現地で日本語サポートを受けられる『ベリーモバイル タイSIM』、タイ移住の方におすすめ![AD]

ベリーモバイル タイSIM

こんにちは、くみです。

私はSIMが大好きで、海外の現地プリペイドSIMをブログでもよく紹介しています。
しかし日本の高額な国際ローミングを海外で利用している人もまだまだ見かけます。日本のドコモなどのSIMしか利用経験がないと、海外のプリペイドSIMは理解のハードルがなかなか高いみたい。「言葉が通じず、よく分からなくて結局諦めました…」という話もちょくちょく聞きます。
※ 最適解は状況で変わるので、現地SIMより他の選択肢の方が相応しい場合ももちろんあります

そんななか、バンコクにショップがあり日本語で現地サポートを直接受けられるというSIMを先日ご紹介いただきました。

現地にいながら日本語で色々相談できるなら、今まで諦めていた人たちも海外プリペイドSIMの世界に踏み込めるのでは…?
タイ移住者に特別割引もあるそうなので、移住を検討している方もぜひチェックしてみてください。

この記事は『ベリーモバイル タイSIM』を販売している『ASIA SIM』さまのご依頼で執筆しています。

『ベリーモバイル タイSIM』の特長

これが、タイで日本語サポートを受けられるという『ベリーモバイル タイSIM』。
AISと共同で出しているオリジナル商品なんだそうです。

ベリーモバイル タイSIM

普通のタイSIMとどう違うのか?特長を見てみます。

特長1:日本語のサポートが厚く、現地で日本語サポートが受けられる

まず一番の特長。『ベリーモバイル タイSIM』は日系企業がAISと共同で出しているだけあり、日本語でのサポートがとても厚いです。
現地のショップで日本語対応のサポートが受けられるというのはすごい。言葉が通じずSIMの利用を諦めたという人にとって、これは嬉しいんじゃないかな。

日本人による日本語サポートの案内

※ 対面サポートはバンコク・シラチャで受けられます。チェンマイにある取次店では新規契約やWi-Fiルータレンタルのみでサポート業務は行っていないとのこと

また、パッケージも説明書も日本語です。

ベリーモバイル タイSIM パッケージを開いたところ ベリーモバイル タイSIM 説明書

特長2:日本で購入しておける

『ベリーモバイル タイSIM』はタイに渡る前にASIA SIMのサイトで購入しておけます。(クリックポストにて1営業日以内に発送、概ね2〜4日中に届くとのこと)

私はよく現地で買えるSIMの紹介をするんですけど、インターネットがない中で現地で購入するってハードルが高いみたいです。街で買うよりも、到着空港や日本国内で買える方が安心という人が多い。(インドの空港で友人のためにSIMを買おうとしたところ、売り切れていて困ったことがあります)

確かに、タイにまだ慣れていない状態で『スマートフォンがネットに繋がってない中、一人でバンコクのショップまで行って購入する』ってちょっと大変そうだ。

特長3:該当ビザを取得したお引越し(移住)予定の方は半額以下で購入可能

ASIA SIMでは現在キャンペーンをやっていて、タイに引っ越し(移住)予定の方は『ベリーモバイル タイSIM』を55%OFFの972円(税込)で購入できます。(通常料金2,160円、現在キャンペーン価格で移住以外の方は1,728円)

条件は日本で3ヵ月以内にタイのBビザ(就労)・Oビザ(就労者家族)・OAビザ(ロングステイ)のどれかを取得している日本人。詳しい申し込み方は上記のリンクを参照ください。

『ベリーモバイル タイSIM』の仕様と、AIS純正プランとの比較

『ベリーモバイル タイSIM』の仕様(使えるプラン内容)

『ベリーモバイル タイSIM』に含まれているプランと価格は次のとおりです。

  • 4Gデータ通信:高速分4GB(使い切ったあとは384Kbpsに減速して無制限)
  • 無料通話・SMS:100THB分(通話タイ国内1分あたり1THB・SMS1通あたり2THB)
  • 利用可能期間:SIM開通後45日間
  • 価格:2,160円(日本)/499THB(タイ)
    ※現在キャンペーンで1,728円、特定ビザを持つ移住者割引で972円)
  • 注意点:トップアップ(残高追加)不可、利用期間終了後はベリーモバイルの月額プランに変更可能

