[ヤンゴン・宿]素敵な雰囲気のThe Willow Inn、入口が見つけにくいので注意

The Willow Inn
Sponsored Link
2017年現在、AgodaやBooking.com・Expediaなど、どのホテル予約サイトでもThe Willow Innの空室情報が確認できません。もしかしたら廃業したのかも…?ホテルポータルサイトとの契約を辞めただけの可能性もありますが…、でも公式サイトも無くなってるしなあ〜〜
一旦ホテルポータルのホテル詳細リンクを外しておきますね。

こんにちは、くみ@ミャンマーです。ミンガラバー。

ヤンゴンでいくつか泊まったゲストハウスのひとつ、The Willow Innについて紹介します。
スタッフもとても親切でやさしく(ミャンマーの男の子ってなぜか不思議とかわいいんですけど!)、朝食も充実していたし、部屋もきれいで居心地が良かったです。
ただ謎に入口が見つけにくいのだよねー(´Д`;)


The Willow Innのいいところ

スタッフがにこやかで親切

英語で言うとFriendly and helpfulです。
地方に行くバスとかも、相談すると電話で問い合わせをしてチケットを取ってくれました。

The Willow Inn フロント

中心地に近い立地の良さ

ダウンタウンにあり、立地が良いです。
スーレーパゴダも近いし、ボージョーアウンサンマーケットにも徒歩で10分程度。

部屋や共有スペースもきれい

ドミトリーは4人部屋でした。かつて個室だったのか、机や椅子などの調度品や、テレビなどがありました。ドミトリーでテレビってほんと使わない…外して売ったほうがいいのでは…

The Willow Inn ドミトリー

おいてあった水に名前が書いてあって、すごくささやかなんだけどこういうのが嬉しい。

The Willow Inn 無料の水

共有スペースも、小さいながらも雰囲気が良いです。

The Willow Inn 共有スペース

水回りもこまめに清掃が行き届いていてきれいでした。
このタイプ、トイレとシャワーと洗面台が別々になっていて、複数部屋の外にあるタイプが朝とかでも混まなくて一番助かります。欲を言えば男女別になってるのがベストなんだけど、この規模だと難しいかな。

The Willow Inn 洗面所

ミャンマー恒例・豪華な朝ごはん

豪華な朝ごはん(トースト一枚とかではない)が付くのはミャンマーの文化っぽくて、どこのゲストハウスに行っても結構品数のある朝ごはんを出してくれました。

ここは1,400円のドミトリーなのに、卵料理が選べる。

The Willow Inn 朝ごはんリスト

目玉焼きの半熟加減がちょうどよかったです。野菜なんかもあって嬉しい。
コーヒーはインスタントであまり美味しくないので、ティーを選んだほうが無難だとは思う。

The Willow Inn 朝ごはん

明るいオープンエアーのテラスで食べます。

The Willow Inn テラス

The Willow Innの欠点

お値段以上のThe Willow Innですが、欠点もあります。

夜ちょっとうるさい

ゲストハウスのせいではないのですが、前の通りが賑やかだったり、また上の会が音楽施設になっているみたいで結構夜遅くまで音楽が流れたりしていて、音に敏感な人は気になるかも。

私は音に関しては全くの鈍感で、他人のいびきの中でも普通に寝ることができるので問題ありませんでした。

時々停電になったり水が弱くなったりする

まあこれはヤンゴン自体のせいなのかな?と思わなくもないですけど…
でも節電なのか、毎日明かりだけ切っている時間帯があってちょっと困りました。日中だからいいんだけど…薄暗い…

インターネットが弱い

ちょっとインターネットが弱いです。切れたりつながらなかったりする事がよくあった印象です。

水回りが樟脳くさい

なぜかシャワールームやトイレが樟脳くさい…と思ったら排水口にたくさん撒いてありました。虫よけ?

The Willow Inn 水回り

日用品店でも樟脳を売っていたのを見かけたので、もしかしたらミャンマーの文化なのかも。

音に敏感じゃなくて、ネットが弱くても大丈夫であれば、The Willow Innはきれいだし雰囲気も良いのでおすすめです。

The Willow Innの場所:入口は見つけにくいので注意!

私は分からなくて何度も行ったり来たり、東西の通りにあるのですが南北の通りなのかと思って縦移動してみたりしました。
1階には何も看板がない…。多分本来は電光掲示板に出ているのだと思いますが、消えている可能性があるので注意です。

The Willow Inn 入口

両替(MONEY CHANGER)が1階に入っているところです。右隣に何件かミニマートがあります。
『FULL GOSPEL ASSEMBLY』という看板も出ている。

両替の横の階段を登ると、立派な看板が出てきて一安心。
…なぜこういうものを外に出さないのか…?

The Willow Inn 看板

地図的にはここです。縦の通りじゃなくて、マーチャント・ロード沿いなので気をつけてね!

2017年現在、AgodaやBooking.com・Expediaなど、どのホテル予約サイトでもThe Willow Innの空室情報が確認できません。もしかしたら廃業したのかも…?ホテルポータルサイトとの契約を辞めただけの可能性もありますが…、でも公式サイトも無くなってるしなあ〜〜
一旦ホテルポータルのホテル詳細リンクを外しておきますね。
ゲストハウス・ホステル名The Willow Inn
国・都市
所在地No. 644, First Floor Merchant Road、Merchant Rd、Pabedan Township, Yangon
今回の私の宿泊タイプと価格約1400円(じゃらん海外、2016年5月宿泊時)
共有スペース△:充分ではない
無料の水などがあるか
エレベーターがあるか
水回り○:清潔、ホットシャワー、バス・トイレ別、複数あり
洗濯環境○:部屋の中に少しですが干せるスペースがありました
セキュリティボックス・ロッカー○:ベッドの下が収納になっていて結構入りました
タオルの有無
チェックイン/アウト
ホテル公式サイト・FBページ
予約ポータルサイト

※ 最新価格や施設詳細は予約ポータルサイトでご確認ください。


関連記事

宿泊関連の記事

宿・ホテル・ゲストハウスの関連記事

各地の宿泊関係の記事、実際に泊まってみた感想などはこちらにあります。

宿泊知識関係はこんな記事があるよ。

Polca設定してます〜。Kumi-Logの記事が役に立ちましたらぜひお願いします♪ または
▲宛先は info★kumi-log.com でお願いします!
(★をアットマークに)
The Willow Inn