デジタルノマド御用達、チェンマイのTCDC(Thailand Creative & Design Center)に行ってきました

TCDC Chiang Maiの様子
TipTop留学

こんにちは、くみです。
先日、デザイン系図書館かつワークスペースとして有名なTCDC(Thailand Creative & Design Center)のチェンマイブランチに行ってきました。

なんかチェンマイは日本人のブロガーさんも多いみたいだし、いまさら私が書いても…と思ったんだけど、まあ私のブログで存在を知る人がいるかもしれないしね!😅

※ AIS D.C.のメンバーシップで入る事ができたので、料金のところに追記しました


TCDC(Thailand Creative & Design Center)とは?

私バンコクのTCDCについても特に記事を書いてないので、これをチェンマイのTCDC記事でいきなり説明することになるとは…😅(この項、将来移動するかもです)

TCDC(Thailand Creative & Design Center)とは、以下の考えに基づいて設立されたタイ国営のデザインセンター(美術館・図書館)です。

Grounded on the idea that design and creativity cannot exist without
cultural foundation and intellectual accumulation of knowledge.
(TCDCは)デザインと創造性は文化的な基礎と知的な蓄積なしには存在しえないという考えに基づいています。

TCDC was founded to integrate the ingeniousness of Thai society and culture with modern knowledge and technology. TCDC is, neither a school nor a research center, but a source of ‘intellectual entertainment’, inspiring and aspiring Thai society with creativity through international learning process; from exhibitions, talks, workshops, to a resource center sparking creativities in different dimensions. This is the fundamental of human resource development of the country.
TCDCはタイの社会と文化の独創性を現代の知識と技術と統合するために設立されました。 TCDCは、学校でもリサーチセンターもでもありませんが、知的なエンターテイメントの源であり、国際的な学習プロセス ー展示会、講演会、ワークショップから、さまざまな次元のクリエイティビティを呼び起こすリソースセンターまでー を通して創造性とともにタイの社会をインスパイアし、鼓舞しています。これは、この国の人材育成の基本です。

公式サイトのPhilosophyより。(和訳はこちらでしました)
https://web.tcdc.or.th/en/Aboutus/

TCDCでは未来の国を背負ったタイ人学生さんや若い人たちが頑張ってるんですね〜。
私はまだバンコクのTCDCに行ったことはないけど(AISが運営しているAIS D.C.には行きました)、Too Fast To SleepとかCAMP at MAYAとか行くと学生さんらしき人たちが黙々と勉強してるもんなあ。えらい。

TCDC Bangkokは現在、バンコク中心部から少し離れたチャオプラヤ川沿いにあります。(https://goo.gl/maps/NG5hLBZcZRo、以前はAIS D.C.の今あるプロンポン駅前・エンポリアム内にあったみたいですね)
その他にも、TCDC Chiang Mai、TCDC Khonkaen、TCDC COMMONS(これは2つあってMRTサムヤーン駅近くとプラカノン駅近く)、mini TCDC(これはタイ国内35か所あるみたい)があります。

TCDC Chiang Maiの場所

お堀の旧市街の外、北西の角から5分くらいのところにあります。
旧市街からと言ってもどこにいるかで変わるけど、行きづらい場所ではないですね。
近くには野菜や果物を売っているムアンマイ市場があります。

チェンマイ内の移動、Grabもありますけど、長距離でなければMobikeなんてどうでしょう。健康的。

[チェンマイ] 乗り捨て可能なシェアサイクル Mobikeの利用方法を説明します。自転車レンタルより便利!

2018.05.30

TCDC Chiang Maiの料金

これがフロントにあった料金表です。

TCDC ChiangMai の値段

TCDC Chiang Maiのメンバーシップは年間600THB(学生さんは300THB)、
バンコク・チェンマイ共通パス年間1200THB(学生さんは600THB)。
めちゃ安いな〜!これはチェンマイに住みたくなってしまう。
一回きりのOne-Dayパスは100THBです。

共通パスはバンコク中のTCDCなのか、それともTCDC Bangkokだけなのかな?

