シンガポール・StarHubのHappy Roamが周遊SIMとして優秀!さっそく買ってみました

こんにちは、くみです。
シンガポールを訪れた時にStarHubが周遊SIMとして優秀だと聞き、さっそく買いました。
(周遊SIMとは、複数の国でお得なローミングプランで便利に使えるSIMのことです)

私は周遊SIMとして普段SIM2Flyを愛用しているのですが、果たしてSIM2Flyを超える部分があるのか…?!
StarHubのローミングに使えるプランの値段やスペックなどを調べてみました。
SIM2Flyのプランとの比較もしているので、SIM2Fly愛用者必見です!

※ この記事の文中の為替レートは2019年10月現在のものです。
※ 私自身はSIMを購入しシンガポール国内で使用しましたが、ローミングの動作はまだ未確認です。今度日本に行ったときなどに使ってみます。


StarHubのローミング・Happy Roam

シンガポール国内SIMとしても普通に使えるStarHubですが、今回気になったのはローミング周遊SIMとしての機能。さっそく見てみます。

StarHub プリペイドSIMローミングの特徴

StarHubプリペイドSIMの特徴としては、国外でもシンガポール国内と同じデータプランで使える点です。
この特徴をHappy Roamと呼んでいて、ローミング専用のプランがあるわけではないみたい。
(※ ボーナスでもらえるデータの中には、国内専用分があったりします)

国ごとに料金が違ってきたりはしないので、想定しやすいですね。

またテザリングに対応しているそうです。ありがてえ。

StarHubデータプランの値段

データプランはかなりシンプルで分かりやすくてありがたい。
期間は1日・3日・1週間・4週間の4種類。4週間プランはデータ容量の違うプランが3つあります。
一番安いプランで1日1GB・3SGD(約232円)からと手頃です。

  • 1日プラン: 1GB 3SGD(終了未定のプロモーション扱いだそうです)
  • 3日プラン: 1GB 5SGD
  • 1週間プラン: 1GB 8SGD
  • 4週間プラン:
    • 1GB 10SGD
    • 2GB 18SGD
    • 4GB 25SGD

公式サイト:WOW Prepaid Data Plan | StarHub Mobile より

2019年10月現在、1SGD≒77.4円くらいです。4週間プランで約774〜1,935円くらい。データ容量に限りはありますが、先進国の値段としてはお手頃で嬉しい。

データプランが使える国

データプランがサポートしている国は以下の通り。(Happy Roam Data Roaming Service | StarHub Mobile より)

東アジア

  • China(中国)
  • Hong Kong(香港)
  • Macau(マカオ)
  • Japan(日本)
  • South Korea(韓国)
  • Taiwan(台湾)

東南アジア

  • Indonesia(インドネシア)
  • Malaysia(マレーシア)
  • Myanmar(ミャンマー)
  • Philippines(フィリピン)
  • Thailand(タイ)

その他

  • Australia(オーストラリア)
  • Canada(カナダ)
  • India(インド)
  • New Zealand(ニュージーランド)
  • United Kingdom(イギリス)
  • United States of America(アメリカ合衆国)

ヨーロッパはほとんどなく(イギリスだけ)、東アジア・東南アジア・北米・オーストラリア&ニュージーランドで役に立つSIMって感じですね。

SIM2Flyプランとの比較

私が普段愛用しているタイ・AISのSIM2Fly。アジアだけでなくアメリカやヨーロッパでも比較的安価で安定してネットにつなげる優れものです。

AIS SIM2fly

AIS『SIM2Fly』はヨーロッパ・アジア・アメリカなど世界70カ国以上で使える周遊SIM!使い方や使用実例・注意点などを説明します|2019年2月更新

2019-02-12

StarHubとSIM2Flyのプランを比較してみます。この辺はもう完全に自分のために書いてます。

Asia & Australiaプランで比較(東アジア・東南アジア・オーストラリアなど)

SIM2FlyのAsia & Australiaプランがカバーするエリアで比較してみました。

  SIM2Fly
Asia & Australia
StarHub
Japan(日本)
South Korea(韓国)
China(中国)
Hong Kong(香港)
Macau(マカオ)
Taiwan(台湾)
Singapore(シンガポール)
Malaysia(マレーシア)
Thailand(タイ) △※
Vietnam(ベトナム) ×
Cambodia(カンボジア) ×
Laos(ラオス) ×
Myanmar(ミャンマー)
Philippines(フィリピン)
Indonesia(インドネシア)
Brunei(ブルネイ) ×
India(インド)
Sri Lanka(スリランカ) ×
Nepal(ネパール) ×
Australia(オーストラリア)
Qatar(カタール) ×

※ SIM2Flyのローミングプランはタイ国内では使えませんが、代わりにAISの廉価な国内向けプランが使えます。(プランについて詳しくはこちら:タイのプリペイドSIMまとめ!購入方法・AISやTrueのおすすめデータプラン・設定など
※ StarHubで他にも使えるカナダ・ニュージーランド・イギリス・アメリカ合衆国はSIM2Flyだと別のプランになるのでこの項目では比較しません。

