[タイ・ビザ] 2018年:カンボジア・プノンペンでのタイビザ取得が厳しくなったようです

TipTop留学

こんにちは、くみです。
今回はカンボジアでのタイビザ申請についてのご報告です。

前回カンボジア・プノンペンでタイビザを取得したのが2014年12月なので、それから今までの間いつ変化があったのか定かではないのですが、プノンペンでのタイビザ取得が厳しくなっているようです。


プノンペンでの取得に、入出国チケットと経済証明が必要に

具体的には、以下の書類が必要になったようです。

4. Travel tickets in and out of Thailand
5. Evidence of adequate finance
– Single-Entry Tourist Visa: $1000 per person and $2000 per family

Thailand Visa : Tourist Visa – Royal Thai Embassy, Phnom Penh, Cambodia

入出国のトラベルチケットというのは飛行機のチケット限定なのかな。

私が直接プノンペンのタイ大使館に行って試行したわけではないのですが、
今日シアヌークビルのビザ取得代行業者に話を聞いてきたところ
今はタイビザは厳しくなって以前は必要のなかったFlight Ticket(飛行機のチケット)とBank Statement(銀行の残高証明)がないと取れない、という事でした。

代行業者への依頼で必要ならば、個人で大使館に行ってもおそらく変わらないのではないかと思っています。
大使館の公式ページにも記載されているのだし。

マレーシアやラオスのタイ大使館は?

他にタイビザの取得で有名なのはマレーシアやラオスですね。
各大使館の公式ページを見てみました。

マレーシア・クアラルンプールのタイ大使館ページには

  • 『A Copy of reservation/confirmation of return ticket to Thailand』(タイへのチケット、個人的な乗り物の事についても書いてあったので飛行機だけでなくバスや鉄道でも良さそう?)
  • 『A Copy of reservation/confirmation of accommodation for the whole stay in Thailand』(タイ滞在全体の宿泊予約のコピー』(友人や親戚の家に泊まる時は招聘状と泊めてくれる人のパスポートコピーが必要)

と書いてあります。経済証明の記載は見つかりませんでした。(実際に行って取ってみないと分からないですが…)

ラオス・ビエンチャンの大使館には
『Documents for tourist visa application include travel plans. Financial evidence Proof of booking and accommodation』
という記載があり、詳細は分かりませんが、経済的な証明は必要になりそうです。

今まで各大使館によって対応が若干異なると感じていましたが、タイの政府が方針として打ち出しているのなら、経済証明などは必要な方向で統一されていくのかもしれないですね。

ビザなし陸路入国の厳格化については、2016年12月の記事ですが、こちらをどうぞ。


関連記事

投げ銭設定してます、Kumi-Logの記事が役に立ちましたらぜひお願いします♪ ▲宛先は info★kumi-log.com でお願いします!
(★をアットマークに)