他の人のブログで見かけて半信半疑だったのですが、AIS D.C.のメンバーシップ(年間1,200THB)を持っていたらこちらのチェンマイTCDCもそれで入ることができました!AIS D.C.は民間で、運営団体が違うんだと思ってた〜。

それにしても共通パスで年間1,200THBは安いよね。ここ近年タイ離れしてたのに、これではタイにずっと居たくなってしまうなあ。

その下のMaterial ConneXionというのはなんですか?と聞いて、館内に展示されていた様々な素材を見せてもらったんですけど、いまいち分からず… 
公式サイトを見たら『Access to Material ConneXion® Bangkok online database with latest innovation from Thailand and overseas』とありました。最新の発明のオンラインデータベースにアクセスできる権利ということかな。

TCDC Chiang Mai に展示されている素材

私が行った時は、登録にパスポートが必要と言われたのでご注意ください。
(タイはパスポートの携帯義務があるそうなので、持ち歩かないとですね💦)

TCDC Chiang Maiの様子

それでは様子を写真で説明しますね〜。

図書館部分は2階になります。(エレベーターがあります)
1階はカフェとかイベントをやるところみたい。

TCDC Chiang Mai案内板

一階のカフェ、最後に行ったので閉まっちゃってました💦
食べ物はダメだと思うんですけど、飲み物は持ち込んでもいいのかな?

TCDC Chiang Mai、1階のカフェ

受付の笑顔が素敵なお姉さんとソフトモヒカン。

TCDC Chiang Maiの受付のお姉さん

受付で登録を済ませて、中に入る前にロッカーにバッグを入れるように言われます。
ロッカーの中には透明なトートバッグが入っていて、ここに持ち物を詰め替えて入場します。(入場パスで鍵がかかります。ハイテック…)
本などの盗難を防止する目的ではないかな。

TCDC Chiang Mai ロッカー

入り口から見たところ。
大きいMac(iMacかな?最近のラインナップ分からないな)が何台か置いてあって、これは使っていいそうです。
Macbook Airの外部モニタとして使えるかしら。Thunderboltケーブルも貸してもらえるかな?次回行く機会があったら試してみます。

TCDC Chiang Maiの様子

雑誌コーナー。

TCDC Chiang Mai 雑誌類

本棚、たくさんの本があります。
日本にも図書館はたくさんあるけど、Wi-Fiと電源が完備の公営図書館って私まだ見た事ないなあ。今どきはあるのかな。

TCDC Chiang Maiの本棚

日本の芸術についての本もあった。

TCDC Chiang Maiの本棚、日本の芸術についての本

洋書が速く読めたら面白そうな本がたくさんあるのに、自分のReadingスキルが残念です。
海外で多くの時間を過ごすのだから、洋書も頑張って読む練習をしたほうがいいよな〜。

TCDC Chiang Maiの本棚、スティーブ・ジョブズについての本  

値段などの詳細は確認してないけど、コピーサービスもありました。

TCDC Chiang Mai、コピーサービス

TCDC Chiang Mai、スピードテスト

スピードテストなんですけど、ちょっとうまく動かなくって(いつもはAndroidのSpeedSpotで計測するんですけど、ここは1デバイス制限なのでMacから計測しました)、なぜかホストがクタw(東京で測ろうとしてたんだけど)
もう一度行く機会があったら測り直してきます😅

この数値からだと、激はや!とは言えないけども、作業にもよるけど5Mbps超えてたらブログ書くのとかには全く差し支えないですね〜。

チェンマイちょっとノマドにはやりすぎてて日本語の発信者も多いので、私が別に情報書かなくても…とか斜に構えてた所があったんですが、さすが人気なだけあって住みやすいんですよね〜。チェンマイのTCDCはAIS D.C.に比べると小さめでしたが、静かで作業が捗りそうでした!😃

関連記事

投げ銭設定してます、Kumi-Logの記事が役に立ちましたらぜひお願いします♪ ▲宛先は info★kumi-log.com でお願いします!
(★をアットマークに)
TCDC Chiang Maiの様子