東南アジアだとベトナム・カンボジア・ラオスはStarHub非対応なので、SIM2Flyになりますね。(周遊ではなく一カ国だったら現地SIMも良いけど)
特にカンボジア・ラオスにプラスしてマレーシア・ミャンマーSIM2FlyのBorder Countriesプランが安くて良いので(7日間2GBで99THB・約346円)、SIM2Flyを使ったほうが良さそう。

SIM2Flyが意外と南アジア(インドやスリランカ・ネパール)にも強いのはさすがです。あとなぜカタールが入っているのだろう。アジアと言えばアジアなのかもしれないけど…

次にプランのスペックを比べてみます。

  • SIM2Fly:8日間 4GB 299THB(約1,046円)
  • StarHub:1日1GB 3SGD(約232円)/3日1GB 5SGD(約387円)/1週間 1GB 8SGD(約619円)/4週間 4GB 25SGD(約1,935円)

1週間で見ると、データ量はSIM2Flyの方が4GBと安心ですね。どれくらい使うかは人によるけど。
日本に2週間以上滞在する場合などは、例えば

  • SIM2Fly 8日プラン×2 = 計16日 4GB+4GB 598THB(2,092円)※ 8日ごとに新しいプランに申し込み
  • StarHub 4週間 4GB 25SGD(約1,935円)※ 4週間まで同じプランで行ける

となり、データ量が足りるならStarHubの4週間プランを使ったほうがよさそう。

結論:1週間くらいでデータをたくさん使うならSIM2Fly、そこまで使わず2週間以上いるならStarHub

Globalプランで比較(北米・ヨーロッパなど)

StarHubのHappy Roamプランはヨーロッパの国にほぼ対応しておらず、イギリス以外のヨーロッパは自動的にSIM2Flyに軍配が上がります

イギリス、カナダ・アメリカ、ニュージーランドの場合は、4GBプランで比べるとStarHubの方が期間が長くて安いですね。この4カ国ならStarHubが良さそう。(SIM2Flyには6GB 849THBのプランも出来ましたが)

  • SIM2Fly Globalプラン:15日 4GB 799THB(約2,795円)/6GB 849THB(約2,970円)
  • StarHub Happy Roam:4週間 4GB 25 SGD(約1,935円)

ヨーロッパ向けでは他に3G接続だけど安いThreeや北欧に強いairBalticcardなど周遊に適したSIMがありますが、私自身はSIM2FlyとThreeしか試しておらず、自信を持ってのおすすめがまだできない。
airBalticcard試してみたいけど、北欧に行ける身分にいつなれるだろうか…。

ヨーロッパ周遊に最適なSIMはどれだ、4つの周遊SIMをヨーロッパ滞在の視点で徹底比較しました

2018-06-09

StarHub プリペイドSIM情報詳細

StarHub プリペイドSIMの種類と値段

販売されているプリペイドSIMは3種類。

  • 8SGD(約619円):10SGD分のクレジット(90日有効)/シンガポール国内で使えるデータ800MB(30日有効)
  • 15SGD(約1,161円):15SGD分のクレジット(180日有効)/シンガポール国内で使えるデータ2.2GB(180日有効) /
  • 50SGD(約3,871円):50SGD分のクレジット(180日有効)/シンガポール国内で使えるデータ100GB(10日有効)/ローミングで使えるデータ5GB(30日有効)

他にもInternet SIMTravel SIMなどがあります。

ローミング目当てなら8SGDのSIMがいいのかな。でもHappy Roamの説明ページに15SGDと50SGDのSIMにしか言及してないのがちょっと気になるんですよね…。8SGD買う方は念のためHappy Roam使えるか確認してみてください。
私はその時シンガポールで800MB以上使うと思ったので15SGDの方を買いました。しかし2.2GBといっても数カ月に渡って小分けに使えるタイプのようなので、長期滞在者じゃないとうまく使えないかも。(1.2GBは180日間の間いつでも使えて、その他に1ヶ月200MBが2〜6ヶ月めに配分されるらしい)

StarHub プリペイドSIMカードを購入できる場所

StarHubのプリペイドSIMカードは基本的にオンラインで予約してチャンギ空港で受け取りか、シンガポール国内各所での購入となります。

オンライン予約はこちら。

シンガポール国内で購入できる場所はこちら。

  • StarHub Shops
  • StarHub Exclusive Partners
  • セブンイレブン
  • Cheersコンビニエンスストア
  • SingPost
  • チャンギ空港T1, T2 & T3到着エリア内StarHubカウンター
  • UOB Currency Exchangeカウンター(チャンギ空港T1, T2 & T3)
  • Travellersカウンター(チャンギ空港T1, T2 & T3到着エリア)

私は15SGDのSIMカードをWestgateのStarHub Shopsで買いました。(StarHub Shop Westgate – Google マップ)

いつでも潤沢にSIMカードがあるというわけではなさそうなので、滞在時間が短い方は注意です。知り合いの方は15SGDのSIMがほしかったけど予約無しでチャンギ空港に寄ったところ50SGDのものしか買えなかったそうです。(おそらく品切れ)

日本のAmazonでは販売されていないですね。(検索するとStarHubと書いてある商品は出てくるんですがパッケージが違う。何なのだろう?)
シンガポールのプリペイドSIMは2014年4月から悪用を防ぐために政府が所有枚数の制限を実施していて、ひとつのID(日本人ならパスポート)につき3枚しか所有できなくなっています。国外で買えないのはそういう事情が関係していそうです。

トップアップ(残高追加)方法

トップアップはシンガポール国内ならトップアップカードが売っています。
シンガポール国外からはブラウザもしくは後述のStarHub Prepaid Appで出来ます。

日本のVisaデビットカード(スルガ銀行)でアプリ経由でトップアップしてみたところ、問題なくトップアップされました。Cash Passportははねられたのでプリペイド系は厳しいのかな…?

