タイの基本情報バンコク旅HacksバジェットトラベルSIMとインターネット

[タイ:Wi-Fi]タイ・バンコクでお金がない時にWi-Fiにつなぐ方法:貧民のためのインターネット!

タイの基本情報
スポンサーリンク:
この記事を書いた人
Kumi

2014年1月よりデジタルノマドとして海外放浪生活を送っています。
訪れた国は約30カ国、一週間以上滞在した都市は約50都市。色んな国や都市で”ちょっとずつ住んでみる”のが好きです。
【滞在記録:Kumi's travels on Nomad List

Kumi-Logをフォローする

こんにちは、くみです。

東南アジアは日本に比べるとWi-Fi天国だとは言うんですけど、それでも完全に無料で使えるWi-Fiがあるかというと、なかなかないですよね。大体はカフェとかホテルとかで。

SIMを買うお金がない、データ通信パックを申込むお金もない、Wi-Fi完備のカフェに入るお金もない…そんな時にどうするか? 普通に考えたらそこまで金がないなら日本に帰れよという気がしなくもないですが、貧乏バジェットトラベラーの私が見つけたバンコクでの方法を伝授します!

スポンサーリンク:

1. 旅行者向けのフリーWi-Fiサービスがあるところでつなぐ

旅行者向けにフリーWi-Fiを提供しているところがいくつかあります。私の知っているのだと、

  • ドンムアン空港(スワンナプームでも多分大丈夫だけど、しばらく使ってないから知らなくて…(´・ω・`))
  • アソークのTerminal 21:パスポートを持ってインフォメーションに行くと、一年有効のIDとパスワードを発行してくれます。次回それを持っていかずにもう一度請求すると怒られる。
  • ラチャダムリのセントラルワールド:パスポートを持って行くと、旅行者向けに1時間有効のパスを発行してくれます。

こんな感じかなー。

▼セントラルワールドでもらえる1 Hour パス。True Wi-Fiを利用していて、中にIDとパスワードが入っています。ちゃんとしていてびっくりした
Untitled


2. McDonaldの9バーツソフトクリーム

バンコクではどこでもよく見るMcDonald。
最安値のメニューは9バーツ(約30円)のソフトクリーム。メニュー名はCone。なかなか美味しいです。チョコがけは15バーツ(約50円)。
タイのMcDonaldでは、9バーツのソフトクリームでも44分使えるネットパスワードがついてくるんです。パスワードはレシートに書いてあります。

これは他のタイの都市でも行けるのかな?バンコクでは少なくとも私が入った数店舗は全てソフトクリーム購入でネットが使えました。(接続時間は限定されてますけど)

▼これがMcDonaldの9バーツソフトクリームだ。意外とおいしいのでネット目当てじゃなくても時々食べます。Rabbitカードで支払うとさらに安くなる。

Untitled

 なんかセコい話で恐縮ですが、『外でちょっとメールやマップをチェックしたい…カフェに入るまででもない…データプランは今切れてる』って時ありますよね(私だけ?)。そんな時にMcDonaldとかでちょっとだけネットに繋げるの便利です。

 

新しいスポットを見つけたら追加しますね!
タイでは4G Net SIMを使うと79バーツで1ヶ月有効500MB、プロモ込では79+200=279バーツで500MB+500MB+1.5GB=2.5GB(有効期間1ヶ月+7日+1ヶ月)分モバイルインターネットを使う事もできるので、そちらもおすすめです。

[タイ:SIM]タイのプリペイドSIMまとめ!購入方法・AISやTrueのおすすめデータプラン・設定など – Kumi-Log

[sc name=”category-sim”]

 
 
タイトルとURLをコピーしました