンポット・バイクレンタルの看板

自転車のレンタルはオールドマーケットの旅行代理店で見かけました。1日1ドルだそうです。

自転車のレンタル

流しに乗るとしたら、トゥクトゥクは2ドル〜、バイクは1ドル〜で交渉という感じですね。もしかしたらリエル単位で値切ったらもっと安いのかもしれないけど、まあ外国人観光客としては、これくらいで。
上の地図内くらいだったら最低料金で行けそうだけどどうかなあ。
西側の、川の上流のリゾートエリアに行くのはもうちょっと高そう。 

カンポットの生活予算

生活予算記事は実績から改めて書こうと思っているんですが、ここでは概算を。
生活予算記事を書いたら、ここからリンクします。

私の生活スタイルだとこんな感じ。

  • 宿:ドミトリー1日6ドル
  • 食事:1日平均6ドル(結構贅沢している…)
  • ビール:1日1ドル(0.5×2杯)
  • カフェ代:1.5ドル

1日の予算:計14.5ドル
14.5×30=435ドル、これにマッサージ4回(5ドル×4回=20ドル)行くとすると、
1ヶ月:455ドル

バイクを借りる人は1日4ドル、宿をグレードアップする人は適宜足してみてください。
もうちょっと贅沢するとこんな感じかな。

  • 宿:ダブルの個室1日10ドル
  • 食事:1日10ドル(全部外国人向けのレストランで)
  • ビール:1日1.5ドル
  • カフェ代:1日1.5ドル

1日の予算:23ドル

  • マッサージ:1ヶ月20ドル
  • バイク:1ヶ月に4日乗って16ドル

1ヶ月合計:23×30+20+16=726ドル

ドミ3ドルのとことか、食事オールローカルで朝ごはん食べないとか、ビール飲まないとかだったら、(ドミ3+食事2)×30で150ドルとかまで圧縮できるのかな…私はコスパ重視のQOL追求派なので、そこまではやりませんけど! 

カンポットを訪れるのに良いシーズン

気候的には、雨が多くなるのは5月〜10月。
最高気温は1年を通して30〜32度、最低気温は12〜2月がやや低く21〜22度、4〜5月は25度、その間は23〜24度と、年間を通してそんなに差もなく過ごしやすい温度です。
さすがフランス統治時代に避暑地として選ばれた土地だけの事はあります。

私は今回を含めて、4月と2月に訪れています。(4月のクメール正月にはぎりぎりかからない時期でした)
一般的には、4月のクメール正月と10月のクメールお盆の前は犯罪が増えるそうなので(お正月やお盆に備えて稼ごうとする犯罪者が増える。フィリピンでもクリスマスの前に犯罪が増えるそうです)、カンボジアを訪れるのにおすすめはできないようなのですが、カンポットはどうかなあ。犯罪が増える姿をちょっと想像できないけど。
プノンペン等からの帰省者が増えて交通が混む、という事はあるかもしれないですね。

街の中にドリアン像があるほど、カンボジアの中では有名なカンポットのドリアンですが、旬が5月から始まるそうなので、ドリアン好きの人には5月は良さそうです。

カンポットの穏やかな感じがほんとに好きです〜😃
日本で勤めているとなかなか来る機会がないかもしれないですけど、長期で東南アジアにいる機会があったら、是非訪れてみてください!
カンポットの記事




関連記事

デジタルノマド向け都市

カンポットはカンボジアの穏やかな地方都市。その魅力を紹介します

2017.02.08

バジェットトラベル・月5万円で暮らせる都市(東南アジア編)

2015.09.12

2014年版、もう一度行きたい(住みたい)ところ・来年行きたいところ

2014.12.31

素晴らしく住み心地の良い都市、チェンマイの魅力(Amazing Chiang Mai!)

2014.05.16

カンボジアの記事

カンポット

[カンポットの宿・ホテル]今のおすすめ、The Magic Sponge

2017.02.10

カンポットはカンボジアの穏やかな地方都市。その魅力を紹介します

2017.02.08

ケップ

カンボジア・ケップで泊まった、ほどよく野性味のあるバンガロー(4人泊まれて約1,800円)

2015.11.27

カンボジア・ケップ最大の魅力(?)、クラブマーケット(Crab Market)でカニを楽しむ

2015.11.05

1年で2番めに行ってはいけない日に、カンボジアの素朴な浜辺の町ケップに行ってしまった

2015.11.05

シアヌークビル

バンコクの有名男性誌、紳士の日記『G-DIARY』に寄稿しました!

2016.05.17

カンボジアの離島・コタキエフ(Koh Ta Kiev)の宿泊施設

2016.05.07

[カンボジア・島]電気も水道もWi-Fiもない?! 海が光る島・カンボジアのコタキエフ(Koh Ta Kiev)に行ってきました

2016.05.04

[カンボジア・島]安らげる静かな南の島、ロンサレム島|カンボジア・シアヌークビル

2016.04.10

カンボジア・シアヌークビルのトゥクトゥク・バイクタクシーの相場

2016.04.09

[カンボジア・島]カンボジア・シアヌークビルで3アイランドツアー!海の綺麗な離島を楽しんできました!

2016.04.08

カンボジア・シアヌークビルの生活費と物価(2014年)

2015.01.08

カンボジア・ココンからタイ・ハートレックへ国境越え(シアヌークビルからバンコクまで移動)

2014.12.21

カンボジア基本情報

[カンボジア:SIM]プリペイドSIM購入・データプラン・コマンド(Smart・Cellcard・Metfone)30日・2GBで3USD!|2016年12月更新

2016.04.11

[カンボジア]旅行にも役立つ!がんばって覚えるぞクメール語

2014.12.14