SIMの有効期間と延ばす方法

有効期間はアプリを見ると分かるのですが、プリペイドSIMなら初期設定で90日か180日、それが過ぎるとクレジットもSIMの有効性も失われます。これはデータプランの期間とは関係なさそう。
有効期間が過ぎたあとはSIMは使えなくなるそうです。

トップアップすると有効期間が延びます
FAQには15日から180日延びると書いてあるだけだったのですが、試しに20SGDトップアップしてみたところ有効期間80日が180日に延びました。(最高180日のようです)

今度機会があったら残り10日で10SGDトップアップしてどれくらい延びたか確認したりしてみます。

SIM購入からHappy Roamを使うまで

公式サイトではこのように説明されてますね。(Happy Roam Data Roaming Service | StarHub Mobile

  • ステップ1:SIMを買う
    15SGDと50SGDのものしか名指しされてないのが気になりますが…
    購入は事前に予約してチャンギ空港で受け取るか、またはシンガポール国内の各所で購入できます。購入場所の詳細は後ほど。
  • ステップ2:他の国に着く前に準備をする
    シンガポール人目線で書いてあるので、シンガポールから他の国に飛ぶ前に準備しよう、と書いてありますね。
    次の2点を準備しておくようにとのこと。

    • StarHub Prepaid Appをダウンロード
    • APN設定を準備

StarHub Prepaid App

StarHubのアプリは複数ありますが、プリペイド用は『StarHub Prepaid App』です。ポストペイドはまた別アプリみたい。

StarHub Prepaid App

StarHub Prepaid App

StarHub Ltd無料posted withアプリーチ

  • クレジットの残高と有効期間の確認
  • データ・通話・SMSの残量確認
  • データや通話バンドルプランの申し込み
  • クレジットの追加(トップアップ)
  • その他購入履歴の確認など

ができます。UIはすっきりしていてかなり分かりやすい。(ありがてえ)
言語は英語と中国語に対応しています。

StarHubのPrepaid App

シンガポール国外でトップアップする時にSMSによるOTP認証が必要になるかもしれないので、SIMは必ずアクティベートしてからシンガポール国内を出るようにと書いてありました。

APN設定

APN設定はわざわざした覚えが無いので、Androidは自動設定されるのではないか?と思うんですけど。
いちおう公式FAQから情報を転載しておきます。(Prepaid Roaming | StarHub Mobile Support

  • APN: shppd
  • Username & Password: <blank>

iOSユーザはここにStarHub 27.2(か以上)設定があることを確認してくださいとのこと。
Settings -> General -> About -> Carrier -> StarHub 27.2
あったら Settings -> Mobile Data Options -> Mobile Data Network -> Under Mobile DataでAPN: shppdを入れ、なかったらAPNプロファイルを指定のURLからインストールするそう。詳しくはFAQで『6/17How do I set my Access Point Name (APN)?』を確認してください。

StarHub USSDコード

役に立つUSSDコード。
今の時代アプリがあるのであまり使わないですが、ネットにつながっていない時などには便利です。

  • 総合メニュー(残高確認など他のメニューにいけます):*123#
  • 残高確認:*123*1#
  • データプランなどの購入:*123*3#

StarHub HappyRoamまとめ・所感

SIM2FlyやThreeに比べて対象国はけっこう限られますが、場合によってはSIM2Flyよりも安く使えて重宝しそうです。
特に私の場合、イギリスとかカナダに行く機会はあまりないと思うんだけど、日本にある程度長くいるならSIM2Flyより良さそうなのはありがたい。
使ってみるのが楽しみです!

またシンガポール自体にはそんなに行かないのですが、シンガポールでカフェや大学のWi-Fiを使う場合などSMS認証によるユーザ登録のためにシンガポール番号が必要、というようなケースが確かあったので、トップアップによってシンガポール番号を維持できるなら嬉しいな。

世の中にはまだまだ便利なSIMがたくさんあるんでしょうね〜。ワクワクします…😃

関連記事

色々な国の現地SIM情報はこちらのカテゴリーをどうぞ。:Category: SIMとインターネット – Kumi-Log

▼こちらはGoogleの関連コンテンツ機能を使っており、広告も含まれます
投げ銭設定してます、Kumi-Logの記事が役に立ちましたらぜひお願いします♪ ▲宛先は info★kumi-log.com でお願いします!
(★をアットマークに)