4GBは私の利用状況だと20日くらいのデータ量ですが、384KbpsでもメールやSNSは利用できるかな。無制限でゆるくつながっているのはありがたいですね。

また、注意点として普通のAISのSIMと違いトップアップ(残高追加)ができないそうです。
通常のプリペイドSIMやSIM2FlyはトップアップすることでSIMの有効期間も延びるのですが、このSIMはそういう仕組みにもなっていません。

そのかわり、ベリーモバイルにてポストペイド(料金後払い)の月額プランに変更ができるそうです。その場合日本語サポートを引き続き受けられるので、サポートに満足した方は変更を検討してもいいかも。
(月額プランの詳細についてはベリーモバイルのショップでお訊きください)
プリペイドSIMをもう一度買うのも良いと思います。

AIS純正プランとの比較

AISの普通のタイSIMや私の推しSIM・SIM2Flyで使えるタイ国内用プランとスペックを比較してみます。
ちなみにSIM単体をタイ国内で買うと大体50THB前後くらい。

比較になるのはこのあたりでしょうか。

  • Mao Mao Full Speed(ハイスピード接続、容量を使い切ったらつながらなくなるプラン)
    • 2GB/15日/195THB
    • 2GB/30日/239THB
  • Mao Mao Non-Stop(スピードに縛りがあり、容量を使い切っても減速してつながり続けるプラン)
    • at speed 1 Mpbs:1Mbpsで7.5GB利用後、128kbpsに減速/30日/350THB
    • at speed 4 Mpbs:4Mbpsで20GB利用後、128kbpsに減速/30日/650THB

Mao Mao Full Speedの30日と15日を組み合わせると45日で4GB・434THB、SIM代としてプラス50THBすると484THB(約1,690円)になるので、そこまで変わらないですね。両替の手数料で消える差額だし、日本語サポートの有無の違いを考えると安く感じます。

『ベリーモバイル タイSIM』、こんな人におすすめ!

こういう人が使うといいんじゃないかな〜🤔

英語やタイ語に自信がなく、サポートを日本語で受けたい海外現地SIM初心者の方

これはもう間違いないですよね。
私自身は英語の通じないキルギスとかでも買っちゃうタイプなんですが、言葉が通じないとちょっとしたトラブルで使えない時に不安ですもんね。
現地で日本人に直接頼れるのは心強い。

タイへお引越し(移住)する駐在員・駐在員家族、現地採用、リタイア生活の方

割引で、1,000円以下で45日間有効のSIMカードを手に入れられるのは安いですよね。
移住直後は何かとインターネットを頼る機会が多いだろうし、まだどこでWi-Fiにつなげるかも分からない中でスマートフォンを使えるのは頼もしい。
自分はもう海外に慣れているという駐在員の方も、ご家族にこの値段で通信手段を持たせてあげられるのは嬉しいのでは。

割引にはならないですが、英語やタイ語学校・マッサージスクールに通う予定の方にも45日という長めのSIMは役立ちそう。

『ベリーモバイル タイSIM』購入方法(日本国内・タイ国内)

日本国内

日本国内配送では、ASIA SIMで購入できます。

タイ国内

タイ国内ではベリーモバイルのショップで販売をしているそうです。
もうすでにタイ国内にいる方向けですね。

今度タイで試してみます〜

今回ASIA SIMさまより現品を提供いただいたんですが、現在タイにいないのでまだ使えず…
次回タイを訪問した時に試してみようと思います!

せっかくなので、現地のショップを訪ねてお話を聞いてこようかな〜😃

現地で試したら、またこの記事に追記しますね!

この記事は『ベリーモバイル タイSIM』を販売している『ASIA SIM』さまのご依頼で執筆しています。
▼こちらはGoogleの関連コンテンツ機能を使っており、広告も含まれます
投げ銭設定してます、Kumi-Logの記事が役に立ちましたらぜひお願いします♪ ▲宛先は info★kumi-log.com でお願いします!
(★をアットマークに)
ベリーモバイル タイSIM