東南アジアで物価比較|コンタクトレンズ洗浄・保存液




こんにちは、放浪生活1年10ヶ月めのくみです。

今回は東南アジア内で、コンタクトレンズの洗浄・保存液の値段比較をしてみました。
横断したら面白いかなと思って。



断り書き

  • 私が実際に現地で買った値段です。
    時期・場所・店舗によって値段は変わります、どこでもその値段で売っているということではないです。
  • 私がその国で安いお店を探せなかった・値切れなかったという可能性も考慮しつつご覧ください。(例えばタイでも店舗によって結構値段違ったりするので)
  • 為替は2015年11月現在のものを使用。

ではでは、私の家計簿を紐解くぞ。

各国のコンタクトレンズ洗浄・保存液の値段

ニャチャンで買ったレニュー

タイ

メーカーはrenu freshです。(一番安い)

  • Watsons(バンコク&チェンマイ) :355ml 195THB(約668円)
  • Boots (バンコク&チェンマイ):355ml+60mlミニボトル 185THB(約633円)
  • ローカルご飯市場の一角:355ml+60ml 160THB(約547円)

昨日、シーロム・タニヤの薬屋さんで見たら237バーツでした。場所によって結構違うなあ。安いところがうまく見つからなかったらBootsおすすめです。

フィリピン

容量のメモを取っていなかったんですが、多分全部355mlの大瓶です。
大体300PHP台(約800〜1,000円)ってところですね。

Opti-Free

都市は忘れたけど、マニラかセブのどちらか。どちらもチェーン店なので多分値段は都市が変わっても同じだと思う。

  • Watsons:305PHP(約794円)
  • MERCURY DRUG:310PHP(約807円)

Opti-Free Pure moist

  • MERCURY DRUG(マニラ):380PHP(約990円)
  • Walter Mart(マニラ):335PHP(約872円)
  • 店舗不明(多分セブ?):302PHP(約786円)

チバビジョン solo care aqua

  • Watsons:325PHP(約846円)

マレーシア

  • マラッカの眼鏡店:レニュー355ml×2+60ml 25RM(約727円)/1本あたり12.5RM(約363円)
  • Watsons(ジョホールバル)レニュー 355ml×3 37.8RM(約1100円)/1本あたり12.6RM(約366円)

ボリュームディスカウントとはいえ、マレーシア異様に安いな。マレーシアリンギットが下がっているのか、円換算すると以前ブログに書いた値段よりさらに安いです。

ベトナム

  • ニャチャンのダム市場の近くの眼鏡店:170,000VND(約925円)

その他の国

ラオス・カンボジアについては未確認です。
両国とも、工業製品はタイやベトナム・その他の国からの輸入が多く、タイやベトナムより高くなる可能性が高いのではと考えています。

東南アジアコンタクトレンズ洗浄・保存液 最安値比較

最後に一覧表にしてみました。

国名 値段 円換算
タイ  160THB  約547円
フィリピン  302PHP  約786円
マレーシア  12.5RM  約363円
ベトナム  170,000VND  約925円

 ※ マレーシアのみ、2本買った時の1本あたりの値段

国によって結構違うものですね!

むむむ、マレーシアからコンタクトレンズ洗浄・保存液を持ってきたい…
空路移動の際、コンタクトレンズ洗浄・保存液は医療品扱いなので機内で使う分を機内持込できるという話があるんですけど。355mlは大きすぎて没収の可能性もあるので(未確認) 、やはり陸路で持ってこなくては…!

 

物価比較をシリーズ化しようかな?

物価比較、シリーズ化したらいいんじゃないかなと思っていて。
例えば他には

  • マッサージ
  • ネイル
  • Waxing(ワックスを使った脱毛)
  • 生理用品

とか書けるかな。もう自分のためのメモですけどw

他にも『これの値段が知りたい!』というリクエストがありましたら教えてください。

関連記事

海外移動ぐらし-世界の物価と生活費カテゴリ

今のところ東南アジアばかりですけどw

海外移動ぐらし -買いものカテゴリ




東南アジアの買いものについての記事です。

AUTHORこの記事をかいた人

2014年1月から、仕事しながら海外各都市を移動して暮らしています。世界一周でも海外移住でもなく、ある都市に数週間住む移動ぐらし(ノマド)スタイルが好きです。予算は月5万円以下、拠点はありません。1977年生まれ、海外生活4年め、放浪3年め。 ネットがリアルをつなぐ力とBeing Publicの力を信じています。

OTHERその他の記事(Googleの広告も含みます)