ベルリンで『ライフハックで行こう!』の高田ゲンキさんにお会いしてきました!

ベルリンでゲンキさんと


こんにちは、くみです。

2017年9月に先進国・ドイツのベルリンに行けたわけなんですけれども、
そこで、以前から訪ねていきたいなーと思っていた『ライフハックで行こう!』の高田ゲンキさんとご家族にお会いしてきました!



高田ゲンキさんと『ライフハックで行こう!』とは

海外×フリーランス属性や志望の人は既に目にしているのではと思いますが…!
高田ゲンキさんはベルリン在住で、フリーランスのイラストレーター・漫画家として活躍されている方で、
コミックエッセイ『ライフハックで行こう! ―Think IT edition』は、ゲンキさんがフリーランスのイラストレーターとして独立し、そして海外に移住して暮らす中で、
遭遇・経験し、そして乗り越えてきた様々な事を漫画にして分かりやすく伝えているコンテンツです。

海外移住したい人、
フリーランスになりたい人、
イラストレーターになることに興味がある人
にはもちろんとてもためになりますし、

ゲンキさんのポジティブな考え方に触れるだけでも、今の生活になんとなくモヤモヤと不安や不満がある人にとって『自分を良い方向に連れていける引き出しのひとつ』を作れるかもしれない。

もちろん、海外に出たりフリーランスになったりすることが『正解』なわけじゃなくて、海外に出たい人やフリーランスになりたい人もいれば、日本で暮らしたい人や組織の中で尽力したい人、向いてる人もいて当然で。

ただ、今までの日本社会の常識では後者の方が『まっとう』という捉え方が強くて、本当は前者に向いているのに周りや世間体を考えてなかなか踏み切れない…という人も結構いるんじゃないかと思うんですよね。
私みたいに周りにいなくて発想自体がなかったり。(私は海外に初めて行ったの、32歳と遅咲きなんです。この記事に少し書いてあった→ 生まれたきっかけからモチベーションを育てる|私の英語習得の歩み(2) – Kumi-Log

そういう、本当は向いているかもしれないのに情報や応援してくれる人・ロールモデルが周りになくて、合っていない環境でなんとなくモヤモヤしている、という人にエールを送り続けている漫画だと思っています。
こういう生き方も世の中にあるんだな〜、って!

ゲンキさんとの出会い

きっかけは東京時代のある学習コミュニティ

実はゲンキさんとは東京時代からのお知り合いで、
もう5年前になるのかな。6年?5年かな。2012年かな。
(昔の記憶がすぐ曖昧になる…若年性痴呆症なのか…)

その時私はちょうど海外に出たいと思っていて、ゲンキさんもちょうど海外に行くことを考えていたときのようなんですけど、『エルムラボ』という学習コミュニティで知り合ったんですね。

『エルムラボ』は今で言うところのサロンのはしりなのかな。
だけどエルムラボは硬派なコミュニティというか…、コミュニティ主催者のelm200さんの実直で知的な人柄からか、参加者はみなとても知的好奇心に溢れた、とても尖っている方たちだったのを覚えています。
イベントと頑張ってオフ会にも行ってよかったな。
主催者のelm200さんが海外志向の方で、フィリピンに行くのを決める前にもelm200さんに有料のSkype相談で話を聞いてもらったりしたのでした。懐かしいな。

オンラインで続いた交流

ゲンキさんとはその後も、FBで活躍を拝見したり、LINEスタンプを作る時に助言を頂いたり(プロなのに…ありがとうございます…)しまして…、

ベルリンに行ってお会いしたいなあと思いつつ、私がこんな(月5万円)生活なのでヨーロッパなんてなかなか行けないだろうな…
と思っていたのですが!

