タイで体調を崩した時に買うもの

Royal-Dとインスタントのジョーク
Sponsored Link

こんにちは、くみです。

2日続けて近況報告みたいな内容ですみません。まだ絶賛熱を出しており、さっき測ったら38.8℃でした。

日中は37.3まで下がったのですが、パラセタモールの作用かも…。風邪薬(解熱鎮痛薬)って症状を抑えるだけで治すわけじゃないので、痛みで寝れない時とかに寝て体力を回復するために飲むのはいいけど、日中楽をするために飲んでも病状はあまり良くならないですね。

たまたまこちらに友人が遊びに来ていて、お粥やコンビニで色々お願いしたものを買ってきてくれました。ありがたい。🙏

もしかしたら同じようにタイや東南アジアで体調を崩した時に役に立つ内容があるかもしれないので、シェアします。

追記:朝起きたら喉が腫れて痛くなってました。喉飴も買ってきてもらえば良かった… 大抵セブンイレブンのレジ近くとかに売ってます。


具合が悪い時にはおすすめなタイのお粥、ジョーク。

タイのお粥、ジョーク

タイにもお粥があって、 米粒がなくなるまで煮込んだものと 米粒が残っているライススープ型の2種類があるのですが、これは前者のジョークといいます。

肉団子や鶏肉、卵(温泉たまごの状態)、小ねぎ、生姜などが入っていて、病人には最適。お持ち帰りもどこでもやってます。(ビニール袋に入れてくれます)

こちらがセブンイレブンで頼んだお買い物のリスト。

  • 水(容量少なめのペットボトルがあるとフタが閉まるコップとして使えてベッドで便利)
  • ヨーグルト
  • 電解質パウダー、Royal-D
  • インスタントジョーク(お粥)
  • パラセタモール

解説が必要なものがいくつか。

Royal-Dというのは水に溶かして飲める電解質飲料で、ポカリスエット粉末みたいな感じです。以前人に教えてもらいました。OREDAというのも同じ感じ。

タイではポカリスエットそのものも売ってるんですけど、これは一袋7THB(約24円)で安く、携帯性にも優れていて便利。今パッケージを見て、何mlに溶かせとか書いてなさそうだったんですが、私は500mlのボトルに2袋溶かすとちょうどいい感じです。体調によってはもっと薄くてもいいかも。

Royal-Dとインスタントのジョーク

右がRoyal-Dです。左がインスタントのジョーク。

インスタントジョークは1食11THB(約38円)、もちろんお店で買うものの方がおいしいし栄養もあるんだけど、健康な時に食べられるものが食べられない時の非常食にいいですね。

こちらがパラセタモール、アセトアミノフェンです。販売元によってパッケージはいくつかあるけど、含有量はあまり変わらないはず。

パラセタモール

私パラセタモールがそんなに効くタイプではないんですけど、デング熱の疑いがある時はパラセタモール以外の解熱鎮痛薬はNGのようです。特にバファリン(アスピリン)がダメみたい。出血傾向を促すらしいです。デング出血熱こわい。

昨日高熱のためか筋肉痛と関節痛がひどくて小刻みに目が覚めてたので、パラセタモールを服用したところ、スーッと楽になって朝まで眠ることができました。効く症状と効かない症状が明確なのかな。

あと、胃腸の調子が悪いときは、ヤクルトみたいな乳酸菌飲料ベタゲンかな。ヤクルトそのものも売ってますけど。

このへんが私のエマージェンシーキットです。買ってきてくれたYくんほんとありがとう〜〜🙏

ジョーク、チェンマイであまり見なくて(旧市街近くはジョークソムペッとチャーンプアック門の屋台しか知らなくて)この体調では自分でなかなか買いに行けないので嬉しいです。

明日良くなってなかったら、さすがにインフルエンザとデング熱の検査はしようと思います。検査ですぐ出るからね。

 

なおこの記事はスマートフォンより書かれた。よって改行(br)がありません。

投げ銭設定してます、Kumi-Logの記事が役に立ちましたらぜひお願いします♪ または
▲宛先は info★kumi-log.com でお願いします!
(★をアットマークに)
Royal-Dとインスタントのジョーク