[フィリピン]プリペイドSIM購入・Load方法・APN設定、データプラン紹介(1週間1.5GBで100ペソ≒約225円)|2017年

【近況報告】タイ・バンコクからカンボジア・シェムリアップに移動しました。しばらく溜まっているアウトプットに専念します。VALUやCAMPFIREのリターンが遅れているので頑張らなくては…(´Д`;)


こんにちは、くみです。
2017年にフィリピンを再訪した時のプリペイドSIMの情報とデータプランの価格をまとめました。
私のおすすめはSmartの1週間1.5GB100ペソ(約225円)です!

※ レートは2017年5月現在、1ペソ≒約2.25円で計算しています。



予備知識として、SIMにはプリペイド(前払い)ポストペイド(後払い)があり、旅行者や短期滞在者はプリペイドSIMを買ってそこにお金を追加して(フィリピンではLoadと言います。国によって言い方が異なります)その入れたお金の中から消費してデータ接続や電話・SMSなどに利用する事になります。
日本のSIMはほとんど先に契約して使って、あとから/または月ぎめで料金が請求されるポストペイド型ですよね。
外国のプリペイドSIMはスマートフォン・Wi-Fiルータどちらにも使うことが出来ますが、端末がSIMロックフリーに対応している必要があります。
この辺の知識も、一度別の記事にまとめたほうがいいんだろうなあ。

プリペイドSIMの入手方法(空港・市中)

フィリピンは東南アジアの他の国に比べてSIMが少し手に入れにくい印象があります。売っていないんじゃなくて、品切れしていることが多いような。
それでも、以前と違ってマクタン・セブ空港では無料SIMを配っていました。マニラのニノイ・アキノ国際空港(NAIA)ではどうなのだろう?訪れる機会があったら、無料SIMを配っていないかチェックしてみてください。

市内では、コンビニエンスストアやSIMを取り扱っている日用品店・電器店・スマートフォン屋さん、またはショッピングモールに入っているキャリアショップかな。2017年に私が回った限りでは、キャリアショップでも在庫を切らしたりしていましたが…(なので、空港で配っていたらそれをゲットしておくのがおすすめです)

▼空港で手に入れた無料SIM、LTEの文字が頼もしい。サイズも3サイズに対応しています。

フィリピンの携帯キャリアの種類

フィリピンには大手携帯キャリアが3つあります。

  • Smart
  • Globe
  • SUN

SUNは調べたところデータプランがちょっとややこしいので、SmartかGlobeがおすすめかな。
ただ、SUNはSUNを使っている同士で通話料などが安くなるプランがあるらしく(日本のSoftBankのホワイトプランみたいですね。あれ今もあるのかな?)、それでフィリピン人がSUNを使っている率は高いそうです。彼らとやり取りをする機会が多い人はDual SIMの機体やベーシックフォンにSUNも挿しておいたりしているそう。

どのキャリアが速いかというと…、
以前(2012年)の経験では、完全に場所による、という印象でした。

今回(2017年)は私はSmartしか試していなくて、フエンテ・オスメニアサークル周辺とA.S.Fortuna周辺で使ってみたのですがスピードは数Mbps出ていて私の用途には十分でした。

フエンテ・オスメニアサークル周辺でGlobeを使った別のブロガーさんは接続に苦労していてSmartに買い替えたみたいでした。

2012年のときは、ITパーク近くの自宅(コンドミニアム)でほとんどSmartがつながらなくてSUNに買い替えたりしたんだけど、さすがにもうそういう事はないのかな…?

フィリピン・プリペイドSIMのモバイルデータパッケージ(2017年度)

『データプラン』というと日本のポストペイド型プランのような印象を与えるかもしれないので、ここでは『データパッケージ』という言葉を使いますね。

Smartのモバイルデータパッケージ

2017年現在、Smartのデータプランには大きく分けて『GigaSurf』と『SurfMax』の2種類があるようです。
GigaSurfは普通のデータボリュームパックで使い切るとつながらなくなり、SurfMaxは高速でつながるための容量制限はありますが(1日800MBまで)、基本的にはつなぎ放題、という感じなのかな。

