ハジャイからペナンへのミニバス移動は客引き・ぼったくりに注意しよう



こんにちは、くみです。

3月19日早朝、無事にハジャイ(Hat Yai Junction)に着きました。
それからペナン行きのミニバスを手配してくれる旅行代理店を探してペナンまで移動したのですが、その時に高い旅行代理店にひっかかりそうになりました。
その時のことを書きますね。



▼ハジャイの場所はここです。

▼ハジャイ駅。

Untitled

▼ハジャイ駅にあった時刻表。やはりハジャイからバターワースまで行く列車は朝7時の一本しかない。
Untitled

ハジャイ駅にて客引きに声をかけられる

ハジャイ駅にて時刻表を見ていると、うろうろしていた男たちに声をかけられる。
客引きです。
私のような外国人にとってハジャイが最終地である事はあまりないためか、ミニバスを案内してこようとしてきます。バンコクかペナンか。

ハジャイからペナンまでのミニバスの底値は事前にインターネットで大体調べて知っていたので、ここは付いていってみる事にしました。

連れて行かれたところはやはり高かった

やはり…というか、連れて行かれた旅行代理店は高かったです。
事前に350THB(約1,250円)と聞いていたんだけど、提示された金額は650THB(約2,300円)。2倍弱か。もちろん購入を断りました。

(※ 日本円だと1,000円くらいですけど、現地の価値基準だと3,500円と6,500円くらい違います。
参考:物価把握のための計算式を自分で用意しておく(東南アジアにて) – Kumi-Log

▼すぐ駅前にある旅行代理店。ここで私が申し込んだら恐らくさっきの男たちにマージンが入る。

Untitled

店を出たところで別の旅行代理店を案内しようとする客引きのお兄ちゃんに断り(”I know the right price is around 350 thai bahts”)、予め調べておいたキャセイゲストハウス(Cathay Guesthouse)へ。

キャセイゲストハウスで適正?な値段で無事チケットをゲット

キャセイゲストハウスでは400THB(約1,420円)と言われたのですが、まあ50THBなら物価高で値上げもあるだろうし許容範囲内。

キャセイゲストハウスよりも安いところがもしかするとあるかな?と思い客引きに付いていってみたんですけど。まあ、あるかどうか分からないまま、ここからたかだか50〜100THB安いところを探すのも疲れるので、もうここでいいや〜。

▼キャセイゲストハウス

Untitled

▼ちなみにキャセイゲストハウスの場所。駅のすぐ近く。

なぜ不当に高い金額で購入するのがイヤなのか

日本人には大した違いではないだろうけど…

正直、日本で働いている人にとっては1,000円や2,000円大した違いではないですよね。
数百円ならなおさらです。断ってまた違う場所を探すのも面倒だし、相手に施しをする気持ちで払えばいい。そんな些細な金額何が問題なの?

そう思われるかもしれません。

そう思って支払っちゃう先進国の人達が多いので、彼らのような人たちが跡を絶たないのでしょう。(もしかしたら全く気づかずに、相手の言いなりになって払う人もそれなりにいるのかもしれないけど)

でもこれって金額の問題じゃないんです。

その差額で一体自分は何を得て、何を富ませたのか?

正規の料金でビジネスをやってる人たちを選ばず、無知な旅行者から不当にお金を取る業者を選んでいることで、彼らに加担しています。
お金が儲かる限り彼らはやりますから、ずっとあの駅で外国人に声をかけ続けるでしょう。そしてあとの人が迷惑するんです。あとから正規の値段(もしくは相場)を知って嫌な気持ちになる人もいるでしょう。

その差額分、何かサービスや付加価値を受け取っているならいいんです。でも客引きに、高いお店に連れて行かれちゃっただけですよね。
時間がなかったかもしれない、面倒だったかもしれない、でもそれってあんまり賢いお金の使い方ではないと思います。

お金で買うべきもの、買うべきではないもの

旅行中は確かにお金で色々なものを買います。安全性利便性サービス時間
それは大事なことです。時間単価が高い人は、飛行機のほうが時間を買えるから、そこに喜びがなければきっとバスや鉄道では旅をしないでしょう。それは優先順位や費用対効果の問題で、その判断も非常に正しいと思う。
でも客引きに安易に付いていって高いお金を払うというのは、そういうケースとは違う。場合によっては『高いお金をほいほい出すカモ』と認識されて、その後の旅行(バスの中とか)でも被害に遭いかねません。旅行代理店と運転手がグルになっていたりとかね。お金を出してリスクを高めるなんてバカバカしい事はないですよね。

タイやベトナムなんかでは、善良に商売をしている人たちがたくさんいます。そうじゃない人たちに相場よりずいぶん高いお金を払ってしまうのは、そういう善良な人達に対する損害行為だと私は思ってます。不当に高い業者に300THB出すんだったら、その分、地道に商売をしている屋台の人たちに何かプレゼントを買った方がいい。

本当の相場はわからないんだけど

東南アジアでは外国人値段というのは存在します。
私はそれには反対ではありません。現地の人ではないんだし、物価の高い国から来た人が東南アジアと自分の国との物価差を利用して楽しんでいるのは否定出来ない現実で、果実だけを貪るのではなくしっかり対価も払うべきだと思うので、よほどでない限りは外国人値段に従うべきだと思う。
私は偉そうに書きましたけど、もしかしたらキャセイゲストハウスの料金も実はまだまだ高くて、本当は200THBとかで行けるのかもしれない。

でもそれはそれでいいんです。
事前調査とかやるべき事はやった。これでもしまだ払い過ぎてるなら今の私が未熟だという事なんです。その地に親しむうちに、今わからない事も段々わかってくると思う。それがスキルの熟練ということなのだと思う。
だから知らなくて、払ってしまうのは仕方がない。
私も、調べる人のために、参考になるかなと思ってこうやって書いてます。インターネットが出来て便利になったね。

人によっては、たかだか300THBのぼったくりを防ぐためにネットで調べる時間を費やすのも割に合わなかったりするんだと思う。そういう事はあるだろうし、それも仕方ないけど…(そういうレベルの人は飛行機使う気がするけど…)

私に出来るのは、情報が必要な人のために自分の経験をシェアすることかなーと思います。

 

というわけで、2015年3月現在、ハジャイからペナンへのミニバスはキャセイゲストハウスで400THBで買うのがおすすめです。
もっと安いところがあったら教えてください。よろしくお願いします〜(^◇^)

あと交通機関で客引きしてるようなやつのところはだいたい高いですよね。場所によってはそれしか選択肢がなかったりはするんだけど。

 

2015年3月 バンコク〜ハジャイ〜ペナン 関連記事

国境越えカテゴリの記事




Kumi-Logの更新情報をメールなどで受け取れます!こちらをどうぞ。