バジェットトラベル南アジア:モルディブ

2022年 バジェットノマド的・訪モルディブ費用

モルディブ・マレの港 バジェットトラベル
この記事を書いた人
Kumi

2014年1月よりデジタルノマドとして海外放浪生活を送っています。現在9年め。COVID-19はタイに約2年留まっていました。
色んなところにちょっとずつ住んでみる、短期旅行でも長期滞在でもない感じが好き。
【滞在記録:Kumi's travels on Nomad List

Kumi-Logをフォローする

こんにちは、くみです。
2022年3月現在モルディブにおります。

現在のモルディブは一島一リゾートの島の他にも地元の人達が住むローカル島にホテルやゲストハウスが出来ていて、割とリーズナブルに宿泊することが出来ます。

モルディブっていうと『新婚旅行!リゾート!部屋から直接海へ!費用は…数十万?』みたいなイメージでいたんですが、今回は一週間の滞在で航空券と宿泊費あわせて1,000USD以下に収めることが出来ました。私の予算でも一週間のモルディブ滞在を充分楽しむことができています😊
近況報告にも書いたけど、このあと別の国に行くので航空券は実質片道です😤(?)

全然ブログ書いてなくてブログ筋がなまりまくってるので立派な文章が書けないんですが(まあ元々か)、記録のために費用をざっくり書いていきますね。

タイからモルディブ行きの航空券:417.5USD(ビジネスクラス含む)

スカイスキャナーで最安値を検索

どこに行ってもいいので、私はよくスカイスキャナーで目的地を『すべての場所』にして検索します。
今回も、とりあえず出なきゃならんのでタイから『すべての場所』にして検索してたら、モルディブ行きの航空券がなんだかすごく安いことに気が付きました。

スリランカ航空:BKK – CMB – MLE 111.50USD

100USDちょっとでモルディブに行けるのか〜…って。
今調べたらまだその便ありますね。
https://www.skyscanner.jp/transport/flights-from/bkkt/?adults=1&adultsv2=1&cabinclass=economy&children=0&childrenv2=&inboundaltsenabled=false&infants=0&outboundaltsenabled=false&preferdirects=false&ref=home&rtn=0

入国の条件を調べたらモルディブはちょうど3月中旬から事前のPCR検査不要になりましたし、
Ministry of Tourism:Revised PCR Test requirement
これは行けちゃうなと。

カンボジアとかラオスだといかにもビザランだけど、モルディブ行ってたら多少はタイの入国審査の印象良くなるんじゃないか?とも思い。ならないかな?どうだろう…

モルディブからは一旦スリランカに行きます。
帰りは少しお高くなり、MLE-CMB 246USD。バンコクーモルディブより高くなるの不思議ですが…

というわけで航空券は バンコク〜コロンボ〜マレ〜コロンボで357.5USDです。

ビジネスクラスはスリランカ航空のビット制度でゲット、60USD

航空券の予約を終えたあと、スリランカ航空から妙な案内が来ました。

スリランカ航空から来たアップグレードの招待画面
suri

どうも金額を自分で決めて賭けることでビジネスクラスにアップグレードできるかもしれないとのこと。なるほど?

今回私が取ったチケットはコロンボ乗り換えで、滞在時間が短い便もあるんですが空港内で夜を過ごす便もあり。モルディブに朝着きたかったので空港泊が発生する便を選んだんですが。(コロンボに現地時間15:55につき翌朝7:25に出る)

ビジネスクラスはコロンボ空港のスリランカ航空ビジネスクラス専用ラウンジを使えるらしい。
https://www.srilankan.com/en_uk/flying-with-us/serendib-lounge

夜も過ごせそうだし、ご飯もあるし、お酒も飲めるししゅごい!
ってなってよく見たら、上の写真はBKK-CMB間なんですけど、CMB-MLE間はなんと55USDからビットできて。ええこの値段なら全然有りなのでは!と思い、賭けることにしました。

どれくらい獲得できそうかというのがメーターで表示されるようになってるんですけど、55USDだとさすがにPoorなので、そのひとつ上の60USDでビットしてみたところ見事落札?でき。
トランジット時間をラウンジで楽しむことが出来ました。

スリランカ航空Serendibラウンジにて
ラウンジといえばスパークリングワインという思い込み

仮眠室もあったし(緊張してあまり寝られませんでしたが)完全にお得なやつでした…

モルディブ行きのビジネスクラス
モルディブ行きのビジネスクラスでスパークリングワインをもらいドヤ顔の私

いやーもう『モルディブにビジネスクラスで行く』という実績を解除できただけでも良かったです。字面がつよい。

というわけで、航空券357.5USDにアップグレード代60USDを足して合計417.5USDです。

モルディブ宿泊費:7泊で計460.42USD

以前はモルディブってとにかくリゾートが高いというイメージを漠然と持っていたのですが、調べてみたら一泊40USDくらいから素敵そうな宿が色々とありました。(マレには17USDというカプセルホテルもあるんですが、あれは多分フライトが遅くついたときとか前泊とかに使うんだと思う)