以下にそれぞれのデータプランを紹介します。(2017年の情報なので、参考にする際は最新の公式情報もご確認ください)特定のウェブサービスで使えるボーナスデータもついているみたいです。(『iflix, YouTube, Spinnr, Vimeo, Dailymotion, & Dubsmash』って書いてありますね)

GigaSurf(モバイルデータボリュームパック)

  • GigaSurf 50:データ1GB/有効期間 3日/料金P50
  • GigaSurf 99:データ1.5GB/有効期間 7日/料金P99
  • GigaSurf 299:データ2GB/有効期間 30日/料金P299
  • GigaSurf 799:データ4.5GB/有効期間 30日/料金P799

SurfMax(制限付きつなぎ放題、高速接続1日800MBまで)

  • SurfMax 50:有効期間 1日/料金P50
  • SurfMax 85:有効期間 2日/料金P85
  • SurfMax 200:有効期間 5日/料金P200
  • SurfMax 250:有効期間 7日/料金P250
  • SurfMax 500:有効期間 15日/料金P500
  • SurfMax 995:有効期間 30日/料金P995

Globeのモバイルデータパッケージ

Globeはプリペイドユーザ向けにGoSURFというデータパッケージがありますね。

  • GoSURF15 :データ 40 MB/有効期間 2 日/料金 P 15
  • GoSURF50 :データ 1 GB/有効期間 3 日/料金 P 50
  • GoSURF299 :データ 1.5 GB/有効期間 30 日/料金 P 299
  • GoSURF599 :データ 4 GB/有効期間 30 日/料金 P 599
  • GoSURF999 :データ 8 GB/有効期間 30 日/料金 P 999

SUNのモバイルデータパッケージ

SUNのモバイルデータパッケージはこちらのURLにあったんですけど、正直良く分かりませんでした…

Open Accessとは何を指すのだろう…。
フィリピン上級者でないと、SUNを使いこなすのは難しいかもしれないという印象です。


SIMにお金・残高を追加する方法(Load)

SIMには最初残高がないので、データプランを申し込む前にお金を追加する(Load)事になります。
いくつか方法があるのですが、旅行者だと下のどちらかになると思います。

  • Loadカードを買う
  • 番号を伝えてLoadを送ってもらう

これらはコンビニや電器店、ショッピングモールの中のモバイルショップなどでできます。
サリサリストア(フィリピンの小さな日用品店)の看板にLoad+キャリア名と書いてあったら、そこでできます。
Loadカードは金額が決まっていて、確か最小P100じゃなかったかな?番号を伝えて送ってもらう方式だと、もっと小額からLoadできます。

SIMのネットワーク設定方法(APN)

フィリピンの各キャリアのAPN設定をここに書いておきますね。

キャリア APN *ユーザ名 *パスワード
Smart internet (空) (空)
Globe http.globe.com.ph (空) (空)
SUN minternet (空) (空)

Smartの設定はAPN: internetです。他の部分はいじらなくても行けました(ユーザ名とかパスワード空白)

フィリピンの携帯キャリア・USSDコードコマンド

フィリピンのキャリアはひとつのコードで色々出来ますね。

  • Smart:*121# (総合メニュー、残高確認とプランの確認・申し込みができます)
  • Globe:*143# (総合メニュー、残高確認とプランの確認・申し込みができます)

SIMのToolkitでも確認できます。あとでスクリーンショット貼りますね。アプリも後で調べよう。

 

▼色んな国で安価でネットにつなげる、とても便利なタイ・AISの周遊SIM。アジアプランやヨーロッパ・USAプランがあります。
(紹介記事:[周遊SIM]AISのSIM2Flyを使ってみました。日本一時帰国にも便利!ヨーロッパ・アジア含めた60ヵ国以上でデータ通信できて手軽な値段だよ - Kumi-Log

▼ 私はずっと国外にいるのでこういうの使わないんですけど、何カ国も回る人で滞在期間が短かったり、SIM2Flyの適用外だったりする国に行く人はこういうのを使ってもいいのかも…




関連情報

海外の現地SIM・ネット接続関連記事

フィリピン生活の記事













Kumi-Logの更新情報をメールなどで受け取れます!こちらをどうぞ。