[近況報告] チェンマイで歯医者さんに行ってきました。根管治療が必要

Sponsored Link

こんにちは、くみです。
重い腰を上げて、いよいよ歯医者に行ってきました。

うすうすはそうかな〜と思っていたんですが、根管治療(Root Canal Treatment)が必要とのことでした。症状から予想はついていたんですけど。


3〜4週間前にビエンチャンで突然痛み始めたこの歯なんですけど、ずいぶん前から兆候はあったというか、実は何回か歯科に行って治療してもらっている歯なんですよね。具体的にはバンコクで1回、台湾・高雄で1回、そして去年那覇で1回。
ただ、いずれも詰め物を取って歯をさらに削ってまた詰める、というだけで、根本的な治療になってなかったのかも。少なくとも去年の那覇の時点では根管治療が必要だったんじゃないかなあ…

私が時間がないというので応急処置だけにしたのかもしれないけど、本来はこういう治療が必要、みたいな説明もなかったしなあ。うーん。
那覇の治療は、終わった直後から物を噛むと違和感があったので、やっぱり失敗していたんじゃないかなと思います。

こちらは、チェンマイの歯医者さんに症状をLINEで説明しているところです。

チェンマイの歯科に症状を説明しているところ

▼ラオス・ビエンチャンで急遽歯痛用の痛み止めを買った時の話はこちらです。

ビエンチャンで歯痛・痛み止めの薬(イブプロフェン&パラセタモール)を買った場所と値段

2018.05.19

午後早め、予約無しでいきなり行ったんですけど、歯科医さんが今はいなくて今日の午後5時から来るということで改めて予約をして、その場で電話で歯科医さんに色々と聞かれました。
ただ電話口でお互い第2言語の英語で話してはたしてちゃんと伝わっているか疑問だったので、診察の前に改めて説明をLINEで送りました。

病院がLINEアカウントを持っているっていいですね。
症状説明は事前にテキストでさせてもらえるのが一番効率がいいと思う。特に母国語じゃない場合は💧

根管治療を行った場合、時間は3週間、コストは8,000THBかかるそうです。8,000THB。日本円で約27,550円。ごつい。
自分でもネットの口コミの高いところいくつか調べてみたんですけど、根管治療は8,000〜10,000THBかかるみたいなので、8,000THBという値段は適正だと思います。

日本でやったらいくらかというと、保険診療では約5,000円と書いてあるところがありました。あらお安い。
ただ保険診療にはちょっと問題があって、安いので時間をかけずに済まそうとするところもあるそうで。根管治療って再発しやすいらしくて、再発すればするほどやっかいになるらしいんです。
なので本当は時間をかけて丁寧にやってもらえる自由診療のところがいいらしいんですけど、そうすると、私が調べた範囲では10万円〜20万円かかってしまうそうです。

チェンマイの歯医者さんが3万円以下でちゃんとやってくれるのなら、それでいいような気もします。

ただ、今回Google MapsとFacebook Pageで評判の良いところを調べていったのですが、ここが根管治療するにあたって本当にベストの選択肢かは分からない。
まあ、受けてみないと分からないですよね…
歯科って腕に差があるので、特に根管治療みたいなシリアスな症状の時は悩みますね。

 とりあえず、今日は抗生物質らしきものをもらって帰ってきました。
(anti-bact-somethingっていってた…医学用語の聞き取り難しいな💦)
レントゲンを撮って、診察してもらって、抗生物質を5日分(2粒×2回×5日=20粒)もらって、診察代150THB・薬代200THBでした。

根管治療が出来る歯科医は月曜日に来るそうなので(今日の歯科医さんはやらないらしい)、もしやりたいなら日曜日までに意思決定してねと言われてきました。
うーん、どうしようかな…

Polcaでも心配いただいたりしてありがたいやら申し訳ないやらで、ちゃんと早く治しちゃいたいんですけど…
信頼できる歯医者を見つけられるかどうかって難しいですよね💦

チェンマイの歯科はレベルが高いらしいので、下手にバンコクに行ったり日本で治したりするよりも、チェンマイで今やってしまったほうがいいのかもしれない。(去年の那覇でちょっと懲りている)
このあとパーイに行ってからどこか島に行こうかなと思っていたんですが、もしかしたら歯の治療のために6月いっぱいチェンマイにいる、という可能性も出てきました。(合間でパーイには行けるだろうけど)

そしてこの歯が無事に治っても、まだ見ないふりをしている前歯(仮歯のまま5年が経過)があると思うと気が重いです…。歯はほんと、問題ないのが一番ですよね。

関連記事

Polca設定してます〜。Kumi-Logの記事が役に立ちましたらぜひお願いします♪ または
▲宛先は info★kumi-log.com でお願いします!
(★をアットマークに)