[ベトナム:SIM] ベトナムのプリペイドSIM使い方まとめ!データプラン・購入・設定など|2019年12月更新

2016-04-21ベトナム基本情報, SIMとインターネットPick Up

こんにちは、くみです。
この記事ではベトナムのプリペイドSIMカードとモバイルデータプランの情報、また私がベトナムで実際に購入した記録をまとめています。

2019年12月、MobifoneでSIM代50,000VND・データが30日間有効3.8GB70,000VNDで計120,000VND(約600円)でした。つまりベトナムでは600円でSIMと30日間有効なモバイルデータ3.8GBが手に入ります。(※これは街中で買ったもので、空港でのツーリスト向けのプランとは異なります)
3.8GBは宿やカフェなどでWi-Fiを併用すればビザなし15日間には充分な量かな。動画などをばんばん見なければですけど。

▼SIMの使い方やできることなどの説明については、こちらの記事をご覧ください〜


ベトナムの携帯電話 通信キャリア(通信事業者)

ベトナムでは携帯電話の通信キャリア(通信事業者)として次の4社が有名です。

  • Mobifone
  • VinaPhone
  • Viettel
  • Vietnamobile

ベトナム在住の日本人からはMobifoneを勧められるのでいつもMobifoneを買ってしまうのですが、根拠はいまいち分かってません。ベトナムのDoCoMo的存在なのかな?

プリペイドSIMを購入できる場所と価格

タンソンニャット国際空港で購入(2019年5月)

2019年5月、空港にはMobifoneViettelvinaphoneのブースがありました。遅くに着いたためかvinaphoneのブースは閉まっていた…

タンソンニャット国際空港のSIM売り場ブース

価格とプランは以下の通りでした。(2019年5月)
プランはどれもSIM付きで30日有効のようです。各プラン、データがUnlimitedと書いてあったので、上記のデータ量を使い切っても定速でつながり続けるのでは。

  • Mobifone
    • 200,000VND:高速データ10GB & 通話なし
    • 250,000VND:高速データ6GB & 25 mins call out, 60 mins local call; 100SMS
    • 300,000VND:高速データ2GB/日 & 25 mins call out, 25 mins local call
    • 400,000VND:高速データ2GB/日 & 40 mins call out, 25 mins local call
  • Viettel
    • 200,000VND:データなし & 国際通話100,000VND(26分)または国内通話40分
    • 300,000VND:高速データ5GB & 国内通話30分
    • 300,000VND:高速データ7GB & 通話なし
    • 350,000VND:高速データ7GB & 国際通話50,000VND(13分)または国内通話40分
    • 400,000VND:高速データ10GB & 国際通話20分または国内通話60分

この中で選ぶとしたら、ビザなし15日滞在だったらMobifoneの 200,000VND 10GBかな。1日あたり666MBで私は充分。
1ヶ月ビザを取って30日フルで滞在するなら、1日333MBになってちょっと不安なので、300,000VNDのプランにするかもしれません。1日2GB使えるならWi-Fiなくても作業できそう。
ViettelのプランはMobifoneと比べるとちょっと割高に感じますね。

Mobifoneの"call out”は意味が不明確だったのでそのまま載せました。(国際通話なのかな??)
私は通話をあまり使わないので確かめませんでしたが、気になる方はスタッフに聞いてみてください。

タンソンニャット国際空港のmobifoneプラン表

ハノイにはずいぶん行っていないのですが、ノイバイ空港にもあるかな?

携帯キャリアショップ(2019年12月)

ホーチミンのMobifone ShopでSIMを購入。50,000VND(約250円)でした。安い。
キャリア正規店なのできちんとパスポートの情報を確認して登録していました。安心感があります。

2016年にハーティエンのMobifoneで買った時は70,000VND(約350円)という記録があるので、地方は高いのか、それとも値段が下がったのか。

最近は道端の雑貨屋みたいなところで買ってないのですが、まだ売っているんだろうか?
パスポート登録が義務付けられているはずなので、販売難しいんじゃないかなあと思うけど…
2017年12月にホーチミンのキャリアショップでSIMを買おうとしたらベトナム人の友人にコンビニエンスストアで買ったほうが良いと止められたんですが、50,000VNDならいいんじゃないかなあ。

電器店で購入(2017年1月)

2017年1月、ハーティエンの電器店でViettelのSIM+1GBを150,000VNDで買いました。
(SIM100,000VND、1GBデータ50,000VND)

データ代はチャージのカードに値段も書いてあったので適正だと思う。SIMがちょっと高いかな…
電話もできるSIMでしたけど、電話代とSMS代はほぼ入っていなかったので、2万VNDを追加しました。

日本のAmazonでも買えますが…

空港で売っているので日本で買っていく必要は薄いと思いますが、Amazonでも買えるみたいです。
ただ現在ベトナムではパスポート・IDの登録を義務付けているはずなのですが、そのあたりはどうなっているんだろう。
私は利用していないので、ご利用は自己責任でお願いします。