安い価格帯のところも税金が乗ると50〜60台くらいにはなるのかな?
しかし日本では確かそれくらいの価格帯って地方のビジネスホテルとかだったと思うので、その金額で✨モルディブ✨を楽しめるならめちゃお得な気がしてます。

コロナ以前の私の宿泊費予算は一泊5USDだったので、モルディブ1週間でいつもの宿泊費90日分を使うと考えるとあれだが😅 まあ、モルディブだし。
あとまだコロナだし、今はドミトリーに泊まる気はしないからね〜…

Booking.comでよさげな宿を検索

私の宿の探し方なんですけど、今は大抵Booking.comでレビュースコアのフィルタを掛け(いつもは8+なんですが今回は9+)、値段が低い順から部屋を軽くチェックして良さそうならリストに入れ、最後にリストをマップ表示にして場所を確認しながら決めます。(以前は予約サービス間で料金比較とかもしてたんだけど面倒になって今はあまりやっていない)

レビュースコアは評価数が少ないと高く出がちなので、ある程度の数評価されている方が信用はできる。
バスタブやキャンセル無料、空港送迎のオプションを付けることもあります。部屋の中にデスクがあるかどうかのオプションがほしい…

今回はどの島にするか?という点もあって迷ったのですけど、マーフシ島(Maafushi)がローカル観光始まりの島でモルディブローカル島初心者によさそうだったのでまずそこに泊まることにしてみました。島を選んだ時の話はまた別に書きたい。
マーフシ島だけだともったいないかな?と思ったので、色々体験談を英語で探して、なるべく小さくてビーチのきれいそうでそこまで遠くない島をもう一つ選びました。

※ 現在モルディブは政府が認定宿泊施設のリストを出していて、そのリストに載っている宿泊施設を予約していないと入国できないという話もあったので、気をつけてください。入国時特にチェックはされなかったのですが…
Approved Opening dates of Tourist Facilities and Foreign Vessels

マーフシ島ではレビューの良かったここで4泊。
Pelican Beach Maafushi(マーフシ)– 2022年 最新料金

フリドゥ島(Fulidhoo)ではここに3泊してみることにしました。
Kinan Retreat(フリドゥ)– 2022年 最新料金

マーフシ島が4泊 231.79USD、フリドゥ島が228.63USDで、宿泊は7泊計460.42USDです。

モルディブの注意:けっこう税がかかります

モルディブの宿泊の注意点として、Booking.comなどでの表示価格の他にけっこう税がかかります。

例えば私が予約したPelican Beach Maafushi
Booking.com上では一泊43USDくらいだったのですが、その他に12%の税、一泊3USDの環境保全料金(Environmental fee)、10%のサービスチャージがかかり、また現地決済でカード手数料4%を乗せられ、合計172.88USDだったのが231.79USDにまで膨らみました。

このへんの表示は統一されてないらしく、Kinan Retreatの金額はすでに税金とサービスチャージ込で環境保全料金だけ現地で払う事になっています。金額を基準に決める場合はそのへんもよく見ておかないとあとでびっくりするかもしれません。

モルディブの島の選び方は別記事で…

今回はマーフシとフリドゥに泊まることにしましたが、ローカル島は他にも色々あるみたいです。
それについてはまた別にどうやって決めたかの記事を書こうかと思います。

最初はグライドゥ(Guraidhoo)にしようかなって思ってたんですが、あまり泳ぐのに適してないっぽいんですよね。ビーチはあるのにな。

モルディブならでは、島間を移動するフェリー代:80USD

モルディブは島に分かれていて、おそらくマレだけに留まっていても面白くないんじゃないかなと思います。

ローカル島へは、コロナ以前であれば地元の人達が使う片道5USDのローカルフェリーがあったんですが、今は運休になっているところが多いらしく…😢
今回は マレ〜マーフシ(Maafushi)〜フリドゥ(Fulidhoo)〜マレ と移動する予定で、マレ〜マーフシ間が片道20USD、マーフシ〜フリドゥ間が片道20USD、フリドゥ〜マレ間が40USDかかるのでフェリー代は合計80USDになりました😢

ここは正常化したら費用圧縮できるところ。
今回2島行くから高くなったのであって、1島なら半額だもんね。
ローカルフェリーは曜日が決まっているらしいので、再開したときは宿の人に聞くなどして確かめてください。


モルディブに行って泊まって合計約958USD!

  • 航空券:357.5USD
  • ビジネスクラスアップグレード:60USD
  • 宿泊費:7泊460.42USD
  • フェリー(マレ〜マーフシ〜フリドゥ〜マレ):80USD

で計957.92USDでした!
今回2島選んだけど、1島に絞ったらフェリー安くなります。(ローカルフェリーが復活したらもっと安くなるはず)

『ビジネスクラスでモルディブ1週間』ってすごくラグジュアリーに聞こえるけど、内訳はこんな感じです。
今回で少し土地勘もついたので、今後東南アジアから気軽にモルディブに遊びに行くというのもありなんじゃないかなと思いました。そういえばインドからも安かったはずだ。南インドとスリランカとモルディブをウロウロするのもいいかもしれないですね。

食べ物の種類や値段、ネット環境などについてはまた別の記事で書きますね。

 
 
タイトルとURLをコピーしました