今回ジョージアのクラウドファンディングで皆さんに助けてもらって、
ジョージアに行ったついで(?)にヨーロッパ放浪が実現できました。

本当に色んな方のおかげです。ありがとうございます。
頑張って来年は自力でも来れるようになろうね。

そしてベルリンへ…


海外で未来を思い描いた仲間として

ゲンキさんは現在『ライフハックで行こう! ―Think IT edition』が非常に人気で、なおかつプライベートでもお子さんに恵まれて仕事に子育てに大変忙しく、なかなか人と会う事もできない状態なんだそうです。
そんな中、こんな一介の放浪者に時間を作って頂いて非常に恐縮です…

自分で言うのもアレですけど、私はまだ仕事などがあまりうまくいっている方じゃなくて、バリバリやっている方が会って面白い人間じゃないんじゃないかな、などと自分で思ってしまったりする方なので、
ゲンキさんが時間を作って会ってくださったのがありがたくもあり申し訳なくもあり不思議だったんですけれども。

お会いして色々とお話ししている中でおっしゃっていた「エルムの遺伝子を伝えていこう」という言葉が印象的で。
2012年のあの頃、
バックパッカーの人ならともかく、そうではない普通の日本人がこんなふうに海外に出るのは、
今よりもう少し勇気やITリテラシーが必要で。
(デバイスもインターネットも進化したねえ。もちろんインターネットがなかった頃の難易度たるや、想像に難くない…私は未経験ですが…)

そんな中で、出ようと思った理由はそれぞれだと思うんですけど、
海外に出て生きていこうと決意して、生き残って来た組という仲間意識というか…、
あのコミュニティで視た未来を実現していく仲間、という気持ちでいてくださっているのかな、と思って、少し胸が熱くなりました。
(仲間は言い過ぎかな…、先輩後輩とか…)

そしてゲンキさんは、自分が思い描いた未来を実現している。

私も海外(放浪)生活自体は継続できていて、放浪目標としては去年の中央アジアも今年のヨーロッパも実現できたのでその点は良い(満点!)のですけど、
マネタイズというかキャリアというか、自分の名前で食っていくという部分ではまだまだ全然なので、少し引け目を感じてしまうのかもしれない。
だから今回はお会い出来てとても嬉しかったです。
(赤ちゃんもかわいかったし、奥さんも漫画のとおり素敵な感じの方でした〜。またお会いしたい!スキル特化系フリーランス憧れ…)

しかしゲンキさんにも言われたし他の人にも言われるけど、私多分お金を生めるものは既にいくつか持っていて、それを活かせていないというか、そこが多分ド下手なんだよなあ…。(他の人にももったいないって言われた、、)

今回のヨーロッパも、普通にお金になるような調査とかを友人に無料で請け負ったりしていて…
そういうのとか、ビジネスとビジネスをつないだ時とか、お金の事を言っていいのか分からなくってなあ…無料のほうが気が楽みたいになっちゃって…
まあ調べただけではお金は回らないのは分かるし、そしてそれを元に実業をするという力が今の私にないというのは明白、、ウーン、、、

はっ、自分の話が長くなってしまいましたが、そんなわけで、海外で生き残っている元エルム生としてがんばろうと改めて思いました。

私も仕事的にはまだまだ頑張らなければいけないですけど…、
気軽に海外に出れるんだよ、ということとか、
それこそ私みたいにそんなに稼げない人間でも(もちろんある程度は必要だけど)海外で放浪していけるんだよ、ということ、
情報発信をしていくことで、自分や他の事から縛られてしまっている人たちをencourageしていけたらいいな。
(放浪生活が好きかどうかはまたそれぞれですけど…)

ゲンキさん今回はありがとうございました!

ゲンキさんのサイトと『ライフハックで行こう!』、最後にもう一度リンクを載せておきますね!




関連記事

人と会ったりイベントに出て交流したりした時の記事

こちらのカテゴリに入ってます〜

Category: 国際交流・イベント – Kumi-Log

インタビュー記事はこちら。

Tag: [インタビュー] – Kumi-Log

ドイツの記事

まだあまりないですけど…!

Category: 西ヨーロッパ:ドイツ – Kumi-Log

Kumi-Logの更新情報をメールなどで受け取れます!こちらをどうぞ。
ベルリンでゲンキさんと