マレー鉄道寝台列車は想像以上に快適でした:ジョホールバルからクアラルンプールまで

2015-06-19クアラルンプール, ジョホールバル, 国境越え・長距離移動[交通:鉄道]

マレーシアの寝台列車

こんにちは、くみです。

マレー鉄道に乗りたい乗りたいと思いつつ乗れずに来たので、ジョホールバルからクアラルンプールに移動する際に使ってみました。しかも寝台列車。燃えるぜ。

[aside type="warning"]これは2015年6月中旬についての記事です。2019年現在、ジョホールバルからクアラルンプールまで寝台列車一本では行けず、途中で乗り換えをしなければならなくなりました。非常に残念です…。[/aside]


マレー鉄道・寝台列車 情報

  • 区間・時刻:ジョホールバル 23:59発 〜 クアラルンプール 06:50着
  • 料金:39RM(2015年6月現在・約1,300円、二等上部寝台の値段)
  • チケット購入方法:JBセントラル駅窓口にて1日前に購入(人気なので当日購入は厳しい)

▼このような移動をしました。

寝台列車にした理由

到着時間がちょうどよい(早朝)

タイビザを申請する関係で早朝にKLにつきたかったのですが、JBからのバスの最終便は12:30で、深夜で道が空いているらしく3時間位で着いてしまうという話を経験者から聞いていました。早すぎる…

列車なら7時くらいにつく予定でゆっくり眠れそうだったので。遅れたとしてもまあ8時でもいいかなって。

マレー鉄道の寝台列車を経験してみたかった

バンコクからもコストをケチって3等で来た私なので、寝台列車経験してみたかったんですよね…!

コストがリーズナブル

調べたら2等寝台上部は39RM!意外と安い!バスともそんなに変わらない。(通常JB〜KLは34RMくらい。バスターミナルではぼられます。)

3等も存在しているようだったんだけど、あまり値段が変わらなかったので、それなら寝台を経験してみたくて。

マレー鉄道・チケットの購入方法(ジョホールバル)

JBセントラル駅までチケットを買いに行きました。1日前でも大丈夫だったけど、心配なら事前に買ったほうがよさそうです。インターネットでも買えるっぽいんだけど、なんだかシステムが上手く動かなかった…

▼まずは受付に行って、チケットを買いたい旨伝える。整理券を受け取ります。 

▼キリ番だ!(キリ番って言葉懐かしいですね)
Untitled

▼先ほどの数字によってカウンターに呼ばれます。
Untitled

▼これが寝台列車のチケットだ!普通の印刷であまりありがたみはなかった。省エネ。
上部寝台が39RM。下はもうちょっと高い。
Untitled
▼当日はこんな感じで並びます。JBセントラル駅、新しいこともあってきらびやかです。
Untitled

マレー鉄道・寝台列車に実際に乗ってみた感想

思ったよりもかなり快適でした!!!
バスよりもかなり快適。事前にバスのほうが乗り心地が良いと聞いていたので、肩すかしを食った気持ちです。

人によっては揺れる感じや音が気になるらしいのですが、私はぐっすりと眠れました。気がついたらもう朝でクアラルンプールだった。

▼寝台車はこんなかんじで寝台がずらっと並んで荘厳感すらある。

Untitled

▼白いシーツに枕で、清潔感があります。上部寝台は登りやすいよう、適切な場所にハンドルがついていた。

マレーシアの寝台列車 

▼落下防止の柵やベルトがあって安心。
Untitled

▼思ったよりも個室感ある。狭いところ大好きなんです。あふれる秘密基地感…!!
Untitled

▼なんとライトもちゃんと付いている。嬉しい。
Untitled

乗る前に準備しておいたほうがいいこと

夜行の列車やバスに乗る前に用意しておいたほうがいいことはこちらの記事にまとめました。

内容を箇条書きにすると、

  • 寝る準備を済ませる(歯を磨く・顔を洗うなど)
  • 眠る事を考慮した服装にしておく
  • 防寒・アイマスク・耳栓など快適に過ごすための準備
  • 防犯用品の準備

などなど。

私は学生時代に長距離フェリーで鍛えられたせいか長距離移動にはわりと耐性があるので感想には個人差があるかもしれませんが、寝台列車すごくよかったです!これならバンコクからマレーシアに来る時も寝台使いたいな。


関連記事

タイ鉄道の記事はこちらのカテゴリーの中にあります。タイ鉄道は寝台ずいぶん乗っているな。
Category: タイの交通・移動 – Kumi-Log

色んな国の鉄道に関する記事はこちらのタグをどうぞ。東南アジアだけではなく、カザフスタンやウクライナでも寝台列車に乗りました。:Tag: [交通:鉄道] – Kumi-Log

▼こちらはGoogleの関連コンテンツ機能を使っており、広告も含まれます
投げ銭設定してます、Kumi-Logの記事が役に立ちましたらぜひお願いします♪
Amazonギフト券を送る
▲宛先は info★kumi-log.com(★=アットマーク)