Amazon.co.jp: mobifone ベトナム プリペイドSIM 30日間 4G・3Gデータ通信10GB

インターネット・モバイルデータパック価格(2019年5月現在)

モバイルデータプランは仕様が変わりやすいので、必ずキャリアのページで最新情報をご確認ください。
プランの確認と申し込みは大体キャリアAppで出来ます。

Viettel(2019年5月)

縁があって2019年のベトナム滞在ではViettelのSIMを使いました。
その時は30日 15GB 200,000VNDのプランを申し込みました。

Viettelのアプリを見たところ他にも色々なプランがありました。

Viettelのデータプラン

  • Mimax70 70,000VND 3GB
  • Mimax90 90,000VND 5GB
  • Mimax125 125,000VND 8GB
  • Mimax200 200,000VND 15GB

15日以内の人だと、短い人はMiMAX70(3GB 70,000VND)、15日ずっといる人は(使用量にもよりますが)MiMAX90(5GB 90,000VND)MiMAX125(8GB 125,000GB)がいいのでは。
Wi-Fiを気にせずモバイルデータで作業したいという人はUMAX300(30GB 300,000VND、使い切ったら1MBで30日間つながり続ける)が良さそう。

他にも短期間の大容量パッケージなどがあるので(ST30K 7GB7日30,000VNDなど)、気になる方は頑張って公式サイトとアプリを読み解いてみてください。英語はどこにあるんだろう…
データ専用のプラン(D30など)もあったのですが、読み解いたところDcom 3GというUSBモデム専用プランっぽい…難解〜〜〜

Mobifone (2019年12月)

30日間有効のプラン(4G)

  • HD70:70.000VND(約350円)3.8 GB
  • HD90:90.000VND(約450円)5.5 GB
  • HD120:120.000VND(約600円)8.8 GB
  • HD200:200.000VND(約1,000円)16.5 GB
  • HD300:300.000VND(約1,500円)33 GB
  • HD400:400.000VND(約2,000円)44 GB
  • HD500:500.000VND(約2,500円) 55 GB

30日間使えるパッケージは他にM10・M25・M50があるんですが、使える容量が50〜450MBと少ないため通常の旅行者は使わないかな?と思います。また、長期滞在者向けに3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月有効のプランもあります。(気になる方はmobifone公式ページでお確かめください)

その他のパッケージ(1日・3日・7日)

  • D10:1日 10,000VND 1.5 GB
  • D15:3日 15,000VND 3 GB
  • D30:7日 30,000VND 7 GB

15日以下の滞在なら、D30を2度繰り返せば14日間60,000VNDで14GB(7GB+7GB)なのでHD系統よりいいですよね。30日いるにしたって、4回繰り返せば28日で120kVNDだからHD120とほぼ同等で1日1GB使えていいよな…?
ちょっと読み取れなかったんだけど何か縛りがあるのだろうか?4G接続できないとか??

データ追加パッケージ(単独では申し込めない)

これは追加のパッケージになるみたいです。Webサイトとアプリで書いていることが違うのですが、どちらが正しいんだろうか。機会があったら試してみます。

  • MAX15 30日有効 15,000VND Webサイト500MB/アプリ350MB
  • MAX20 30日有効 20,000VND Webサイト1GB/アプリ600MB
  • MAX35 30日有効 35,000VND Webサイト2GB/アプリ1,000MB

周遊SIMでつなぐという手もあります

ベトナムSIMを買わずに、色んな国で使える周遊SIMでつなぐという手もあります。
短期間(1〜2週間など)の間にベトナムだけではなく色んな国に行く人ならそちらのほうが良いかも。

私のお気に入りのSIM2Flyは長らくベトナムに対応していなかったのですが、最近ようやくAsia & Australiaプランでも対応できるようになったようです。

参考:AIS SIM2FLY 公式ページ

SIM2Flyだと、例えばAsia & Australiaプランなら8日 4GB 299THB(約1,072円)でベトナムだけでなくオーストラリア・ブルネイ・カンボジア・中国・香港・インド・インドネシア・日本・ラオス・マカオ・マレーシア・ミャンマー・ネパール・フィリピン・カタール・シンガポール・韓国・スリランカ・台湾で使うことができます。
15日 4GB 799THB・6GB 849THBのGrobalプランもあります。

Grabなどで使うためにベトナムの番号がほしい方、ベトナムにだけ滞在する方ならベトナムSIMを買ったほうが良いかも。

ベトナムSIM 料金の支払い方(トップアップ方法)

プリペイドSIMでは、あらかじめSIMのアカウントにお金を入れておくことで電話代やデータ代を支払います。
国によって呼び方が違うんですが、アプリ上でTop Upってなってたのでベトナムではトップアップでいいのかな。
(例えばフィリピンではLoadと呼んだりします。Chargeと呼ぶ国もあったはず…)

コンビニでチャージ

2018年、ファミリーマートなどで簡単にチャージできるようになっていました。
レジで金額を言うとナンバーが印字されたレシートをもらえます。これをアプリのTOP UPのPIN Codeのところに入力すると完了。

ベトナムSIMのリチャージバウチャー

スクラッチカードでチャージ(今もあるのかな?)

