南アジア:モルディブ

モルディブ・マレのコワーキングスペース SEED BY BCC を訪れました

マレのコワーキングスペース・SEEDの一人用デスク 南アジア:モルディブ
この記事を書いた人
Kumi

2014年1月よりデジタルノマドとして海外放浪生活を送っています。8年たち現在9年め。COVID-19のためタイに約2年留まっていましたが現在インドです。
ほそぼそと好きなことを勉強して仙人的に暮らしながら世界の素敵な国や都市を回り続けてバターになりたいです。いろんなところにちょっとずつ住んでみる、短期旅行でもない長期滞在でもないはざまの感じが好き。
【滞在記録:Kumi's travels on Nomad List

Kumi-Logをフォローする

こんにちは、くみです。
モルディブではマーフシ(Maafushi)とフリドゥ(Fulidhoo)島を訪れたんですけど、空港のあるマレとフルマーレでも探検のために何泊かして様子を見て回りました。

その中でも見つけたコワーキングスペースが良かったので、様子を紹介します。

モルディブ・マレの様子をちょっと紹介

マレはリゾート感はない南アジアの一都市という雰囲気で、それはそれで経験として面白かったのですが、マレ目的で旅行者がモルディブに来ることはないだろうなという感じではありました。

モルディブ・マレの町
マレの町、バイクが多いです

ちょうどラマダン期間だったので、日没以降に食べる豪華な食事のプランなどもマレで試してみたのですが、それは別の記事で紹介しますね😃

マレのコワーキングスペース SEED BY BCC の様子

さて、そのマレにあるコワーキングスペース・SEED BY BCC。中の様子を紹介しますね!

これがレセプション。

マレのコワーキングスペース・SEEDのレセプション

これがレセプションのある一階の雰囲気です。モルディブは一階っていうんだったっけな地階っていうんだったっけな…
この階はがっつりデスクというよりはちょっとリビングエリアっぽいですよね。

マレのコワーキングスペース・SEED 一階のフロア

上に上がると、ワーキングエリアと休憩を取れるエリアがほどよくありました。個人的には上の階がおすすめ。

ワーキングエリアは打ち合わせもできる大きい机のほか、ひとりひとりが集中できるポッドもありました。こういうの嬉しい。

マレのコワーキングスペース・SEEDの一人用のデスク
マレのコワーキングスペース・SEEDの一人用デスク
GoProで撮ったとこ

昇降できる机もありました。

休憩できるエリア。

ビデオ会議ルームなどは特に見当たらず、皆自分の席で他の人達と喋っていたので、オンラインミーティングを自分の席でやってもそんなに悪いことはなさそうでした。

各階にプリンターもありました、自分で使うのではなくファイルをメールで送信してスタッフの人に印刷してもらうスタイルでしたけど。

マレのコワーキングスペースSEEDのプリンター

SEED BY BCC Wi-Fiスピード、速い

スピードテストの結果です。

下り334Mbps・上り42Mpbsとかなり速い。嬉しい。

SEED BY BCC内での飲食(ネスプレッソが安くて嬉しい!)

私が訪ねた4月はラマダンど真ん中だったので他の人がいる前での飲食は憚られましたが、そのあたりに気を使えば席でチョコレートやコーヒーを摂っても許されそうではありました。
本格的な食事はキッチン・パントリーエリアに椅子や机があったのでそこで摂ったほうが良さそう…、スタッフの方に聞いてみてください。

コーヒーはネスプレッソのカプセルを受付でひとつMVR10で販売しています。0.66USD。お安い。

マレのコワーキングスペース・SEED ネスプレッソカプセル
マレのコワーキングスペース・SEED ネスプレッソ

モルディブ、本格コーヒーの飲めるカフェがローカルエリアにはあまり見つからなかったので(ラマダンのせいもあるかも)すごく嬉しかったです。

2階には自動販売機があって、飲み物やスナック類を買えます。この自動販売機尾はカードに対応していました。やったぜ。

マレのコワーキングスペース・SEED 自動販売機

コンタクトレス対応じゃなくても払えたかちょっとチェックしていなかったんですが、コンタクトレス対応のカードが1枚あると便利です。私はデビット・プリペイドですがWiseとGAICAのコンタクトレス対応カードを持ってます。

SEED BY BCCの料金体系と支払い(カードは使えない)

料金表です。だいたい一時間1.33USD〜、6時間いると5.33USD。

マレのコワーキングスペース・SEED 料金表
プラン名料金 (MVR)時間 (Hour)1時間あたり条件
RUSH HOUR201MVR 20
THE KICKSTARTER453MVR 15
THE DAYTRIPPER806MVR 13.3
THE WEEKEND CLUB15012MVR 12.5週末(金・土)のみ
THE HUSTLER36030MVR 12
THE WORKAHOLIC50042MVR 11.9
THE TRAILBLAZER2,000180MVR 11.1

THE WEEKEND CLUBは週末だけなんですが、イスラム教なのでモルディブの週末は金・土であり、日曜日はこのプランは使えないそうです。

支払いにはクレジットカードが使えませんでした
オンライン支払いもできるそうだけど、おそらくモルディブの銀行口座がいるだろうから、旅行者はUSDかモルディブルフィヤの支払いになると思います。

自動販売機はカードが使えるのになぜ…。カードに対応してくれたらもうちょっと居られたんだけどなあ。

モルディブルフィヤ(MVR)は1USDがだいたい15MVRの計算です。
実際のレートはもうちょっとだけ高いけど、街なかでは1USD=15MVRの固定レートで扱われることが多いです。

営業時間…?(ラマダン期間中は特に要確認です)

営業時間は、料金表には8:30 – 22:00ってあったんですけど。

マレのコワーキングスペースSEEDの営業時間

私が行った時は、確か17時だったかな?一度閉めるからと言われて焦りました。
あれはラマダンだったからなのかな?
いちおう入る時に今日は何時までやっているのか確認したほうがいいかもしれないです。


SEED BY BCCの場所

SEED BY BCCはフェリーターミナルの近くの利便性の高いエリアにあります。
私が泊まったマレで唯一のカプセルホテル・Nap Cornerからは徒歩で10〜15分程度ありました。

ビルには小さな看板がついているのでそれを目印に。

マレのコワーキングスペースSEED・外観

入り口はビルを入ってすぐ右手にあるので見つけやすいと思う。
一階と二階(Ground Floorと1st Floorかも?)の2フロアに分かれていて、ドロップインでもどちらも利用できます。

まあ、モルディブのローカルエリアに行くにしても、マレを目的地にしてモルディブに行くことはあんまりないと思うんですけど。
『ローカルフェリー待ちとかでマレに数日滞在する』『そしてその間作業するのに場所が必要』という時はかなりおすすめです!

一日(6時間)いて5USDちょっとというのは、行きやすい値段ですよね〜😃
本格コーヒーが安く飲めるのも嬉しい…
クレジットカード対応になってくれるともっと嬉しいなあ〜😂

 
 
タイトルとURLをコピーしました