また、以前はスクラッチカードを買ってUSSDコマンド(参考:通信料を大幅コストダウン、海外で現地プリペイドSIMとSIMフリースマートフォンを使ってインターネットにつなぐ方法 #USSDコマンド)でチャージしていました。
以下は2011年にやった時の情報なので、今もこのスクラッチカードが現役なのかは分からない…

[aside type="boader"]

スクラッチカードは小さな商店などで売っています。Mobifoneなどキャリアの名前が書いてある商店がたくさんあるのですぐ分かるんじゃないかな。

ベトナムSIMのスクラッチカード

2番、*100*(スクラッチで出てきた番号)#→通話ボタン を押すとチャージされます。
USSDコードの一種ですね。(2011年に書いた文章、長らく間違っていたみたいですみません)

写真の3番は残高チェック。*101#がプリペイドで*112#がポストペイド。

表面に書いてある番号(*090*5*6*2#)は謎なんですけど、MOBILE INTERNETの絵が描いてあったりVIDEO CALLの絵が描いてあったりしました。
この番号を入れてみたらあっという間にチャージがなくなったので入れない方が吉っぽい…誰かこの番号の意味を教えて下さい(;´Д`)

[/aside]

デジタルバンク『TIMO』から支払い

2019年の訪越で、外国人でも作れるデジタルバンク『TIMO』の口座を開設しました。

これがめっちゃ便利で、アプリからSIMにチャージがさっくりできます。
もうチャージするためにわざわざどこかに行って何かを買ったりしなくていいんだ…。
どんどん便利になっていくなあ…。
しかしここだけ見たら、外国人にとって日本よりも断然便利ですね。

※ 2019年12月追記:2019年内にベトナムの法律がどんどん厳しくなり、短期滞在の外国人は作成が難しくなったのと、CDMからの入金ができなくなりました。なので今からだとTimoを使いこなすのは難しいかも…。お金周りの法律はどの国も厳しいですね。

ベトナムプリペイドSIMのスピードはどんなものか?

2018年2月、4Gを1区で計測してみました。

ベトナムSIMスピードチェック結果

むむむ、4Gと言ってもちょっと遅い感じですね…
私の端末(ASUS Zenfone Max 3)に引きずられているところもあるのかもしれない。

こちらは2016年4月の結果。
Mobifoneの3G回線、ホーチミンのデタム通りで測ってみました。

ベトナム・Mobifoneスピード計測(2016年4月)

便利なアプリ

Mobifoneユーザ向け:Mobifone NEXT

以前はMy Mobifoneという公式アプリを使っていたんですけど、現在はMobifone NEXTという新しい公式アプリが出ていてこちらのほうが便利なんだそうです。なぜ統合しないんだろう。

MobiFone NEXT

MobiFone NEXT

MobiFone無料posted withアプリーチ

Viettelユーザ向け:My Viettel

うっ、手元に画像がない。スクリーンショットを発掘できたら追記します。
出来ることはMobifone NEXTとそんなに変わらないと思うけど。

My Viettel: Tích điểm, Đổi quà

My Viettel: Tích điểm, Đổi quà

Viettel Telecom無料posted withアプリーチ

ベトナムSIM USSDコード

USSDコードメモです。電話アプリからコマンドを打つと残高確認などができるよ。
USSDとはなんぞや?と思った方はこちらの記事をご覧ください。

Mobifone

  • *101#:Balance checking(残高チェック)
  • *0#:Check Phone number(自分の電話番号を確かめる)

USSDコードの他、SMSでもコマンドを送信できます。
999にSMSを送ります。

  • KT DATA:Check package(現在のデータパック確認_

まとめ:ベトナムではベトナムSIMを使うと安くつなげられるよ!

空港の15万ドンSIMを使うもよし、町中で買うもよしですが、現地SIMを買ったほうがWi-Fiルータレンタルや日本のキャリアの海外つなぎ放題系よりもめっちゃ安上がりになります!

Kumi
ちょっと前までは敷居高かったかもしれないけど、このSIMフリースマートフォン全盛期で敷居はめちゃ下がっているので、やらないと損ですよ〜!

東南アジアの旅行でモバイルデータ代に何万はもちろん、何千円でも、払うのもったいないよ〜

関連記事

他の国のSIMについてはこちらのカテゴリーからどうぞ。

ベトナムの情報についてはこちらのカテゴリーをどうぞ。

▼こちらはGoogleの関連コンテンツ機能を使っており、広告も含まれます
投げ銭設定してます、Kumi-Logの記事が役に立ちましたらぜひお願いします♪
Amazonギフト券を送る
▲宛先は info★kumi-log.com(★=アットマーク)